« マジックの現象分類 | トップページ | マジックとの出会い »

2015年6月19日 (金)

江別ライオンズクラブでマジック披露

北海道江別に私の義理のおじがいる。4月東京でお会いした時、同じライオンズクラブの関係上、北海道に来てライオンズクラブの集まりの場でマジックをとの依頼を受け引き受けた。

北海道と名古屋華マジカルグループの関係は、以前よりバーディーコヤマさんとお付き合いがあるらしく、元先生、みずほ会長が札幌のマジックコンベンションでゲストとして出演している。

本年も531日コンベンションに出場されるので江別のおばに花束を贈呈してくれる様お願いした。そのお礼もかねてお宅にも伺った。コンベンションは満員の入場で友達と5人ほどで鑑賞しとても喜んでおられた。

本題に入る前に、江別ライオンズクラブを紹介すると、今回の例会は1131回目と伺った。50年近くの歴史がありいろんな功績を残してきたことが伺える。私のおじが会長だった頃は桜を種から育てて境内に寄付したそうだ。

さて私の演技だが、介護施設訪問も同様だが発表にはいつも私なりのオリジナリティーを取り入れている。今回は2つ加えた。一つは1131回目を祝った新聞マジック。2つ目は江別ライオンズ即席マジシャンの育成だ。

30分独演。30名ほどの夕食会時に行った。予定していたプログラムは、新聞、シルク、うどんetc7種行った。開演30分ほど前、5人集まってもらい、にわかづくりのマジシャン候補をそろえてもらい、サムチップを特訓した。これはニューヨークでのライオンズクラブで披露した時、同じことをやって受けたので自信があった。

皆さん良くやられ、一番受けたが、次回の例会は本年度最後の例会でアルコールが入ると思われる。話題は間違いないが、次回もサムチップの再演をやって盛り上がってもらいたいと思っている。

ここでマジッククラブを作れば5人以上集まると思う。一般人も募集すればライオンズ会員もふえて一挙両得と思っている。

浜松では実践して皆さんの認知度も上がり会員増強につながり鼻が高い。こんな事で遠い北海道でのビックイベントを終え、観光を兼ねて帰路に就いた。

     馬車馬のNK

Photo

|

« マジックの現象分類 | トップページ | マジックとの出会い »

イベント参加レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マジックの現象分類 | トップページ | マジックとの出会い »