« 第27回サマーセミナーでマジック講座を担当 | トップページ | サーストンの3原則の補足 »

2015年7月23日 (木)

浜松学院大学同窓会総会懇親会に出演

  3か月程前に浜松学院大学総会時の懇親会に出演依頼があり、内容が私にとっては大きなイベントであった為、ありがとうございます程度で重要視していなかった。

 

それが突然プロモーターと代表会長が打ち合わせをしたいとの事でびっくり。予定していた旅行を延期して打ち合わせに臨んだ。

 

選ばれた理由は2年前浜松で行われた「お笑いフェスタ」で安来節マジックの演技で優勝したことが発端らしい。今までも出演依頼は2,3あったが町内会のお祭り程度で、大きなイベントへの出演依頼でびっくり。

 

 

これを機会に今後積極的に浜松の仲間にアッピールしたいので今の心境を綴りたい。

 

  まずは出演内容を記述すると、2組40分公演で1人20分。通常長時間マジック公演になると、デーラーショー的なマジックになり一貫性がなく、散漫とした演技になり私は嫌いだ。

 

そこで相手側と話し合い、10分ずつ4本を提案し、衣装替えを含めて「変形中華蒸籠」と「新型安来節」を披露することとした。

 

  今までの祝宴の場では、観客仲間同士の私語の会話が多く、注目度は50%ぐらいの人が関心を持ってくれればと思っていた。ところが、開演直後の演技のおかげか、拍手と注目度が発表会の如くの反応で、3日間ビデオを使って練習した成果が表れ、満足して終ることが出来た。

 

今の目標は全て「コンテスト優勝」の2文字につながる。今年11月東京でのコンテスト出場を予定している。今回の演技もコンテストと思って練習もしたが自分の評価は50点程度でまだまだと思っている。

今後も予定として3,4回宴席での出演依頼を受けているが、できるだけ安来節マジックを含めた演技をしたいと考えている。

 

8月名古屋華マジカルグループ合宿の席?で皆さんにマジシャンの目で評価して頂き、改良を含めて皆さんに認められる様優勝を目指して努力したい。

こんな目標を持てるまで指導してくださった関係者に感謝です。

 

 馬車馬のNK

 

00003_capture

00004_capture_2

|

« 第27回サマーセミナーでマジック講座を担当 | トップページ | サーストンの3原則の補足 »

イベント参加レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第27回サマーセミナーでマジック講座を担当 | トップページ | サーストンの3原則の補足 »