« 長野マジック発表会に参加して | トップページ | 第15回中部奇術連合講習会 »

2015年7月 5日 (日)

カードマジックーファンの話

 マジックの出現現象には鳩の他によく使われるものがあります。なんでしょうか?

  そうです、トランプ(カード)です。何もない手から次々とトランプが出現する不思議を見たことのある人は多いと思います。ミリオンカードと言われています。

 しかしこのミリオンカードですが和製英語だったのです。英語ではカードマニュピレーションといいます。

  カードを扇状に広げると綺麗に見えます。ファンといいます。ファン専用のトランプが市販されています。ファンカードです。

 ファンにもいろんな種類がありました。正ファン、逆ファン、片手正ファン、片手逆ファン、両手正ファン、両手逆ファン、S字ファン、ジャンボ・ファンなどです。

  ところで皆さんカードを逆に広げると数字とスート(マーク)が見えなくなることは経験されてますでしょうか。なんと、カードは右利き用にできているのです。

  わざと見えないように広げて行うマジックネタもありあますが、左利きの人にとっては通常のカードではやりづらいかもしれません。左手用のハサミがあるようにカードにも左利き用のカードがありました.

  プロで左利きのマジシャンがいないのか調べてみました。すると名古屋華に来ていただいた緒川集人さんがレフティでした。他にアメリカのプロマジシャン、リー・アッシャーさん、ビル・マローンさんもそうでした。

  ピアノと一緒でマジックも左利きが有利なんでしょうか、今度ロスへ行った時に集人さんに聞いてみたいと思います。

          小澤

M102

H0025

|

« 長野マジック発表会に参加して | トップページ | 第15回中部奇術連合講習会 »

マジック・雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長野マジック発表会に参加して | トップページ | 第15回中部奇術連合講習会 »