« 古いパソコンの処理に適切なアドバイスを頂いた | トップページ | 高田小トワイライトスクールでマジック »

2014年10月11日 (土)

嬉しいニュース日本人三氏のノーベル物理学賞受賞

私が最初にLED電球を買ったのは6年ぐらい前だったと思うが、電球一個が2500円ほどした。それでも試に買った覚えがある。今では我が家の照明もLEDに変わりつつある。

  受賞理由は、「明るく省エネルギーな白色光を可能にした効率的な青色発光ダイオードの発明」である。

  中村教授は「LEDを照明に使うと、電力消費量が5分の1になるので、非常な省エネになる。寿命が半永久だから、地球温暖化防止に非常に貢献すると思います」と話している。

  スエーデンの王立科学アカデミーは、「人類に最大の恩恵をもたらした発明」と讃えた。それはノーベルの遺言にぴったりのものであったということだ。

 天野教授はまだ51歳、中村教授は「歳をとった」と言っておられたがまだ60歳である。この対象になった研究の成果をあげたのは20年以上若かったときだ。赤崎教授は85歳で受賞されたが、長生きをされてまだ現役で本当に良かったと思う。

 中村教授は、「LEDの消費エネルギーはまだ効率が50%なのでできるだけ100%に近づけるよう研究している」と言っておられた。地球と人類のためにも期待をしている。

  日本人として、今年もノーベル賞受賞者があったことを心から嬉しく思う。願わくばノーベル平和賞も受賞したいものである。

                                       H.S

|

« 古いパソコンの処理に適切なアドバイスを頂いた | トップページ | 高田小トワイライトスクールでマジック »

話題」カテゴリの記事

コメント

ノーベル物理学賞おめでとう、ありがとうですね。
明かりはもちろん医療、農業、等々あらゆる分野で活用されているのには驚きです。このまえテレビでも放映されていましたけど自殺防止にもなるようですね。
「継続は力なり」で我々も頑張らなっくちゃ・・・規模は小さいけど・・・・・とにかく頑張るぜ!!

投稿: 鍋の華 | 2014年10月12日 (日) 06時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古いパソコンの処理に適切なアドバイスを頂いた | トップページ | 高田小トワイライトスクールでマジック »