« DAIKIショー | トップページ | 春日井まつりに出演 »

2014年10月19日 (日)

ロンドン在住の友人との再会を喜ぶ

 ロンドンから主人の高校時代の同級生夫婦が、久し振りに帰国され昼食を共にした。彼らは渡航してから50年、三年に一回はご実家のある故郷名古屋に帰国している。

 友人の彼は親の代から洋服の仕立て屋さんでした。高校卒業後の夢多き若かりし青年は、英国紳士といえばトップファッションの代名詞でもある憧れの本場ロンドンへ武者修行のため渡航されたのだった。

 縁あって元名古屋市長本山さんご夫妻の仲人で結婚され、その後大志を抱き、二人で異国の地イギリスロンドンに渡り居を構えて、洋服仕立一本で永久ビザを取得して現在に至った。

 ロンドンではブレザー一着の御仕立代250000円は、高くも安くもない業界の相場と聞いたことがある。さすが本場、日本では信じがたい値段ですが、彼らはそれだけの修行の中、磨きをかけた腕と技術に誇りを持ってその需要に応えて現在があるのです。

 以前に現皇太子がロンドンへ留学しておられたときに、スーツを仕立ててお召しになっていただいたと聞いたことがある。又、地元ロンドンや日本の一流企業のトップクラスの経営者の方々のご注文が多かったと聞いていた。

 日本から多くの友人知人の子弟が海外留学生としてロンドンへ。異国での戸惑いの中、我が子のようにお世話し、一役を担って多くの親御さんたちから感謝されている。我が家の長女も学生時代の留学時、就職してからの企業内留学や仕事上の出張など、彼らには大変お世話になっている。大切な友人でもあるが、大恩人でもある。

  70代半ばにして年金生活の中、いつ頃永住帰国されるのかと前から気になっていたので、現在の心境をお聞きした。「住めば都」とはいいますが、彼ら二人の息子さん達が東京で就職しておられるのに、やはり地域に溶け込んだ今の生活がベスト、ロンドン永住の決意だった。

 当時、若い二人が相当の決意の下とはいえ、異国の地で生計を立て、軌道に乗るまでは、言語一つ挙げても大変なご苦労があったと思われる。当時はロンドン在住日本人会の代表もしておられたようだ。リタイアして久しいが、帰国してお会いする度に、ヨーロッパのセンスが身に着いた身のこなしや話しぶりについ見入ってしまう。

 以前にロンドンのお宅を訪問した時には、庭に大きなリンゴの木が2本と梨の木があったのを思い出す。彼らのお人柄でしょうか、多くの現地の友人に囲まれてとても幸せな生活を送っていおられるそうだ。

 会話の中の日本語がとても丁寧で、そのお人柄に品位を感じさせるお二人である。「誇り高き日本人として、異国の地で今尚凛と輝いている、その生き様から人々を魅了するのでしょうか」二人で力を合わせて苦難を乗り越えられた素敵な友人のご紹介でした。

 

                     大曽根 みずほ

|

« DAIKIショー | トップページ | 春日井まつりに出演 »

生き方」カテゴリの記事

コメント

まるで別世界に引き込まれるように拝読させて頂きました。
すばらしい友人をお持ちなのですね。やはり貴女とは次元が違うなと感じました。・・・な~~んでか!・・・
私には40年来お付き合いしている野郎どもが10人おりますが、全て「げす」でございます。1年に1回全員と飲み会をしますが、なんの気兼ねもなく本音で言葉のキャッチボールが出来ることを楽しみにしております。「下衆野郎の会」とでも名付けようかな・・・下品な内容でごめんなさい・・・

投稿: 鍋の華 | 2014年10月20日 (月) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DAIKIショー | トップページ | 春日井まつりに出演 »