« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月26日 (木)

ラスベガスでマジックショーを観る   

 

 アメリカ上陸2日目はラスベガスへ移動しました。ここからはラスベガスでマジック研修です。

 

 マジック研修初日のショーは、ブラックジョークを連発する毒舌の大男と、絶対にしゃべらないチビ男。人気爆笑コンビ PENN & TELLER のマジックショーです。

 日本でも似たようなコンビマジシャンがいましたね。そう、ナポレオンズです。ナポレオンズの場合は役割が逆で、ボナ植木さんのほうが無口なマジック演者ですよね。

 

こ のコンビ、1970年代の中ごろに、ニューヨークで大道芸人としてスタート。当時は生きたゴキブリやネズミを使ったバカバカしい芸ばかりをやっていたらしい。

 その後、異色の才能が認められ、とんとん拍子で出世。80年代に入るとテレビやステージなどで活躍するようになり、90年代後半からはエンターテインメントの総本山ラスベガスに拠点を移し、その抱腹絶倒のパフォーマンスを全世界に発信しているとのこと。何年もその地位を維持し、新たなマジックを創出していくのは、すごい才能でしょうか、努力でしょうか。

 

 コメディーといえば、どうしても日本人にとっては英語のヒアリングのことが気になりますが、このショーに限っては、あまり語学力を心配する必要はないと思います。たしかに Penn は終始乱暴な口調でしゃべりまくり、その内容とても難解でした。しかし、そもそもこれはマジックショーなので、見ているだけで大半のことはわかると思います。

 マジックの内容が独創的なのもこのコンビの特徴らしく、他のショーでは見られない出し物が多いばかりか、
どれも単なるマジックではなく、おもしろおかしく演出しているところが非常に興味深かったです。

 いずれにせよ、ラスベガスにマジックショーは数あるが、他とは一味も二味も違っているので、マジック好きにとっては必見のショーといっても過言ではないと思います。そうだ、次のレクチャーに彼らを呼んではいかがでしょうか・・・

                   小澤

Cimg8333

Cimg8340

Cimg8343

| | コメント (1)

2015年2月24日 (火)

マジックキャッスル   

 ラスベガスから帰ってそろそろ1週間以上が経過してきた。 日常が戻ってきた。 学生時代にアメリカのアリゾナへホームステイをしていた。その頃は10時間以上の飛行時間があったように思う。航空機の性能が向上したのか、偏西風の影響なのか世界が狭くなったようだ。

 

日本を土曜日の夕方出発し、ロスへ到着したのが土曜日の朝10時ぐらいである。まさにタイムスリップ・・・映画かマジックの世界に早くも紛れ込んでしまったような感覚である。

 

そのままサンタモニカビーチで昼食。土曜日でもあり人が多い。カモメも多い。観光地らしく、インコやヘビなどと記念撮影をする人やパフォーマンスをする人もいる。続いてファーマーズマーケット・チャイニーズシアターの市内観光を足早に済ませ、今日のメインのマジックキャッスルである。

 

マジシャンにとっては、憧れの『お城』です。壁には、歴代マジシャンの写真がぎっしり。ここからデビューした人もたくさんいるとのことだ。城内は写真撮影厳禁。今日は土曜日でもあり、かなりな混雑ぶり、ゆっくりカウンターでお酒を飲みながらクロースアップでもと期待していたが、とても座れるようなスペースはない。

 

 そうそうどこかで見たようなマジシャンが・・・・昨年UGMコンベンションでレクチャーをしていたアルフォンソではないか。マジックキャッスルへは欠員が出来た時などはすぐに飛んできてヘルプをすると言っていたっけ。せっかくなのでご挨拶をさせていただいた。当然向こうは私のことなどは覚えてはいないけどネ。

 

豪華ディナーをいただき、マジックショーを観て、城内を散策してアッという間に時間は過ぎてしまった。名残惜しいのだがホテルへ。次回はマジックキャッスルホテルへ宿泊してマジックキャッスル三昧旅行がいいですね。昼は団体に部屋の貸し出しもしてるらしい。そうだ次の合宿はマジックキャッスルがいいのでは・・・

 

                                                          小澤

Cimg8189

Cimg8197

Cimg8254

Cimg8266

| | コメント (1)

2015年2月22日 (日)

ラスベガス旅行ー(その2)

●2日目

  本日も移動日で忙しい。朝食後ロスからラスベガスへ12時のフライトで出発。行く前にチケット業者さんから、今の季節は冬なので定刻通りに運行しないので、ラスベガスのチケットは予約しない方がよいと言われたため、現地についてから予約を入れることとしていた。空港に到着したらほぼ定刻通りに出発、安心した。

  1時間のフライト。ラスベガスは荷物が空港から離れた別の場所で、トラム(無人電車)に乗って到着。ゲートを聞いておいてよかった。

  そこにガイドさんが待っており、ホテルまでの30分、ラスベガスの概要を話してくれた。その中で驚いた事はカジノで平均1人10万円使うそうだ。4兆円の収入になる。名古屋予算22兆円の2倍だ。信じられなーーーい!。人口50万人で稼いでいる。

  ホテルにチェックイン後、本日のショーPennTeller Magic Showのチケットを予約した。今回の予約席は全てVIP105$。ほとんど1万円以上になり7つも予定しているので、10万円の鑑賞費になり、外国旅行だから出費できる額だ。

   開演は夜9時30分から。まだ3時間ぐらい余裕ができたので夕食へと街に出た。ホテルは3800名宿泊できるフラミンゴホテルだが、レストランはなく、ファーストフードの軽食のみの店で、殆どカジノマシーン、ゲームをやりながら食事をしなさいというスタイルだ。

   街に出ても選んで入るより探しての食事だ。そこでピザからステーキまで食べられるレストランに入り、各人オーダーしたが、メニュー写真がない為出てくるまでどんなものかわからない。1.5人分の量のどでかいお皿に載った料理が出てきた。

 

1時間程だべってショーに向かう。4、5間先のホテルでも其々のホテルの面積が広大なためタクシーを利用した。大勢なのでバス料金程度でOK.

 PennTeller Magic Show

  開演まで1時間ぐらいあったので皆さんゲームをやったらしい。私は行く前にこのショーは一般のプロマジシャンも出演するショーと思っていたためどうやって出演を決めているのか事務所を探した。そこまでたどり着いたが会話がかみ合わない。ではメールで聞きたいのでメールアドレスを教えてほしいと言ってもちんぷんかんぷん。

  あきらめたがあとで分かった。ショーの内容が全てPennTeller二人のショーに代わっていた。それで一般のプロマジシャンがでる時間帯はなかったのだ。

  今回あまりにも沢山のマジックショーを見たためすべてを語りつくせない。日本の二人バヤシ的なイリュージョンと私の興味のある金魚マジックだ。これは既にYOU-TUBEで見ていた為本場で金魚100匹程出る瞬間を注意深く見たが見事の一言。1.5時間あっという間のショーだった。

  帰り際、Tellerさんが写真のサービスをしていたので、日本から来た団体だと言ったら、大サービスをして写真ポーズを作っていただいた。記念になったと思う。

 帰りのエピソードを書くとリムジン車だ。行きはタクシー3台で30$払った。帰りはホテルのドアーマンが何人と聞くので14名と言ったらあちらのリムジンカーに乗れと言われたので従った。リムジンカーとはキャデラックetc胴体を切って10メートルぐらいの大きさにした車だ。ハワイの結婚式etcによく出てくる。内装はキンキラ金で音楽をガンガン鳴らしたクレージーな車だ。

皆さん心配した「ぼられるんじゃない?」いやいやボーイが「乗れといったのでタクシー代でいいじゃないの?」結局3倍の90$払った。その間30$でないと納得できないと押し問答をしたが相場と分かって経験代として皆に我慢してもらった。

 

                                                 馬車馬のNK

| | コメント (1)

2015年2月18日 (水)

ラスベガスマジックショー鑑賞旅行記(その1)

私は、名古屋華マジカルグループツアーの副団長として2月7日(土)~2月13日(金)まで1週間、ロスアンゼルス、ラスベガス、グランドキャニオンの3か所を14名のメンバーで行ってきた。旅行記録として1日1日をこのブログを使って残したいと思う。

初日1日

 名古屋国際空港に13時に集合し、結団式をすまして成田に向かった。乗り継ぎの時間も迫っており、JALにてアメリカへ飛び立った。飛行内は100%といっていい具合の混み方で、採算は燃料代も安くなったので大黒字路線と思った。

 団長の席の隣が他のJTBの添乗員で、12人の団体だそうだが、乗り切れず他の便で2人来ると言っていた。今までにない混み方で、各々席が離れての9時間であった。

 日本系航空の為、機内案内、座席情報画面は日本人向けで、映画、音楽、ニュース、落語、etc食事も工夫されており不満はなかった。

 

 ロスアンゼルスでの目的は、島田晴夫大先生とお会いできるイベントがあり、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E7%94%B0%E6%99%B4%E5%A4%AB

楽しみの一つである。

 午前9時ごろロスに到着し、添乗員の出迎えを受け、午後6時ごろまでロス観光で過ごした。観光昼食はサンタモニカで、量の多さに驚き洗面器2杯分の残りとなり、ドギーバックにしてもらってガイドさんと運転手さんに処分してもらった。

 その後ビバリーヒルズをドライブし、ファーマーズマーケットで30分散策し、ハリウッドに移動した。ハリウッドは1時間以上ほしかったが駆け足で回りホテルへ。ここは有名な映画俳優の仮装をした人が沢山おり、マリリンモンローと一緒に記念写真を急いで撮った。チップ20$請求された。

 ヒルトンインホテルにチェックインした後、すぐにマジックキャスル

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E7%94%B0%E6%99%B4%E5%A4%AB

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%AB

に歩いて到着。島田先生を待った。奥さんと一緒に来られ、夕食を共に過ごした。話の内容は4月12日の50周年の話。

Photo

Photo_2
 大変喜ばれ大歓迎してくれた。12時ごろまで7時間、城の案内、マジック鑑賞。城の中は大、中、小のステージがあり、テーブルマジックは数か所でやっており、島田先生のおかげですべて無料であった。一般人は入れない。服装はネクタイ、ジャケット着用で社交界正装だ。

 会長の友達のマジシャンMrs.Jadeも我々のために特別出演され歓迎してくれた。一番驚いたのはイリュージョンの人間浮揚で、鳥の如く自由自在に動き回った。今一番の人気者らしい将来島田先生のように殿堂入りか?

 息の抜く間もなく1日を終えた。明日はラスベガス。

                    馬車馬のNK

Cimg8240

Cimg8282

| | コメント (1)

2015年2月16日 (月)

憧れのマジックキャッスル

  ある日手品屋さんからラスベガスマジックショーツアーのお誘いがあった。人生最後にラスベガスショーが観たくなった。欲を言えば、マジシャンの憧れのマジックキャッスルに足を踏み入れてみたい。そんな欲望がわいてきた。

 

そんな時、名古屋華の会長から「マジックキャッスルに行くから小澤さんもどうおー」と、あの独特の口調で誘われた時はたぶん二つ返事でOKしたと思う。

  問題は日程だけなのでその辺は調整を何とかお願いして、今回のビッグトラベルに参加することが出来た。

 

 まずはキャッスルへの道を開いていただいた鈴木先生、みづほ会長に感謝したい。それとベガスでの各ショーの予約手配の段取りをしていただいた中山さんに感謝です。これでショー代の請求がなければ、皆さんからグレートサンクスが贈られるはずです。

 

 個人的に今回の最大の目標はなんといってもマジックキャッスルに足を踏み入れることです。

 次はデビッドのマジックショーをまじかで見たい。そして、人生の最後にもう一度スカイダイビングをしたい。そんな思いで今回のツアーに参加させていただきました。

 

 ナントその感動のマジックキャッスルが初日でした。かつて人類最初にアポロが月に降り立った感動がそのまま、自分の感動みたいな感じです。

 そして島田夫妻、ジェードさんとあの憧れのマジックキャッスル前で記念撮影が出来たことは本当に感動です。

 

 後はラスベガスで空飛んでマジックショーを観て、カジノで遊んで楽しい毎日でした。

 

 

                              小澤

 

 まだ、続き書きますか・・

Cimg8283

Cimg8575

G0070

 

| | コメント (2)

2015年2月15日 (日)

サンフランシスコマジシャンJadeさんから

 アメリカを中心に世界で活躍するJadeさんからメールが届きました。名古屋華マジカルグループからマジックキャッスルを訪問したお礼です。

Dear Mizuho

 

 I was very happy to see you Gen-san and all members of Nagoyaka Group 

last Saturday. 

Thank you so much  for your wonderful and very thoughtful presents! 

 

 

Img_5741_2

Img_5743_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2015年2月13日 (金)

小沢さんの写真

小沢さんがfacebookにアップロードした写真です。

いよいよ、今日帰国です。アメリカ旅行の話が楽しみですね。

906046_757899524287710_570978229993

10959577_757778897633106_4600351477
                      スカイダイビング

10953878_758046140939715_5982920381

10947462_757899627621033_6700987156

10838075_758045854273077_4702051976

続きを読む "小沢さんの写真"

| | コメント (0)

2015年2月12日 (木)

LOS ANGELS と LAS VEGAS 4部

ラスベガスには一攫千金の夢があるようだ。わずか数千円(いや!数百円かな)の掛金で数十億円になるようだ。滅多に当たるものではないが、新しく建てられたホテルで当たる確率が高いと聞いているよ・・・さて、どうする一攫千金の夢を見てみるかい!!日本人向けのカジノ講習会とやらがあるようだ・・・・・もし、不幸(?)にして数十億円が当たったとしたらどうする・・・マジックキャッスルではないが名古屋華キャッスルでも作ろうか・・・・・・な~んてね・・・夢は大きく持てば・・・いつか実現するよね!!

   ロス観光と晩餐会、マジックショーとショッピング、そしてオプション等々贅沢三昧のスケジュールを充分に楽しむことが出来ましたでしょうね。

   そして、各自めいめいに楽しみましたか、それともグループ毎に楽しみましたか?夜は時のふけるまで手品談義ですか?それとも個人で手品の披露をしましたか・・・・・楽しみ方がいっぱいありましたね!!

   後半戦に入り、そろそろ疲れが出ているのでは無いでしょうか・・・「何を寝言みたいな事を言ってるんですか!!これから、まだまだ楽しみますよ!!!」・・・と張り切っている声が聞こえるようだ・・・名古屋華マジカルグループの皆さんは若いね!!その調子、その調子だよ。

   今回の旅行は、冒頭に記載したように島田晴夫師、会長の友人であるジェードさん他現地マジシャンのご協力により実現したものです。

   それだけに、旅行に参加された皆様は一生の思い出として至福の時を過ごされたのではないでしょうか。

    最後に、島田晴夫師、ジェードさんそして現地マジシャンの皆様には大変お世話になりました。名古屋華マジカルグループ会員一同、心から御礼申し上げます。ありがとうございました。

                        M.W

Photo

10620317_757117314365931_7620166244

10947454_757117347699261_1015676608

| | コメント (0)

2015年2月11日 (水)

LOS ANGELSと」LAS VEGAS 3部

 

さて、さて、ロサンゼルスの観光は如何でしたでしょうか。ビデオを撮る人、デジカメでパチパチ、そしておしゃべりのし放題、「あ~! あれなんだろう!すてきだね!いやいや素晴らしい!」等々感激の渦が巻いているのではないでしょうか。皆さんの笑顔が目に浮かびます。まさか!得意とする居眠りをしている人はいないでしょうね!晩餐会は盛大でしたか?正装でフォークとナイフでの食事はさぞかしリッチな気分でしょう。あまり食べ過ぎるとブクブク太りますので気をつけてくださいね。太ったまんまのお帰りは感心しません。

一流プロマジシャンとの晩餐会では、やはり手品談義に終始したことでしょう。今、ショーのご案内を見ておりますが「おったまげたね!」12のショーが紹介されています。

  その中で有料ショーのみを抜粋してみた。・・・無料のショーも確実に楽しめそう・・・

.O(オー)・・・フランス語で水の意味 

 ステージにプールがあるのはこのショーだな・・・シンクロナイズドスイミング・ハイジャンプが見もの。

.KA(カー)・・・火がテーマ

 曲芸、武道、花火の技術を組み合わせたショーですごいらしい。

.LE REVE(ル・レーブ)

 「水」を自在に操り、まるで「水」に命を吹き込んだ最高の芸術作品だそうだ。

.MYSTERE(ミスティア)

 舞台芸術に加え空中ブランコ、登り棒、太鼓など目が離せない。

.ZUMANITY(ズーマ二ティー)

 21歳以上の大人限定のアダルトショー

.JUBILEE(ジュビリー)

 トップレスダンサーの華やかな舞台。2000ガロンの水に沈むタイタニッの一幕は圧倒的とのこと。

.LOVE(ラブ)

 客席が中央のステージを囲む360度の円形劇場。ビートルズフアンには必見。

.BLUE MAN

 青い顔の3人組が無表情でコミカルなパフォーマンスを演じる。

等々案内されている。(まだ、まだ他にもたくさんあるようだ)

  名古屋華マジカルグループの皆さんは何を見に行かれますか、十分に吟味して楽しんでください。中にはスカイダイビングをやってみたいという人がいるようですが、いいですね。私がやったら血圧が上がって目玉が飛び出てしまいますよ。脅すわけではありませんが事故が多いようですので、くれぐれも慎重にね。全て自己責任になってしまいますから・・・

  肝心のマジックはどんなマジックが見られるのかな?チケットが購入できれば滞在中はマジック三昧になるのではないでしょうか。

  続 く

 MW

2
                                             夜のマジックキャッスル

 

 

| | コメント (0)

2015年2月 9日 (月)

LOS ANGELSとLAS VEGAS 2部

折角の海外旅行なので、ロサンゼルスとラスベガスの天候を調べて見たら、「なんと!なんと!」旅行期間中は全て晴れマークではないですか・・・曇りマーク、傘マークは一切ないのです。皆さんの心がけが良いということですよね。 観光には最適の天候になりました。

  ラスベガスといえばカジノだ!!・・・一階カジノのところを通らないとホテルへは入れないようになっているようだ・・・これはヤバいよ!・・・カジノの雰囲気に呑み込まれ、「つい、つい」5000円くらいやってみようか「あれ~、あれ~」面白いね、そして1万円が2万円と吸い込まれていくのではないでしょうか?ほどほどに遊びましょう。ゴメン、ゴメン余計なお世話かもね。

  マジックキャッスルは世界中からマジック愛好家が集まり、「奇術の殿堂」いわれているようで、会員かもしくは会員から招待を受けた人しか入場することは出来ないとされている。内部では、レストランやバー、ステージが多く設けられているようで、毎晩世界中からやってきた一流マジシャンの演技を見ることが出来て、レクチャーの催しもあるようだ。すごい所なんだね!

 そんなところで様々なショーが満喫できるなんて羨ましいよ・・・そう言えば、以前にマジックキャッスルに行った人に感想を聞いてみたら兎に角凄いらしいよ!!                 

 まだ続くよ~~       MW

1_2

| | コメント (0)

2015年2月 6日 (金)

LOS ANGELSとLAS VEGAS  1部

名古屋華マジカルグループでは2月7日(土)~2月13日(土)の一週間,

LOS ANGELSLAS VEGASに会員15名が赴きます。

この旅行は単なる旅行ではありません、マジック界の大御所島田晴夫師や、当グループ第一回の発表会の特別ゲストのジェードさんもサンフランシスコから駆けつけて下さるとか!!!他にも著名な現地マジシャンも含めた豪華メンバー4名マジックキャッスルに集う予定だそうで、びっくり仰天でございます。

 島田晴夫師は15歳からマジックを始め17歳の時に石田天海師に四つ玉の演技が認められ、19歳のときには昭和天皇の還暦祝いでマジックを披露したのであります。

 全てオリジナルとして、四つ玉、鳩出し(10羽の出現)、傘出し、ドラゴンイュージョンの演技で知られております。 

 私は、観光のスケジュールは聞いておりませんが、先ずはLOS ANGELS観光ではないでしょうか・・・いいですね!!

  ロサンゼルスの見所は、ハリウッド、ビバリーヒルズ、ルート66、サンタモニカ、ヴェニスビーチ等々、さて皆さんはどこへ行くのでしょうか・・・・・ホテルも有名なホテルがいっぱいあります・・・・・どこのホテルかしら・・・・・な~んて考えていると私もワクワクしてきます。 コーヒーを片手にショッピングも楽しいね!(買いすぎに注意しましょう)

  注意といえば盗難にご用心だね・・・・・

 そ して、島田晴夫師やジェード他現地マジシャンを囲んでの極上の晩餐会は最高の思い出となるでしょうね。

 あー、あー一緒に行きたくなっちゃったな・・・・・

 

まだ、まだ続くよ~

 M.W

Photo

 

| | コメント (0)

2015年2月 5日 (木)

特別企画スペシャルゲスト島田晴夫師に思う

  4月12日は名古屋華マジカルグループ主催の特別企画となっているが、グループ設立以来初めての経験、次のような大イベントとなっている。

 

 先日、当グループの鈴木常任講師(実行委員長)がプロジェクターを持参、島田晴夫師をご存じでない会員達にビデオで紹介して下さった。

 

 ★「島田晴夫師特別公開講座及び海外進出50周年記念祝賀晩餐会」

 

 

 今から50年前、あの経済状況下の時代、島田青年はインターナショナルマジシャンとしての大志を抱き、限られた経済状況の中で、貨物船に乗せてもらいオーストラリアに渡航されたのだ。現在はロスアンゼルスに在住しておられる。

 

 

 今週2月7日から名古屋華グループのラスベガスツアーでは、マジックキャッスル紹介のお世話もしていただいた。名古屋華マジカルグループ第一回発表会ゲスト「ジェードさん」もサンフランシスコから駆けつけて会員一同、御両人にお目にかかれるのが楽しみの一つでもある。

 

 

 日本のみならず世界のトップマジシャンとして君臨しておられるが、海外渡航しその道のりに幾多の困難も乗り越えられ、現在の世界的な評価につながっているのだ。お人柄の評価に於いても周囲を魅了する彼の存在は、誰もが認めるところである。

 

 

 公開講座パフォーマンス&トークショーでは、「島田晴夫師マジック人生を語る」となっている。マジック愛好家だけでなく一般市民の皆様にも、「マジック人生を語るトークショー」の中からそのお人柄に触れて、世界のトップマジシャンとして成功された秘訣等感じて頂ければとと思う。

 

 

 

 

                                      M・O

| | コメント (0)

2015年2月 4日 (水)

孫の世話

孫が高校受験で1か月ほどニューヨークから東京に来ている。月島のウィークリーマンションを借りて受験勉強、受験と大事なシーズンだ。

私は一週間余食事,洗濯etc面倒を見ている。もともとシングル生活なのであまり苦にならない。しかし共同生活となると気を使う。何かエンジョイしなくては1日1日もったないとフル活動。

 

 久しぶりの東京、散歩と観光を兼ね日中はフル回転。浅草、スカイツリー、横浜中華街、築地、東京国立美術館・・・毎日1万5千歩ペース浜松へ帰って体重計に乗るのが楽しみだ。

 良かった点がまだまだある。自分の家は人も寄り付かないゴミ屋敷。今までも服装、身だしなみetcで仲間に忠告されてきた。少しは気を付けているが今回注意してやったつもりだがレベルの差があり甘いことを痛切に感じた。

 「じいちゃん床に水がこぼれている」「台所の整頓が悪い」おかずを少しサボると手を付けない。孫に言われると素直にセッセと改善することに抵抗感がない。不思議だ!。やってみると気持ちがよく、ぜひ帰ってもこの習慣を維持したいと思っている。「70の手習い?」

 

 違和感なのが当然だが「おじーちゃん」と呼ばれることだ。仲間同士でいつも過ごしているため、こう言われると10歳以上年を取った気持ちになる。皆さん平気で過ごしている?かわいそうに。

 

 次の変化は家ではあまり本を読まないが好きなテレビを見る気がしないので、なれない本を2冊も読破した。

タイトルは

「男は一生すきなことをやれ」

「ズバ抜けた結果を出す行動習慣」

 

 ますます今のマジック生活に磨きをかける助けになると確信する。

 

 いずれにしても生活環境が変わったが、ギブアンドテイクのプラス思考で今後のマジック生活に変化が現れる様やれそうだ。

 エピソードとしてチャイナグッツを中華街でそろえた。そのとき店員にサムチップを披露した。大盛り上がりサムチップ道具を持っていて良かった!。

 

 さあ孫の引き渡しをがわるとラスベガス旅行楽しむぞ!

 

 

 

                        馬車馬のNK

| | コメント (1)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »