« スイス「安全通貨の乱」 大幅な円高、ユーロ安 | トップページ | スペシャルゲスト島田晴夫師のイベント予定! »

2015年1月21日 (水)

小牧ライオンズクラブチャリティショー

AED寄贈チャリティ講演・イリュージョン

2015年1月18日(日)に小牧市市民会館で「AED寄贈チャリティ講演・イリュージョン」と銘打ってチャリティーショーが開催された。チラシを拝見すると、第1部 講演 腰塚勇人氏・・・講演テーマ“命の授業”

 講演の趣旨は病気や失業によって、自分の歩んできたレールから外れると、果たして自分は元に戻れるかどうか、不安に駆られる。

むしろ、このように挫折を味わった人は、新たな自分、生き方を発見することが多い。豊かな人生を歩んでいくきっかけとなる。そこで一人の元教師に自らの体験を語ってもらう。・・・と記載されている。

 一級の資格を持つスキーヤーが自己の慢心により大事故を起こし首から下は全身麻痺となり、医者からも一生寝たきりか良くなっても車椅子の人生を送ることになると言われ「死にたい」「俺はどうしようもない人間だ」と絶望的に陥ったそうです。

そんな中、家族は勿論、一人の女性教師・看護師・医者・3年1組の生徒さんに励まされ自力で歩行出来るまでに回復された講演で、まさしく愛ある波乱万丈のお話でした。

 1時間30分にわたる講演のなかで回復するまでの過程そして命の尊さの思い・大切な人への思い等々、思わず涙腺の緩む貴重な講演でした。

 講演の中で「あなたの大切な人は誰ですか?」という質問があった。大切な人とは、自分からいなくなって即座に困る人・・・・・さて、あなたの大切な人は誰ですか?

第2部はDAIKI氏のイリュージョン

マジシャンとして成功するには、手先が器用で技術に長けているだけでなく、自分でオリジナルのマジックを考案するアイデアを持っていることが最も重要である。

(13歳のハローワーク:作家 村上龍氏の職業紹介より抜粋)・・・チラシに掲載。・・・(容易では無いが、私の好きな言葉である。)

 DAIKI氏のイリュージョンさすがでした。楽しく拝見させて頂きました。

 チャリティーショーが終わり、帰り際にNさんと呼び止められた「誘ってくれて、ありがとう!」の言葉が返ってきて、今回のチャリティーショーは皆に感動を与えたのではないかとおもいました。

 心を込めて、小牧ライオンズクラブ、腰塚講師、DAIKIさんありがとうございました。

                                   M・W

 

 

|

« スイス「安全通貨の乱」 大幅な円高、ユーロ安 | トップページ | スペシャルゲスト島田晴夫師のイベント予定! »

イベント参加レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スイス「安全通貨の乱」 大幅な円高、ユーロ安 | トップページ | スペシャルゲスト島田晴夫師のイベント予定! »