« 浜松奇術連合会22回発表会 | トップページ | カードマジックーファンの話 »

2015年7月 3日 (金)

長野マジック発表会に参加して

 6月28日(日)長野マジック第8回発表会があった。私と名古屋華マジカルグループ副会長と会員数名で午前9時発の「特急しなの」で長野迄行ってきた。前日の土曜日は、グループの活動拠点となっている「イーブル名古屋」でオープングループ活動デイであった。

 前日のオープングループ活動デイは、早朝より準備に追われ少々疲れ気味でしたが、一晩ぐっすり眠ればもう大丈夫。当日は昨日の疲れも忘れて、一年ぶりの長野マジック会員達のステージを思い、わくわくした気持ちで出掛けた。

 ゲストは島田傘やイリュージョニストの[ASAMI]でした。スタートしたショーは素晴らしかった。会員達のショーのプログラムの演出も良かったが、何といっても山上兄弟を思わせるような、小学生と高校生の兄弟一人ひとりの演技が際立っていた。若者らしいスピーディな演技、そして訴える笑顔が素晴らしかった。

  会長ご夫妻の共演、ラブストーリーを思わせるような演技は、毎年話題となっているが、今年も軽いステップで登場の二人に会場から盛んに拍手が送られていた。他、若い青年のフローティングテーブルの演技も、とても好印象であった。

 終了後は、例年のように駅前のメルパルクで打ち上げがあり、名古屋華グループは参加させていただいた。今回も他府県からの来賓が多かった。東京方面や、仙台マジッククラブの会長ご夫妻もお見えになり交流を深めた。

 名古屋華マジカルグループとしては、来年4月10日(日)名古屋芸術創造センターに於いて「名古屋華フェステバル2016」を企画している。その旨を打ち上げ会場の皆様にご紹介してご来場をお勧めした。勿論、社交辞令かもしれない?が、是非行きたいと言って下さった。お迎えする以上は、それなりの準備してお迎えしたいものだ。

 最終19:40「しなの」に飛び乗り帰路に就いた。自宅到着は23時。二日間のイベント行事に、少々疲労感もあったが学ぶべきところ多く、充実感に包まれたハッピーな日々であった。長野マジックの皆様、お世話になりました。お疲れさまでした。

                               (M・O)

|

« 浜松奇術連合会22回発表会 | トップページ | カードマジックーファンの話 »

イベント参加レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浜松奇術連合会22回発表会 | トップページ | カードマジックーファンの話 »