« 「いつもの『パン』があなたを殺す」というショッキングな本から―⑥ | トップページ | 世界の巨匠島田晴夫師海外進出50年祝賀マジックショー »

2015年4月15日 (水)

世界の島田晴夫師のマジック公開講座を見て

待ちに待った4月12日島田先生の公開講座を迎えた。先生とのご対面は2度目であり感激一入であった。というのも、本年2月ロスのマジックキャッスルで、夕食も交えて5時間にわたっておつきあいして頂いたことがあったのだ。それで我々名古屋華マジカルグループも最大限みんなで歓迎した。ありがとうございました。

 

公開講座ということでプログラムは下記の写しを参考願いたい。我がグループより6名の参加であったが、猛練習と数回にわたるリハーサルで、観客を飽きさせない素晴らしいものであったと思う。次回の公開講座には出演させて頂きたいものだ。

出演者だけでなく、観客も北海道から九州までもの一流マジシャンを迎えての講座、ほとんどの観客がマジックに携わっている方々と思われた。1か月前には入場料¥3000のチケットが完売した。人気の高さがうかがわれ大成功だと感じた。

 

紙面が限られているので、ゲストショーの2人と島田師の短い感想を書かせて頂く。

 

★バーディー・コヤマ

 

 私は、お名前は良く拝聴し、北海道の方と聞いていたが観るのは初めてであった。YouTubeで検索すると、島田師とのお付き合いは世界各地で一緒に公演?したことが御察しできる。鳩出しが素晴らしかったが、紙で作った鳩が生きてるようで、この演技をもっと見たかった。いつまでもお元気で後輩を育ててほしいと思った。

 

★緒川隼人

 

 サプライズゲストそのもので、ロスで島田師と一緒に食事をしたが、今回プロフィルを拝見したら改めてサプライズだ。FISM北京、ブラックプール大会でのゲストパフォーマーをやられた方だ。まだ若く島田2世を目指してアメリカで頑張っているようだ。

 

 

 演出は絵画のリンゴと髪の毛をアレンジした独創のアクトであった。動きが優雅で、派手ではないがプロマジシャンの講評として一番人気であった。日本語と英語を交えたトークテクニックは絶妙であった。

 

★島田晴夫師トークショー

 

以前より感じていたが「実るほど頭の下がる稲穂かな」の見本のような物静かな方と思っている。お話が謙虚で素朴さ今回も感じた。体調がすぐれないように見えたが「カラーの8つ玉と鳩だし」を見事に見せてくれた。トークショーでは余り動くなと、鳩だしはくどく何回も同じことをやらなく1回だけで十分であるとおっしゃたが今後の参考にしたい。長旅でお疲れの中ありがとうございました。

 

                     馬車馬のNK

20150414

|

« 「いつもの『パン』があなたを殺す」というショッキングな本から―⑥ | トップページ | 世界の巨匠島田晴夫師海外進出50年祝賀マジックショー »

例会・講座・発表会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「いつもの『パン』があなたを殺す」というショッキングな本から―⑥ | トップページ | 世界の巨匠島田晴夫師海外進出50年祝賀マジックショー »