« 「いつもの『パン』があなたを殺す」というショッキングな本から―⑨ | トップページ | 「いつもの『パン』があなたを殺す」というショッキングな本から―⑩ »

2015年5月 3日 (日)

明治村呉服座で「TRICK」を観る

 世の中ゴールデンウィークです。昔から働き過ぎの日本人ですが、遊びも仕事と一緒で頑張って遊ぶ感があり、どこへ行ってもがんばって遊んでいる人が多いようです。もっとがんばらないで、のんびり休日を過ごしたいものです。

  今日は、私は明治村4丁目呉服座にいます。3月から長期の興味ある公演が行われています。もうそろそろ終了まじかなのでのぞいてきました。

 公演名「TRICK」。トリックシアターと題して、ジャグリングにマジックの摩訶不思議な舞台です。

  出演はクラウンファミリープレジャーBです。プレジャーBは1994年に設立した日本最大級のクラウンチームです。会長は大棟さんで、海外の大会で金メダル等を受賞した人が多数所属していることでも有名です。

  今回の舞台は、冒険喜劇形式でマジックやジャグリングを多用して物語を組み立てていました。

  手品は文字通り手八丁口八丁で、漢字には口の方が手の3倍ありますから、トークで惑わすものに対し、マジックは会話を必要としないで魅せるもの、さらに音楽などで効果倍増されます。

  さて、トリックとは何だろう調べてみると手品、マジックその他不思議現象の種のことらしい。それが道具だったり人の技術や技だったりします。

  クラウンの彼らは自分自身がトリックであり、その技が卓越しているのでマジックやマジックの道具にたよる必要もないようなところがありました。

 事実魔法や超能力に比べれば、手品やマジックはお遊びでしょうか・・・。しかしそれを芸術や文化にまで高めていくことが必要かと思います。もちろん笑いやユーモアも必須です。

  皆さんは休日を有意義にのんびり過ごせましたでしょうか。また、お会いしましょう。

                小澤

Cimg0662

Cimg0679

Cimg0676

|

« 「いつもの『パン』があなたを殺す」というショッキングな本から―⑨ | トップページ | 「いつもの『パン』があなたを殺す」というショッキングな本から―⑩ »

マジック・雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「いつもの『パン』があなたを殺す」というショッキングな本から―⑨ | トップページ | 「いつもの『パン』があなたを殺す」というショッキングな本から―⑩ »