« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

マジック交流会  ①

 毎年1回、岡崎キラリ会・ブラザー手品同好会・モリック教室はマジック交流を行なっている。

  去年は岡崎にて「おもてなし」を受けたので、今年は名古屋の番である。

  モリック教室は途中からの参入であるが、岡崎キラリ会とブラザー手品同好会との交流は10年で、今年で10回目の交流会となった。 早いものである・・・・・。

  ところで、岡崎キラリ会とはどのような集団か? 脳トレのクイズ形式でいくと2.99999999・・・・であるらしい・・・・突然こんなこと言われても分かんないよな!!・・さて・・さて・・・なんでしょう?

  答えは「ほぼ3です」。 そうなんです岡崎キラリ会は保母さんの集団なのです。手品同好会で講師をお願いしているK先生の教室なのです。K先生とモリック教室のM先生とは10代からの手品仲間で、M先生にも手品同好会の講師をお願いしているのです。

  まあ・・・まあ・・・話が逸れてしまったよ。

  5月23日(土)に交流会を開催するにあたって名古屋のどこを見てもらおうか・・・名古屋港・ランの館・東山公園・鶴舞公園・熱田神宮・名古屋城(先回案内済み)・・・等々候補が挙がり、結局、熱田神宮のガイド付きで決定した。

  当日、9:30に金山駅集合し、ジョイサウンド金山店に荷物を預け熱田神宮に向かった。

  総勢33名でゾロ・・・ゾロ・・・天候はくもりで、暑くもなくちょうど良い気候・・・ボランティアガイドさんが2名だったので、2班に分かれて、11:30終了予定で境内を案内して貰った。

  本宮から一之御前神社と13ケ所回って約一時間の行程らしい。その中でも興味を引いたのは清水社で、北側の湧水は眼や肌に良いということで、湧水を3回すくって、残り水を肌に当てると美肌になると言う言い伝えがあるらしい。そこには行列が出来ており、私も湧水を肌に当てたが「さて、はて美肌になるにはどのくらいの時間がかかるのかな?」である。気分的には既に美肌になってるぜ~~K先生も、M先生も、そして同行したみんなもだ~~~

  男のガイドさんであるが、普通では案内されない裏道を案内されたのでみんな感激していた。

  近くに寄って「あなたは、何年くらいガイドをやっているのですか?」と質問したところ8年ですけどと言った途端「あれ~~!!あれ~~!」である。こちらも「あれ~~!!あれ~~!!!」である。同じブラザーに勤めていたFさんがガイドをしていたのだ。何十年ぶりかの再会であった。

  これも、マジックかよ!?!・・・・・てなことでございます。

 続くよ

 W.M

Photo

Img_1319

| | コメント (0)

2015年5月29日 (金)

快挙,照ノ富士!  優勝そして大関昇進!

 大相撲夏場所でモンゴル出身の伊勢ヶ浜部屋照ノ富士(23歳)が、初優勝と大関昇進を一気に決めた。身長195センチ体重178キロの陽気な若者は、土俵の内外で大物ぶりを発揮した。本日の大関昇進の伝達式では、「心技体の充実に努め、更に上を目指して精進致します」と口上を述べられた.。

 強い気持ちと自在な相撲を手に入れ、長い間つぼみだった大器は、今年の春、夏の2場所で開花した。あっけらかんとした素直な性格はそのままに、師匠の教えを守って稽古に励めば、更なる大きな夢も実現できそうだ。

 名古屋華マジカルグループは、名古屋場所千秋楽に於いて、伊勢ヶ浜部屋打ち上げアトラクションでマジックショーを担当している。名古屋華グループの顧問と私は、伊勢ヶ浜部屋後援会の特別会員として参加していることもあり、今回は今までになく、嬉しく感無量である。

 私は、特別会員としてちゃんこの会や、激励会、或いは打ち上げパーテイなど、力士の皆さんと間近に接する機会も多く、土俵の鬼ならぬ反面ユーモアたっぷりの照の富士関を知っているだけに、今回の快挙を心から嬉しく思う。

 おめでとう!!!照ノ富士関、親方ご夫妻、横綱日馬富士、安美錦関、宝富士関等、そして部屋の力士の皆さん、おめでとうございます。名古屋場所でお目にかかるのが楽しみです。アトラクションのマジックショーは、名古屋華マジカルグループにお任せ下さい。

                                   大曽根みずほ

| | コメント (0)

2015年5月27日 (水)

大相撲5月場所

 平成二十七年五月場所、照ノ富士春雄様、初優勝おめでとうございます

  優勝の可能性のある四敗力士、嘉風(よしかぜ)、魁聖(かいせい)、勢(いきおい)、高安(たかやす)が負けて、優勝の行方は照ノ富士(てるのふじ)、稀勢の里(きせのさと)、日馬富士(はるまふじ)、白鳳(はくほう)に絞られました。
 

 最初に登場した照ノ富士が、渾身の相撲で碧山(あおいやま)をくだし、稀勢の里と日馬富士の優勝の可能性が消えました。結びの一番で白鳳が日馬富士に勝てば優勝決定戦、白鳳が負ければ照ノ富士の優勝です。

 大興奮の結びの一番です。先場所の白鳳対日馬富士では、日馬富士が勝てば照ノ富士との優勝決定戦、負ければ白鳳が優勝という場面で、惜しくも負けてしまった日馬富士です。

 日馬富士と照ノ富士はご承知のように伊勢ケ濱部屋で、弟弟子のために渾身の相撲を見せましたが、残念でした。

  今場所では最初、日馬富士が土俵際まで追い詰められるも、今までの相撲で見たことないような飛びあがりで白鳳に食らいつき、体を入れ替えて寄り倒し、日馬富士が勝ちました。日馬富士の根性の大一番でした。

  それから、優勝した照ノ富士は同時に敢闘賞を受賞しました。来場所の大関昇進も決まりました。次は、綱取りだね。

 大興奮のうちに終わった五月場所も終わりました。 次回の名古屋場所も、熱い戦いを期待しています。

 画像は昨年の伊勢ケ浜部屋打ち上げです。

        小澤

Cimg3928

| | コメント (0)

2015年5月25日 (月)

南房総半島から東京の旅  ②

 17日はスカイツリー3時に見学の予約を入れてあったので、それまでに山手線駒込駅下車で「旧古川庭園」と「六義園」を見ることにした。

 「旧古河庭園」には、石造りの洋館(太谷美術館)英国貴族の邸宅にならった古典様式の瀟洒な邸宅があった。和と洋が調和する庭として、和風庭園と、洋風庭園があり、バラの季節がらか日曜日でもありたくさんの人達で大賑わいであった。

  この土地はもと明治の元勲・陸奥宗光の邸宅であったが、宗光の次男が古河財閥の養子になった時に古河家の所有になったそうだ。(当時の建物は現存していない)

 和歌の心息つく雅な大名庭園「六義園」は、江戸時代の大名庭園の中でも代表的なもので、五代将軍徳川綱吉の信任が厚かった川越藩主・柳沢吉保が1702年(元禄15年)築園したそうだ。和歌の趣味を基調とする「回遊式築山泉水」の大名庭園で、明治時代に入って、三菱の創業者である岩崎弥太郎の別邸となったが、その後東京市(都)に寄付された。

 二つのどちらの庭園も、国の特別名勝に指定された貴重な文化財である。周囲はマンションに囲まれた都会のど真ん中に、これだけの歴史、文化、自然を兼ね備えており、進む都市化の中で残された貴重な存在であり、心和む一時であった。

  昼食後、東京スカイツリー予約の時間も迫ってきた。到着したら未だに大変な人々が押し寄せていた。当日券の人は3時間待ちで、整列して多くの外人も並んでいた。幸い予約してあったが、それでも私達も30分ほど並んで待った。

  下層フロアーから、展望デッキ迄予約券2500円、更に100メートル上の展望回廊迄希望者は1000円のチケット購入後に、エレベーターに乗って空中散歩?私達も空中散歩を楽しんだ。東京タワーや皇居、両国国技館などを遠くに眺め、足の竦むような眼下にはマッチ箱のような車列の移動等、息をのむような絶景を見た。

 いよいよ小旅行の日程も終わり、明日は帰名だ。日中は昼食以外は殆ど歩いていたので疲れた。見れば新しく購入したばかりの靴のゴム底が、擦り切れて少々だが中が見えていた。それにしても、良く歩いたものだと我ながら変なところで感心。この後,身体のあちこちのの筋肉痛が心配だ。

  18日は午前11時ごろに、新幹線「ひかり」自由席に乗って帰った。東京始発なので途中迄はガラ空きであった。私たちは年齢的に3割引の「ジパング」会員として登録してある。名古屋から熱海駅や京都駅までの距離があれば3割引で購入できるのでありがたい。ようやく家路に就き、我が家へ帰ってからのお茶一杯が格別に美味しく感じた。ほっと一息、無事旅も終了し、良き思い出となった。

                            M・O

 

| | コメント (0)

2015年5月23日 (土)

南房総半島から東京の旅  ①

 5月14日より18日にかけて主人と娘の3人で、久し振りの小旅行で房総半島に2泊した。その後、スカイツリーなどに行って見てみたいという主人の希望もあり、東京都内娘宅で2泊し、東京見物をして帰宅した。

  公開講座など一連の行事等あり、最近は夫婦そろって外泊など出掛けることも殆どなかった。ようやく一段落し心のゆとりも出来、娘も仕事の都合上5月連休は勤務だったが、代休が取れたのでんびり出掛けた。

  JR名古屋駅で房総半島の岩井駅迄の切符を注文したら、売り場の係員が「少々お待ちください」と鉄道地図を広げて調べていた。それほどの観光地でもないので、初めての駅名だったそうだ。

  東京駅で合流しして、木更津、館山方面の電車に乗って岩井駅に着いた。駅から徒歩10分ようやく宿に着いた。周囲の雰囲気や植物を見て、なんとなく南国のムードが溢れていると感じた。

  15日は南房総国定公園の、海から山へ続くロープウエイで、奇岩の宝庫と云われている「のこぎり山」へ行った。山頂付近にある切り立った岩盤の上から下を見るスリリングな名所「地獄のぞき」は、目も眩む、足も竦む、身の縮むような経験であった。足元の悪い岩山の道を一日中登ったり降りたりよく歩いたものだ。

  16日は、東京都内へ移動し、のんびりウインドウショッピング等を楽しみ、娘宅で泊まった。思えば、15日から16日の2日間は、殆ど歩きづめ歩いているが岩山のアップダウンがきつかった。明日東京スカイツリ一や庭園めぐりらしい。一日中歩くらしいが・・・。日頃運動不足なので、大丈夫かな?

                            O・M

| | コメント (0)

2015年5月21日 (木)

名古屋のデイサービスでマジック

 

 名古屋のデイサービスでマジックショーをしてきました。
 

 先日、春日井のデイサービスでマジック披露させていただいたところ、結構、評判が良かったので口コミで依頼が舞い込みました。ありがたいことです。
 

 何度も言いますが、日本を支えてきていただいた先輩方に感謝を込めてさせていただきました。

 


 
 綺麗な施設で、近くのデイサービスの人も来ていただいたりして、たくさんの方に見ていただきました。

 

 いままでいろいろなデイサービスさんへ伺っていますが、なかなかデイサービスさん同士はライバル視され、協調的ではなかったように思います。横のネットワークが構築されれば、利用者さんにとってはもっと利用しやすくなり、施設側にとっても休みは交代で運営するなど、便利にはなると思いますが、運営方針等いろいろと弊害もあるようです。

 

 

 

 拍手もいっぱいしていただきました。出現マジックで私がちょっと大きな声を出してしまい驚かせてしまいました。 せっかくの午後の睡眠の妨げになってしまった人もおりました、以後気をつけます。
 
 

 いつまでもお元気で、またマジックを見てくださいネ。

 

         小澤

Cimg1490

Cimg1471

| | コメント (0)

2015年5月19日 (火)

田舎マジッククラブの悩み

浜松は、マジッククラブと名の付くものは10クラブある。総メンバーは40名程度。後継者問題で悩んでいる。このままではクラブの存続はない。よく言われる言葉はすぐ「皆さん新会員を見つけよう!」答えは「努力しているが?――――――」が事の詰りである。先日この件に関して打ち合わせを持ったので浜松地区の恥をさらし皆さんに問うてみたい。

  

現状の状態は、628日、21回目の発表会に向けて打ち合わせを行っている。問題点は、毎年発表会を行なうが、時間つぶしに来られる方がほとんどで、将来に希望が持てない事だ。当然我々に責任はあるが、こんな発表会で入会者を募ろうとしても可能性0だ。問題点を挙げてみると、

 

1. 観客は時間つぶしに来られる老人関係がほとんどでマジック関係者はほとんどない。

 2. 発表者は、一般人に喜んでいただければと、発表内容はディーラーショーのオンパレードである。

 3. 近くに競合する発表会はなく、発表の内容の危機感はなく、「よかった」「よかった」の自己満足で毎回向上心がない

 4. この問題を上げるとムキになって現状を肯定するメンバーがほとんど。

 5. 引っ張っていく指導者がいないetc列挙すればきりがない

  

そこで改革案を上げてみた

1. 他クラブの発表会を見学し、今行っている発表レベルの低さを実感する。

 (浜松では愛知県と比べて容易く見に行くチャンスが少ない)

 2. 演技指導者を見つけレベルアップの助言を頂く(会費のアップ)

 

現在他のクラブも、大同小異でこの問題に悩んでいることが多くあると思う。この中にあって名古屋華マジカルグループは日の出の勢いで、新入会員は毎回紹介されている状態だ。

 

私は幸いこのグループに属しているため、例会見学ツアー、と発表会演技指導を兼ねて名古屋へ出かける提案をした。興味ある人が数人応募された。この後の変化が楽しみ!井の中の蛙であってはならない。モチベーションを上げよう!!!!!!!

 

                            馬車馬のNK

 

 

続きを読む "田舎マジッククラブの悩み"

| | コメント (0)

2015年5月17日 (日)

針名神社とdelaふぁーむ

我が家から農業センター(deIaふぁーむ)は徒歩30分ほどのところにある。

 

 平成27年4月で農業センターが開園50周年を迎えるに当たって愛称を募集したところ「delaふぁーむ」に決まったそうだ。

 

 Delicious(美味しい):美味しいものがたくさんあり

 

 Enjoy(楽しい):楽しみながら自然と親しみ

 

 Learn(学ぶ):学ぶことができる

 

 Agriculture(農業):農業センター

 

まとめてDela(でら・・・)で名古屋の方言を含めての愛称とのことです。・・・・・なかなかの発想ですね!!

 

 そんな中で、農業センターのしだれ梅まつりを見に行こうと誘いがあった。

「あ~あ、Delaふぁーむな!」

「違うよ農業センターだよ!」

Delaふぁーむだろ!」

「違うってば!!農業センターだよ!!!」

そんなやり取りをしながら「Delaふぁーむ」に向かった。

 

 Delaふぁーむの愛称はこれから浸透するのかな・・

 

いつものことながら駐車場をどうするか・・であるが、農業センター(相手のことを思って旧を使う)に隣接している針名神社に駐車できるとのことでそこに駐車した。9時まえに着いたにも関わらずもう既に境内の駐車場は満杯に近かった。さすがに皆さん良くご存知なんだな~~。

 

 折角だから針名神社の境内を散策した。例によって縁結び祈願・交通安全祈願・家内安全祈願・長寿祈願等々あるが「商売繁盛・芸能上達の神」の御利益があるという神様があるのにはびっくりした。聞くところ によると名古屋在住の芸能に関わる人達が祈願に来るようだ。私も芸能上達の神様に祈願をした。「これで手品上達間違いなしである」・・・・

 

 皆さんも祈願されては如何でしょうか。気が引き締まって上達するぜ~~~~~。

 

 しだれ梅まつりは3月15日に行ったので2ヶ月遅れの記載であるが振り返って見るのも良いものである。   見事なしだれ梅でその時の感動を思い出した。お祭りということで大道芸も見ることができ楽しい一日を過ごすことが出来た。

 

 誘ってくれた手品仲間に感謝である。

 

M.W

Img_1219

Img_1215

Img_1229

| | コメント (0)

2015年5月14日 (木)

日進市子供会総会でマジック

 日進市子供会総会で「オザちゃんショー」を依頼されました。フェイスブックなどでマジックボランティアの記事を公開していますと、いろんなところから依頼が来るようになりました。

 

 今回は日進市で子供会6団体が合同で企画したマジックショーの依頼が舞い込みました。30分ぐらいのショーでしたら一人でやってしまうこともありますが、さすがに80~90分のショーをやっつけるのは困難です。ましてや、小学校の体育館で約300名ぐらいのオーディエンスが集合するとの事です。

 

 これはもうステージショーレベルです。まー、私の場合は勢いのマジックですから人数もステージも関係ありませんが、一人のマジシャンが長時間やっていると子供達が飽きてしまい、せっかくの楽しい時間が台無しになる可能性が大きいです。

 

それでは子供達がかわいそうです。

 

 そこで今回は名古屋華MGのマドンナのひとり(名古屋華MGはマドンナばかりです)のマジシャンケイと、以前に名古屋華MGに見学に来ていた南山高校の先生に助けていただくことになりました。

 

 

 

 マジシャンケイとボッチ&デールのステージショーで会場はもりあがりました。マジシャンケイは皆さんもよくご存じかと思います、カードマジックではスゴイの声が上がっていました。< /span>

 

 ボッチ&デールは通常、日赤病院で活動をしていて、イオンなどでもイルージョンマジックを披露してるとの事です。今回もクラウンショーということで、いろんなイルージョンマジックを見せていただきました。

 

 

 

 私の方は、ステージ準備のつなぎでフロアーマジックをさせていただきました。

 

本当に元気な子供達です。子供は元気が一番です。子供が元気でないと日本の将来はありませんねー。

 

 日進市でも何度か子供会に顔を出させていただいていますので、子供の中には「オザちゃん」を知ってる子が2~3名ほどいました。感激で思わず抱きしめてやりたくなりましたが我慢しました。

 

 

 

 なかなかマジックをまじかで見る機会が少ないと思います。これからもマジックの楽しさ不思議さを伝えて行きたいとボランティアで頑張ります。

 

 マジックの底上げが出来ていけば、お金を払ってプロのマジックを見たり、マジックグッズを買ってみたり、世界で活躍するマジシャンが出てきたり、マジック業界にはプラスになると考えています。

 

 今日の子供会の皆さん、共演者のみなさんに感謝です。

 

 

                   小澤

 

Cimg1138

Cimg1301

Cimg1258


Cimg1166

| | コメント (0)

2015年5月11日 (月)

5,6,7月例会スケジュール

例会スケジュール

  

 ★5月 2 日(土)

    午前  特別指導  

    午後  例会  

 ★5月23日(土)

    午前  特別指導

    午後  例会 レクチャー

★ 6月 6日(土)

    午前  特別指導

    午後  例会  レクチャー(外部特別講師)

★ 6月27日(土)

   午前  オープングループ活動デイー 

   午後  オープングループ活動デイ―

★7月 4(土) 

   午前  特別指導 

   午後   例会 レクチャー

★7月25日(土)

      午前  特別指導

 午後  例会 レクチャー

| | コメント (0)

2015年5月 9日 (土)

ボランティア日記

 

いつもは介護施設の訪問だが、5月連休はいつもと異なった楽しい思い出を作ったのでその内容を日記として報告する。

 

我々の通常のボランティアは、介護施設の訪問で日頃の練習を披露させてもらって喜んでいただいている。一か月に1~2回ペースで3年ほどになった。プログラムとしては安来節での踊り、銭太鼓、唄とマジック、最後に50年前に流行った唄当てクイズでの1時間公演だ。

 

 

 今回の報告は特殊で、そば屋出張サービスとなった。52日、4日の2日間お昼時間の2回公演をやった。そば屋の名前は「花咲の庄」。国の登録有形文化財を有する浜北地区の有名な観光名所となっている。菖蒲のシーズンと重なって訪れるお客さんも多く、そのサービスとして頼まれ皆張り切って披露した。

 1回目公演12時から、2回目115分からの2回公演で終わった。私のマジックは2部制で1部は燕尾服でのサムチップ、お札、新聞、そば出しマジック、2部はチャイナ服に着替えての変則中華蒸籠。安来節もハッピの着替えての2部制で45分演技。立ち見も出るほどの観客で笑い、驚きの拍手、いつもと違った反応でびっくりした。

 というのは発表会とは異なりお客さんとの一体感があったことだ。例会での演技に似た演技共同体雰囲気で最高だった。終わってからその訳を考えてみた。その訳は演技の内容でなくその前から拍手を頂いていた。こんな場面があった。

 

 

 実はお客さんの食事中、待っている人々に対して丁寧に、すぐ帰るのでなく本日は特別に我々のショーを見て帰ってくださいとプログラムの内容を話した時既に拍手を頂いた。この雰囲気が盛り上がった原因ではないか?この経験を生かして今後やっていきたいと思う。即ちすぐ演技に入るのでなく前座として発表内容に関係したお話をお客さんに興味を持ってもらう様演技前にやることが大切と感じた。トークも演技だ!

 

 

 公演後手打ちそばのフルバージョンを頂いた上に車代として金一封を頂いた。双方ハッピーな日であった。バンザーイ!

 

 

 

                     馬車馬のNK

2

Dscn0102

| | コメント (0)

2015年5月 8日 (金)

「いつもの『パン』があなたを殺す」というショッキングな本から―⑩

  この本は第9章で、「炭水化物と糖質から抜け出す『4週間プログラム』」を提示している。

  まず目標として4点を掲げている。

 ①体が燃料として炭水化物に頼らなくなるようにし、脳の働きを高めるサプリメントを毎日摂 る。

 ②運動の日課をスケジュールに組み込む。

 ③日常的に週7日、安眠できるようにする。

 ④新たなリズムを確立し、健康的な生活習慣を続ける。

  第1週までにかかりつけの医者に検査をしてもらい、開始前のデータを得ておく。そしてサプ

  サプリメントを飲み始め、キッチンの炭水化物を捨ててしまう。「1日断食」を検討する。

  第1週は「食に集中」する。この本に書いてある食事メニューを実行する。

  第2週は「運動に集中」する。定期的な運動プログラムを始める。毎日できるだけ体をうごかすようにする。

  第3週は「睡眠に集中」する。ぐっすり眠れるようにいくつかの簡単なコツを実行する。

  第4週は「全部まとめて」行う。一生根付かさせる戦略をお教えする。

  このプログラムを実行すると、数日か数週間で、思考は明晰になり、よく眠れて活力も増すだろう。頭痛は軽くなり、ストレスにも難なく対処でき、気分が明るくなる。不安症とか抑うつ賞などの慢性的な神経系の症状のある人も軽快していく。体重も減り、検査の項目の数値も改善されるであろう。(P.300~302)

   検査の項目とデータの数値目標について、次のように書いている。

 ○空腹時血糖          95mg/dl未満

 ○空腹時インシュリン      8Uμ/ml未満(できれば3未満)

 ○ヘモグロビンAIc        4.8~5.4%

 ○フルクトサミン          188~223μMol/l

 ○ホモシスティン          8μMol/l以下

 ○ビタミンD             80ng/ml

 ○C反応性タンパク        0.00~3.0mg/l

 ○グルテン過敏症テスト    (※日本では普及していない)

 実行する前に検査を受けてデータを取り、4週間以後にまた検査を受けてデータがどのくらい改善されたかを知るというのは大変説得力がある。

                 H.S

| | コメント (0)

2015年5月 3日 (日)

明治村呉服座で「TRICK」を観る

 世の中ゴールデンウィークです。昔から働き過ぎの日本人ですが、遊びも仕事と一緒で頑張って遊ぶ感があり、どこへ行ってもがんばって遊んでいる人が多いようです。もっとがんばらないで、のんびり休日を過ごしたいものです。

  今日は、私は明治村4丁目呉服座にいます。3月から長期の興味ある公演が行われています。もうそろそろ終了まじかなのでのぞいてきました。

 公演名「TRICK」。トリックシアターと題して、ジャグリングにマジックの摩訶不思議な舞台です。

  出演はクラウンファミリープレジャーBです。プレジャーBは1994年に設立した日本最大級のクラウンチームです。会長は大棟さんで、海外の大会で金メダル等を受賞した人が多数所属していることでも有名です。

  今回の舞台は、冒険喜劇形式でマジックやジャグリングを多用して物語を組み立てていました。

  手品は文字通り手八丁口八丁で、漢字には口の方が手の3倍ありますから、トークで惑わすものに対し、マジックは会話を必要としないで魅せるもの、さらに音楽などで効果倍増されます。

  さて、トリックとは何だろう調べてみると手品、マジックその他不思議現象の種のことらしい。それが道具だったり人の技術や技だったりします。

  クラウンの彼らは自分自身がトリックであり、その技が卓越しているのでマジックやマジックの道具にたよる必要もないようなところがありました。

 事実魔法や超能力に比べれば、手品やマジックはお遊びでしょうか・・・。しかしそれを芸術や文化にまで高めていくことが必要かと思います。もちろん笑いやユーモアも必須です。

  皆さんは休日を有意義にのんびり過ごせましたでしょうか。また、お会いしましょう。

                小澤

Cimg0662

Cimg0679

Cimg0676

| | コメント (0)

2015年5月 1日 (金)

「いつもの『パン』があなたを殺す」というショッキングな本から―⑨

  この本が勧めているのは、①サプリメント  ②運動  ③睡眠  ⑤そして一番大事なのが食事からグルテンを含む食品の追放である。

サプリメントについては、脳の働きを強めるサプリメントとして7つを推奨している。

①DHA   ②レスベラトール   ③ターメリック(ウコン)   ④プロバイオティクス  

⑤ココナツオイル   ⑥アルファリポ酸    ⑦ビタミンD

 これらのサプリメントは私は摂ったことがない。DHAについては広告で盛んに宣伝されている。ココナツオイルは今や売れキレになるほどだという。プロバイオティクスは藤田紘一郎氏も勧めていた。腸内フローラルに適しているそうだ。ビタミンDは子供の頃は盛んに言われていたが、太陽の下で元気に遊ぶとよいと言われていた。しかしビタミンDが脳に大切だとは知らなかった。  

 運動は脳にとって血行をよくする以外に、次の5つのメリットがあるという。

①炎症を抑える    

②インシュリン感受性を高める

③血糖コントロールを改善する

④記憶中枢を大きくする

⑤BDNFの量を増やす

 ランニング、水泳、サイクリング、ハイキング、ウオーキングなどの有酸素運動を少なくとも週5回、一回に20分を目安にすることを勧めている。

 睡眠は脳の衰退を防ぐ基本手段だという。睡眠には、食べる量や代謝速度、どれくらい太るかやせるか、感染を撃退できるか、どれほど創造性や洞察力を発揮できるか、ストレス対処力、情報処理速度やあたらしいことの学習速度、記憶の整理や蓄積など、さまざまな効果があることが証明されているという。(P.284)

                                          H.S

| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »