« 大野雄斗君 アナウンスコンテスト最優秀賞おめでとう | トップページ | イーブネットフェステバル2015 »

2015年6月16日 (火)

お金のマジック

 お金のマジックは万人受けが良いですが、法律的な問題も多いようです。

  日本の通貨の場合、貨幣と紙片があります。今流通している貨幣が一円玉・5円玉・十円玉・50円玉・100円玉・500円玉です。500円玉はマジシャンの要望が多く、アメリカの1ドル硬貨サイズに近い大きさになったようです。紙幣は、千円札・2千円札・5千円札・一万円札です。

  ご承知の通り貨幣に故意に傷をつけたり、落書きをしたりするのは、一般的に貨幣損傷等取締法で犯罪とされています。

  一時期ニュースでも話題になりましたが、日本のコインに穴を開けたり、曲げたりするのはマジックの目的でもNGです。

  しかし落書きに関しては、厳密に記述されていないので、軽くサイン程度であればOKかもしれません。いわゆるグレーゾーンです。

 紙幣はどうでしょうか・法律的には「行使の目的で、通用する貨幣、紙幣又は銀行券を偽造し、又は変造した者は、無期又は三年以上の懲役に処する。」とあります。

 これは行使の目的でという但書がありますので、逆を言えば行使の目的が無ければ罪には問われないと解釈してよさそうです。

 ということは、紙幣を破り捨てようが落書きしようが使いさえしなければ問題はなさそうです。

  くれぐれも落書きをした紙幣を銀行などで交換を要求しないようにお願いします。最悪の場合はその場で逮捕になりかねません・・・

  さて今日もレモンから千円札を出現させましょうか・・小澤

 

 

|

« 大野雄斗君 アナウンスコンテスト最優秀賞おめでとう | トップページ | イーブネットフェステバル2015 »

マジック・雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大野雄斗君 アナウンスコンテスト最優秀賞おめでとう | トップページ | イーブネットフェステバル2015 »