« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月29日 (月)

イーブネットフェスチバル2015

 今日はイーブネットなごや・フェスティバルです。

 雨だとちょっと残念でしたが、皆さんの心がけが良くいいお天気になりました。

  私はというと、昨夜は会社の飲み会で二日酔いの体に鞭打って、朝早くから会場づくりやバルーンアートのお手伝いです。

  なんでもそうですが着飾るのは人だけではありません、犬や家そしてマジック会場も色とりどりのバルーンで彩られました。

 そして、会長発案のピエロによるご案内です。これでお客さんが来ないはずがありません。

 

 午前の部は、立見が出るほど大盛況です。軽快な会長の話術での進行で、次々とくりひろげられるマジックに子供たちは、いや、大人でさえ釘付けです。

 

 そして子供達と対話しながら動物や花を巧みに作成していくバルーンショー、家庭の身近な割りばしを使ったレクチャーでは、絶対マスターしてやりたい子供達が前に来て覚えたてのマジックを披露してくれました。

  ご来館・ご来場いただいたすべてのお客様に感謝です。そうそう、言い忘れましたが名古屋華MGの女性陣は何を着ても素敵でした。

        小澤

Cimg2473

Cimg2488

Cimg2489

Cimg2517

| | コメント (0)

2015年6月27日 (土)

春日井市福祉の里「だれでもアーティスト」参加

 今日は春日井市福祉の里にて「だれでもアーティスト」が開催されました。ピアニストや歌い手、将来シンガーソングライターを目指す若者など、春日井市内で活躍するアーティスト達が集結し、市民の皆さんに感謝を込めて日頃の成果を発表させていただく催しです。

 

 名古屋や大阪のライブハウスで活躍されているシンガーや結成間もないアーティストの発表の場として毎年盛り上がっています。

 

 私はマジック部門で出場しました。一人15分程度の短い発表ですが、皆さんオリジナルのバラードや、次回実施されるコンサートなどの告知に利用されていました。

 

 中にはハーモニカの団体演奏の発表もあり、低音高音専用のいろいろなハーモニカでオーケストラのような雰囲気をかもし出していました。

 

 

  

 そんな中、私は皆様のお耳休みに、スペシャルマジックを披露させていただきました。お手伝いいただいたお嬢ちゃんや拍手をたくさんいただいた皆さんに感謝です。

 

 マジックマジックしていない環境の中でのマジックも、また意外性がありマジックファンも広がると思います。

 

 

             小澤

 

Cimg2293

Cimg2298

| | コメント (0)

2015年6月25日 (木)

春日井のデイサービスでマジック

 春日井のデイサービスさんでオザちゃんショーです。元気なおじいちゃんおばあちゃんばかりです。皆さん補助マシーンで運動したり、マッサージしたりで、体を動かすことがなによりですネ。

  今日も暑い日です、エアコンはあるのに使っていないので、おじいさんに聞いたら「体に良くないで使かってないだわ、まだまだ長生きするでー」とのことです。

  風通しがいいので涼しい風が入ってくるのですが、我々には少し暑いかもです。

 部屋の中でも湿度が高いときは熱中症になりやすいので注意してくださいね。

  広場を少し開けてもらってマジックの開始です。今年になってデイサービスさんは4軒目でしょうか、今日は春日井ケーブルテレビさんが取材に来ていました。もしかしてオザちゃんの追っかけでしょうか・・・ありがたいことです。

  何度も言いますが日本を支えてきていただいたおじいちゃんおばあちゃんの笑顔が見られて最高でした。

  祖父母がいなければ今の私が存在していなかったかもしれません、日本の繁栄がなかったかもしれません。

  スタッフさんの声援と皆さんの温かい拍手をいっぱいありがとうございました。

         小澤

Cimg1926

Cimg2009

| | コメント (0)

2015年6月23日 (火)

ふれあいセミナーでマジック

 

 春日井牛山小学校PTA主催のふれあいセミナーでオザちゃんズショーを頼まれました。もちろん、落語とか現代ダンスとかではなく、マジック公演です。

  今回は90分という長丁場をひとりできりもりをするのは大変なので、助っ人を頼みました。

  2年前の牛山子供会サマーキャンプでは30分でしたので、ワンマンマジックショーをさせていいただきました。

  今回はその時も見たという子供さんがいなくて残念ですが、マジック演出はそのままで挑戦しました。というのは今回はマジックバトルということで子供達に印象に残ったマジシャンを投票してもらおうという企画です。

  今回は、ケーブルテレビ春日井の取材でカメラが入ることになり、とても緊張したマジックバトルが始まりました。

 さてさて、相変わらず春日井っ子は元気っ子です。いつも言いますが子供は元気・ワンパクが日本の将来のためには欠かせません。 

 

 そんなこんなでアッという間の90分が終了し、いよいよ投票です。ナント1位は2名同率の18票づつでした。もちろん私ことオザちゃんは1位を確保しました。

 セミナー参加の皆さんそしてマジシャンの皆様、本当にありがとうございました。

 

                 小澤

 

Cimg1616

Cimg1645

 

| | コメント (0)

2015年6月22日 (月)

鳩だしに使う鳩の話

 マジックの現象で一番は、なんといっても出現でしょうか。出現Production=何もないところから物が現れたり、物が増える現象。

  自己紹介なんかで「マジックやってます」としゃべろうものならすぐに「ハト出して」と言われます。マジックイコールハト出し・・それだけインパクトがある現象ということですね。

  マジックで共演するハトは銀鳩といわれジュズカケバトの白変種だそうです。

 日本語ではハトでひとくくりにしていますが、英語ではPigeonとDoveと2種類の単語があります。

  マジックの鳩出しはダブプロダクションといわれDoveが使われます。Pigeonは公園などで見かけるいわゆる灰色の鳩でカワラバト(別名ドバト)と言われるものです。

 山や神社にいるもう少し茶色がかっている鳩は日本古来の野生のキジバト(別名ヤマバト)だそうです。

  そんなキジバトに対し、カワラバトは食用や伝書鳩用として人間が人工的に作った品種なんだそうです。

  ブログを書くためにいろいろ調べていくのは勉強になります。

 人間いくつになっても勉強です。

  以前テレビで100歳近いおばあさんが漢字博士で難しい漢字を簡単に書いていらっしゃいました。

  話を戻して・・私も犬を飼っていますが家族の一員です。

 ハトを手なずけたり、日光浴させたり、世話が大変か゚と思いますがマジックの道具としてではなく共演者として大切にしていただきたいと思います。

  外国のサーカースでも動物虐待ということでゾウやトラなどの曲芸廃止のニュースが報道されていました。心配になり日本の法律を調べてみました。

  動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律が平成2591日より施行され、従来の動物取扱業は第一種動物取扱業となり、新たに第二種動物取扱業が設けられました。

  営利目的(動物を見せる業)でハトを飼育する場合は第一種動物取扱業の資格が必要になる可能性もありますので、各都道府県へ問い合わせをしたほうがいい場合もあるようです。

  登録をせず第一種動物取扱業を営んだ者は100万円以下の罰金、又は虚偽の登録をした者は30万円以下の罰金に処せられます。

  人間やハトにとっては良い社会になっていっているのでしょうか。ちなみに、私のマジックで出現するハトは新種のゴムバトなんですよ~。

        小澤

Ma001

 

| | コメント (0)

2015年6月21日 (日)

マジックとの出会い

 私は15年前に脱サラして起業した。2年後、会社が軌道に乗りつつあったので、お世話になったお客様を招待して謝恩パーティーをさせて頂いた。

 大阪の帝国ホテルで、200名をご招待申し上げた。とにかく精一杯の“おもてなし”だと、スタッフ全員(私以外はすべて女性)ドレスか着物着用で臨んだ。

 私は、ご挨拶の他に何か舞台でお客様に喜んで頂く出し物をと、スタッフと相談した結果、マジックがベストとだとの結論で、挑戦することになったのが、マジックとの出会いだ。

 それまで、マジックに対して全く興味は無かったので、何をどうすればいいのか?まず、マジックの先生を探すことから始めた。それがなかなか見つからない。やっとの思いで出会えたのが深井氏。

 深井先生に動機を話した。「それで帝国ホテルの舞台で、何がしたいの?」「はい、5~6人の方を舞台で消したら、受けると思います」と。

 それから6回ほど深井教室に通った。そして本番は成功した。そんなとき、深井先生からのアドバイス。「あなたは、マジックで成功するのは難しい。その理由は2つ、新ネタをある程度だが直ぐにこなす。その結果この程度かと軽く捉えてしまい、あとの練習がおろそかになる。もともと不器用な人ほど、一生懸命練習を重ねるよ。地道な努力を惜しまない人の方が最後に勝つことが多い。

 2つ目はあなたは飲み屋で、覚えたマジックをすぐに披露したがる。それはいいが、女の子にせがまれたらネタのすべてをすぐ教えてしまうタイプだ。それはかなり問題だ!」まあ先生のおっしゃることは、当たっている。

 帝国ホテルの謝恩パーティーが終わって、マジックのことはすっかり忘れ仕事に没頭した。

 そして2年前、会社を友人に譲って引退した。「老後は何をしようか?そうだマジックでボランティアがいい!」名古屋華マジカルブループを知った。そして飛び込んで1年が経過。沢山のことをこのグループで学ばせて頂いた。これからもよろしく!!!。


 

                     T.Y

| | コメント (0)

2015年6月19日 (金)

江別ライオンズクラブでマジック披露

北海道江別に私の義理のおじがいる。4月東京でお会いした時、同じライオンズクラブの関係上、北海道に来てライオンズクラブの集まりの場でマジックをとの依頼を受け引き受けた。

北海道と名古屋華マジカルグループの関係は、以前よりバーディーコヤマさんとお付き合いがあるらしく、元先生、みずほ会長が札幌のマジックコンベンションでゲストとして出演している。

本年も531日コンベンションに出場されるので江別のおばに花束を贈呈してくれる様お願いした。そのお礼もかねてお宅にも伺った。コンベンションは満員の入場で友達と5人ほどで鑑賞しとても喜んでおられた。

本題に入る前に、江別ライオンズクラブを紹介すると、今回の例会は1131回目と伺った。50年近くの歴史がありいろんな功績を残してきたことが伺える。私のおじが会長だった頃は桜を種から育てて境内に寄付したそうだ。

さて私の演技だが、介護施設訪問も同様だが発表にはいつも私なりのオリジナリティーを取り入れている。今回は2つ加えた。一つは1131回目を祝った新聞マジック。2つ目は江別ライオンズ即席マジシャンの育成だ。

30分独演。30名ほどの夕食会時に行った。予定していたプログラムは、新聞、シルク、うどんetc7種行った。開演30分ほど前、5人集まってもらい、にわかづくりのマジシャン候補をそろえてもらい、サムチップを特訓した。これはニューヨークでのライオンズクラブで披露した時、同じことをやって受けたので自信があった。

皆さん良くやられ、一番受けたが、次回の例会は本年度最後の例会でアルコールが入ると思われる。話題は間違いないが、次回もサムチップの再演をやって盛り上がってもらいたいと思っている。

ここでマジッククラブを作れば5人以上集まると思う。一般人も募集すればライオンズ会員もふえて一挙両得と思っている。

浜松では実践して皆さんの認知度も上がり会員増強につながり鼻が高い。こんな事で遠い北海道でのビックイベントを終え、観光を兼ねて帰路に就いた。

     馬車馬のNK

Photo

| | コメント (0)

マジックの現象分類

 マジックや手品の現象としてはどんなものがあるのでしょうか。

 

 いろいろな主張・説がありますが、最初に詳細にまとめ上げたのは、アメリカのセミプロマジシャンのダニエル・フィツキー(Dariel Fitzkee1898-1977)の「THE TRICK BRAIN」かと思います。

 

 その本の中にはマジック現象を19種類に分類しています。「出現」「消失」「移動」「変形」「貫通」「復活」「アニメーション」「反重力」「付着」「同調」「不死身」「物理的・肉体的変形」「観客の失敗」「制御」「同認」「読心術」「思考の伝達」「予言」「ESP」

 

 

 この「トリック・ブレイン」が出てから50年以上になります。その後、数万以上のマジックの現象分類が発表されていますが、フィツキーの分類は今でも十分使えることがわかります。

 

 

 フィツキー自身はこのような分類をすることで、新しいマジックを考案する時の発想の原点にしたかったかもしれません。

 

 具体的にあるマジックを上記の19のどこに分類するのかは、そう簡単ではありません。たとえば「カップ&ボール」にしても消失、出現、移動などの現象が含まれているようです。

 

 ほとんどのマジックはいくつかの現象が組み合わさってできています。中には一つの現象だけというトリックもあります、シンプルな方がお客様に与えるインパクトは強いように思います。

 

 

 フィツキーのように現象別だけでなく取り扱う素材や表現方法による分類なども考慮すると、また新たなひらめきが発見でき、新しい発想でマジックができるかも知れませんね。

             小澤

Min1

| | コメント (0)

2015年6月18日 (木)

ふじ30周年記念南極マジック

さて、さてブログを書く羽目になったぜ~~~~~

その理由は何も言わないことにしたけど、何を書いたらいいのかしらである。あ!!そうだそうだ!!こんど南極観測船ふじの30周年記念事業が名古屋港にある南極観測船ふじで開催されるのだ!これを書くことにするか・・・・・

 な~んで知ったかって!・・・なんでだろう?なんでだろう?もう一つオマケになんでだろう?だ!!

 私の応援(応援なのか、手伝いなのか分からないけど・・・そんなことはどうでもいい)している○○教室に第一次南極隊の隊員が半年くらい前に入会されて、その方が責任者として記念事業を開催されるのであります。(大学の講師として、又、海外・国内で講演をされているようです)その方の依頼で○○教室の皆さんにマジックショーを是非やってほしい旨の要請があったのです。「よっしゃー、みんなでやるべーー」という事で今から皆さん張り切っております。

 開催期間は平成27年7月18日(土)~9月23日(祝)です。

 内容は・・・ (1)ふじが果たした役割・・・7月18日(土)~9月23日(祝)

 (2)観測隊経験者の講演と南極昭和基地とのテレビ交信 ・・・

8月22日(土)

 (3)南極のお宝展示とお話し・・・8月~10月  2回開催

  (4)南極マジックショーは期間内 8月16日(日)、9月26日(土)、10月 11日(日)の3回に亘って行なわれます。・・・会場:名古屋港ポートビル

お暇な方は来てね・・・じゃなくて「来いや~~~~!!」

*ふじ観測船は1965年3月18日に建造(進水)されたそうです。

    全長・・・100メートル

    幅・・・・・22メートル

    速力・・・17ノット

    砕氷能力・・・80センチの氷まで

失礼ながらこの程度なら分かるよね、これ以上詳しいことは私も分かんないから記載はや~めた。

M.W

| | コメント (0)

2015年6月17日 (水)

イーブネットフェステバル2015

  6月27日は午前午後「イーブル名古屋・イーブネットフェステバル」開催されます。オープングループ活動デイとして、日頃の勉強成果活動を発表して、一般市民の皆様に楽しんでいただく絶好のチャンスです。

  名古屋華マジカルグループは2F視聴覚室に於いて、午前は10時~11時、午後は13時~14時半、「バルーンショー&マジックショー及びレクチャーとして簡単なマジックを覚えよう」を企画しています。午前午後出演者は違います。

  このほかにも、ホールに於いて、午後13時40分~14時まで「名古屋華グループマジックショー」として参加致します。小学2年生のS君や、全く年齢を感じさせない80代の若い先輩マジッシャンまで出演致します。

  高齢者から子供まで、どなた様でも大歓迎です。これからを担うお子さん方マジックはふしぎで面白いよ、と実感してお帰り頂きたいと思って、知恵と工夫を重ねています。親子連れの皆様、お待ちしていまーす。

  さて、名古屋華マジカルグループでは、たくさんの会員達が所属して、マジックショーのボランテアに出掛けています。地域の子供会やお年寄りの会合など、又、自治会や会社の記念行事等、気楽にご相談お待ちしています。

 

  名古屋華マジカルグループ・事務局

 

| | コメント (0)

2015年6月16日 (火)

お金のマジック

 お金のマジックは万人受けが良いですが、法律的な問題も多いようです。

  日本の通貨の場合、貨幣と紙片があります。今流通している貨幣が一円玉・5円玉・十円玉・50円玉・100円玉・500円玉です。500円玉はマジシャンの要望が多く、アメリカの1ドル硬貨サイズに近い大きさになったようです。紙幣は、千円札・2千円札・5千円札・一万円札です。

  ご承知の通り貨幣に故意に傷をつけたり、落書きをしたりするのは、一般的に貨幣損傷等取締法で犯罪とされています。

  一時期ニュースでも話題になりましたが、日本のコインに穴を開けたり、曲げたりするのはマジックの目的でもNGです。

  しかし落書きに関しては、厳密に記述されていないので、軽くサイン程度であればOKかもしれません。いわゆるグレーゾーンです。

 紙幣はどうでしょうか・法律的には「行使の目的で、通用する貨幣、紙幣又は銀行券を偽造し、又は変造した者は、無期又は三年以上の懲役に処する。」とあります。

 これは行使の目的でという但書がありますので、逆を言えば行使の目的が無ければ罪には問われないと解釈してよさそうです。

 ということは、紙幣を破り捨てようが落書きしようが使いさえしなければ問題はなさそうです。

  くれぐれも落書きをした紙幣を銀行などで交換を要求しないようにお願いします。最悪の場合はその場で逮捕になりかねません・・・

  さて今日もレモンから千円札を出現させましょうか・・小澤

 

 

| | コメント (0)

2015年6月15日 (月)

大野雄斗君 アナウンスコンテスト最優秀賞おめでとう

 本日6時、NHKテレビのニュースを見ていたら、刈谷市内で開催されたアナウンスコンテスト県大会に於て、最優秀賞受賞として明和高校3年生「大野雄斗」と字幕付きでニュースが流れていた。

 一瞬目を疑った。名古屋華マジカルグルー会員の彼は、とても静かな高校生だ。お母さんも司会業をしているとは聞いていが、まさかと信じられなかった。

 何はともあれ、本人におめでとうと祝の電話をした。8月には東京NHKで全国大会があるとの事であった。将来の夢はアナウンサーを目指しているのだそうだ。

 隠された趣味としてマジックが上手いアナウンサー、夢が実現出来たら素晴らしいですね。名古屋華マジカルグループ皆が応援しています。

                     M・O

| | コメント (0)

2015年6月14日 (日)

マジックを見せるタイミング

 マジックを覚えたてのころは、マジックを見せたいのだけれど、どういうタイミングで見せたら良いのか分からなかった。

  私の尊敬する、あるお笑いの人に教えてもらったのが、「先日、マジックを見せるバーに行った時、一つマジックが出来るグッズを買ってきたんだけど、意外とおもしろいですよ。良かったらお客さん役をやってくれませんか」と言うと自然でいいよー、ということです。ぜひ、このセリフを活用してください。

  お客さん役というのがポイントで、役だったら演じるだけなので結構、驚いたり喜んだりするフリをしていただけます。

  覚えたてのマジックは成功しても失敗してもいいと思います。その場が盛り上がれば、「どうなってるの~」と聞かれた可愛いいお客さんなら自慢げに種明かしをして仲良くなるのもいいですよねー。

  でもマジックの種を知るのはとても残念なことだけは教えて差し上げてください。自分で演じてみたい人には良いのですが、そうでないとせっかくの感動が台無しになってしまうこともありますから・・ 

  先日レクチャーを頼まれて、多治見でご家族レッスンをしてきました。 なかなか渋い喫茶店でしたがよかったです。

             小澤

Cimg0352_2

| | コメント (0)

2015年6月12日 (金)

マジックと手品

  マジックは外国の手品ぐらいにしか思っていなかったですが、マジックと手品には違いがあるらしい。

  マジックとは魔法という意味の英語で、紀元前800年にメディア王国の6つある部族の1つであり、不思議な力によって人々を服従していたマギ族が始めたとされています。 そのことからマギ族のmagjがmagicの語源だといわれています。

  儲けるためでなくて政治的に利用するための魔術でもありました。 つまりマジックとは、種のまったく分からない魔法のようなものを指すようです。

  手品とは古来、日本では手妻や品玉などと呼ばれており、それがなまって手品と呼ばれるようになったということです。 手品にはトリックや仕掛けという意味がありネタがあるもののことだそうです。 巧みな手さばきと道具によって人の目を撹乱し、注意をそらせる奇術だそうです。

  つまり、人を浮かせたりする魔法のようなものをマジック、手先の器用さが重要となる小技的なものを手品といったり、お金を取らないものをマジック、お金を取るものを手品と言ったりします。

  ステージ上でやるような大きなものをマジック、テーブルなどでお客様の前でやるのが手品と言ったりもするようです。

 なんだかよく分からなくなりました。 しかし、現在ではこれらの意味合いで使用していない場合も多々あります。 少しの違いかもしれませんが、マジックや手品をなさるのでしたら知っておきたい豆知識ではないでしょうか。 「それはマジックではなくて、手品だ」といわれてしまうと種のある奇術という意味になる場合もあるみたいですのでくれぐれもお気を付けくださいませ。

     小澤

 

Cimg9867

| | コメント (0)

2015年6月11日 (木)

奇術の祭典

 7月7日(日)は関西奇術連合会による「奇術の祭典」が、メルパルクホールでありました。関西地区約50マジッククラブの中で、14クラブ代表者によるマジックショーでした。

  例年案内状を送って頂くので行ってきました。出演者は選考会の審査をを経て出演をしておられるのだそうです。

  この奇術の祭典は、単一マジッククラブの発表会と違って、関西地区各クラブを代表する出演者で毎年14前後のクラブが担当出演しており、其々の出演者の演技の完成度が高い。

  今後の名古屋華マジカルグループ発表会に於いて、演出、照明、音響、進行など参考にしたいと思って勉強に出かけています

  今年も演技面で、取り入れたいと思うところが多々ありました。ベテランと思われる出演者は、堂々と演技していました。

 終了後、出演者の方々や、来賓として他府県から参加しておられる皆さんと情報交換が出来て、とても有意義な一日でした。

                         M・O

| | コメント (0)

2015年6月 9日 (火)

ジャパン・カーディシャン・スクール(JCB)

「日本のマジシャンは誰?」という問いに対して、私が答えるのはいつもミスターマリックさんです。超魔術やハンドパワーを作り上げたスーパーマジシャンです。

  マリックという名前は「マジック」と「トリック」を合わせた造語で、松尾幻燈斎や栗間太澄という別名も持っているそうです。「くりまたすみ」は「みすたまりく」を逆さまにしたものらしいです。

  マリックさんが実施していた学校がありますJCSです。ジャパンカーディシャンスクールです。卒業生が2000人を超えたということです。この度、マリックさんのネットチャンネルが開設されました。

  マジックの基本はカードですとマリックさんは言っています。私もそう思います、変化・消失・予言・読心等すべての現象がカードを通して行えます。こんななんでもできるマジックアイテムは他には存在しません。自分で話をして自分でテクニックを駆使して演じていく、素晴らしいアイテムです。

  そうそうJCSの教科書の講師は桂川新平さんが実施しています。ネットでマリックさんから個人教授が出来るなんてユメのようですね。

 無理にとはいいませんが是非登録をしてスーパーマジシャンをめざしたいと思います。

               小澤

Photo_2

 

 

| | コメント (0)

2015年6月 7日 (日)

優れた3人のカードマジシャン

 たとえばカードマジックの第一人者としてだれが思い出されますでしょか。

  私が考える日本を代表するカードマジックの名手3名は、桂川新平さん、丸山真一さんそしてArsさんでしょう。

  皆さんおなじみの桂川新平さんは、日本を代表するカードマジックの名手で、クラシック音楽とカードマジックを融合させたスタイルは海外でも高い評価を得ています。

  マジックキャッスル出演やスペインのマジックフェスティバル出演のほかに、ミスター・マリックお墨付きで全国区のテレビに出演するほど有名です。

  最近La Campanella(ラ・カンパネラ)を立ち上げ本格的にプロ活動が忙しくなってきたようです。

  丸山真一さんは、皆さんも一度は足を運んだかも知れませんが名古屋のマジックバーTRIANGLE&CO.のプロデューサー、マジシャンですが、そのカリスマカードマジックはテレビでも何度か紹介されていますね。

  練習量が半端ありませし、目の前で見られるカードマジックには度肝を抜かれます。

  もちろん新平さんと同じくマジックキャッスルメンバーです。

  そんなお二人がすごいというマジシャンが大阪マジックバーA-omoroの看板マジシャンArsさんです。

  ラテン語の「ARS」は技術を意味し、特にテクニックを使ったビジュアルなマジックを披露してくれます。

  中でもフラリッシュは国内随一との評判です。手品屋主催のミスター・マリックさんのレクチャで桂川新平さんとアルスさんとがレクチャーしていたのは記憶に新しいと思います。

  先日、大阪でArsさんの技を真近で拝見してきました。神業です。

 マジックの種がどうとか、テクニックがとうとは、もうどうでもよくなってしまうぐらいの神業です。

  そして、三人に共通するのが、寝てる以外はカードに触っているくらいの練習量と独学で築き上げた自分独自のマジック領域だと思います。

  私達も独自のマジックワールドを築くように練習に励みたいと思います。

         小澤

Cimg1768

| | コメント (0)

2015年6月 5日 (金)

北海道マジックコンベンションに参加して

 5月31日、北海道マジックコンベンションが、札幌市教育会館ホールでありました。名古屋華グループから講師と私のゲスト2名とTコンテスタント1名の3名で参加しました。

 マジック道具が3人分なので、車に積んで敦賀港から苫小牧までカーフェリーで行くことにした。名古屋から敦賀まで車で約1時間半、カーフェリーで19時間30分で下船、苫小牧から札幌まで一時間半、ようやく夜9時ごろホテルに着きました。

 前日の5月30日は、18:00から、テレビでお馴染の「ドクターレオン」のレクチャーが札幌エルプラザでありましたが、残念ながら到着時刻の都合上、間に合いませんでした。

 本番当日は、ホール開館9時までに到着。入館後主催者及び関係者にご挨拶して準備に入りました。すぐ側で、コンテスタントの若き男性も準備中でした。名古屋華マジカルグループTコンテスタントは「お椀と玉」、似たようなカップ&ボールのようでした。

 しかし、彼の説明ではぬいぐるみのウサギが、カップ&ボールをやるのだそうで、道具作りに工夫とアイデアがたくさんありました。これはグッドアイデア等と話し合っていたが、やはり彼がコンテスト順位一位となりました。

 Tさんも道具作りなど奇想天外な工夫と努力に感心していましたが、残念ながら入賞出ませんでした。今までの努力と気力を次へのステップに繋げて、更なる展開へとなるように楽しみにしています。

 いよいよ、ゲストショーですが会場は満席です。北海道の友人知人も来られて、私も程よい緊張感に包まれていました。「ゲン・バラエティーショー」そして「みずほ」の演技後「ドクター レオン」ショーでした。控室同室の「ドクター レオン」さんとは共演3回目、親しみをこめてお土産頂いたりお話が出来て楽しい思い出となりました。

 フィナーレでは、ゲストでただ一人、地元の有志からの立派な花束を頂き感激でした。北海道の出演は、以前にワールドマジックショーで「ジュリアナ・チエーン」との共演や、発表会ゲスト等ご縁の深い御当地であります。

  翌日は、地元の文化交流や国際交流にご尽力しておられる方のご案内で、最近開校された江別語学学校や、先日逝去された町村国会議員のご兄弟経営の町村牧場へご案内いただきました。

新しい語学学校は最新のハイテク設備を整えた、立派な学校でした。江別市から一人でも多くの国際人として世界に羽ばたいてほしいものです。

 ゲスト、コンテスタント、出演者の皆様、主催者及び関係者の皆様お疲れさまでした。そして、ご多忙の中、ご来場いただきました観客の皆様本当に有難うございました。

                     大曽根 みずほ

 

| | コメント (0)

2015年6月 4日 (木)

ジュニアマジシャン・ビデオコンテストの紹介

 テンヨーでは毎年、17歳までのジュニアマジシャンを対象にした「ジュニアマジシャンビデオコンテスト」を開催しています。

  これは自分の演技を録画して気軽に応募できるコンテストとして今年で14回目となり、今年もその募集が始まりました。

  小さなお子様がご家庭で演じるマジックから、高校生による本格的なス...テージマジックまで、全国から幅広く募集しています。

 マジックの技術だけを評価するのではなく、若い自由な感性で、マジックを楽しんでいるかということも評価の対象になっていることが大きな特徴です。

  14年の歴史の中では、いままでこのコンテストで受賞した方が今やプロマジシャンとなって活躍されていることも多く、ラスベガスなど世界で大活躍中の原大樹さんをはじめとして、たくさんの方がマジックの世界で研鑽を積まれています。
 

 年々応募者の数は増えており、マジックを覚えたり、技をみがいたり、楽しんだり、がんばっているジュニアマジシャンを勇気づけるコンテストとなっているかもしれません。

  そしてこのコンテスト、気になるのは賞品ですが、毎年、グランプリの方への副賞として「旅行券3万円または手品百科事典ターベルコース・イン・マジック全8巻」なんだそうです。

   ターベルコース・イン・マジック全巻、マジシャンなら分かる人は多いでしょうが、この本は既に絶版ですので、新品を入手できるのはこの機会しかないかもしれません。

 
 
 そして、この副賞のために確保していたものも、いよいよ無くなって、今回がラストチャンスだそうです。

  全国のジュニアマジシャンのみなさん、ぜひご応募をお願いします。応募方法に関して、従来は演技を記録した映像メディアをお送りいただいていましたが、今年からはYoutubeでの投稿でもよいそうです。ITですよ。情報化社会ですよ本当にすごい世の中になってきました。

  以前にもまして気軽に投稿ができるようになりましたので、下記URLの募集要項をご覧のうえ、どしどし応募するといいと思います。

  第14回ジュニアマジシャンビデオコンテスト 募集要項↓
 http://www.tenyo.co.jp/magic/a.html

  あっと、名古屋華MGでは対象者が少ないかもしれませんねー

 私もそのひとりですが、若者育成にも協力していきたいです。

       小澤

 

 

| | コメント (0)

2015年6月 3日 (水)

マジック交流会 ②

 熱田神宮の散策が終わり、12:30~13:30までジョイサウンド金山店にて昼食タイムでした。

 3 3名の座席はくじ引きで皆さんがバラバラになるように各テーブルに座ってもらいました。

 先ずはM先生の挨拶(要約すれば早くも交流会を始めて10年・・・今日は大いに楽しみましょう)

  そしてK先生の乾杯の音頭でスタートしました。ただ単に昼食会では面白くないということで、各テーブル単位での自己紹介をしてもらった。その内容は、

1)お名前 2)手品を始めたきっかけは 3)手品をやっていて良かったと思うことは 4)手品以外の趣味はありますか 5)その他自己PRをしてください

 以上2分以内でお願いします。ということで交流談話として各テーブル毎に盛り上がりましたのであります。な~んでか?テーブルには料理の前にビールがドーンと並べられたのであります。乾杯終了後、先生方はじめ皆さんグイグイとビールを飲み始めたではありませんか・・・あれ!あれ!演技の前に飲んじゃっても良いの?私はこのあと司会と演技があるのにどうしようと思ったが、今日はお祭りだ!え~い!!飲んじゃえ・・・てなことで各テーブル毎に赤鬼が誕生したのであります。

第1部はキラリ会の皆さんの演技

 *家康 公  生誕 400年祭 で姫4名浴衣を着ての登場です。音楽に合わせての踊りでした。

  1)岡崎祭り・・・羽織ぬけ 2)うさぎの首 3)大型レコード盤 4)お札とコイン 5)バルーン人形

  花出し、シルク、ケーキの出現 6)消えるトックリ 7)予言の色当て 8)衣装替え、ジャンボリング 9)姫たちの羽織ぬけ・・・羽織の代わりに姫を使っての羽織ぬけ 10)傘出し、シルクの連結

  約1時間の演技で、楽しく!楽しく!見させて頂きました。ありがとうございました。

  会場内は爆笑と拍手で大いに盛り上がりましたね。良かった!良かった!

第2部 モリック教室&手品同好会の演技

  1)レコード盤の不思議&シルクの連結 2)フランスパン 3)3本リング 4)バラの開花・分裂花 5)新聞紙からシルク・風船の不思議 6)ロープ赤玉の移動&パワーストーン 7)6本リング 8)シルク&シルク 9)ホタル&ゾンビボール 10)カードの消滅、復元&タンバリン 11)レコード シルク&ロープ 12)箱出し・紙浮遊 13)シルクいろいろ 14)簾&傘だし 15)ファンカード他

  最初の頃を思うと、皆さん(先生と私を除く)上達しているのにビックリ仰天でございます。

  岡崎キラリ会の皆さんから大いに刺激を頂いて、これからも上達に向けて頑張りたいとモリック教室一同、手品同好会一同思っておりますので、キラリ会の皆様よろしくお願い致します。

第3部 全員集合・・・・カラオケ&ダンスで楽しもう!!

 さて、さてこれから飲むぞ!! 歌うぞ!!ダンスだぞ!!で、これもまた大いに盛り上がりました。

  皆さんは、さすが芸達者で歌も踊りも上手い、上手い、感心するばかりでございます。

  最後に第10回の交流会、お陰さまで楽しく過ごさせて頂きました。皆さまに心から感謝申し上げます。 来年を楽しみにしているよ~~~~では、バイ、バイ・・・・・

 

M.W

Img_1328

Photo_2

 

 

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »