« 春日井のデイサービスでマジック | トップページ | 誕生日当てマジック »

2015年7月16日 (木)

伊勢ヶ濱部屋・朝稽古

 大相撲がスタートして間もない4日目の7月15日朝7時半、近くにある伊勢ヶ浜部屋宿舎の朝稽古を見に行ってきた。

 稽古場の土俵脇には、名古屋華グループ顧問名前の寄贈と書いた、安美錦と照ノ富士の幟がそよ風にたなびいていた、

 名古屋華マジカルグループは、近年千秋楽打ち上げ式のアトラクションでマジックショー担当している。

 今日は会員のYさんが例年のように漬物の差し入れをしたいと申し出があったので一緒に出かけた。

 宿舎の調理場へ行き、白菜漬けけと奈良付けを渡した。いつものように帳面があって、住所名前と差し入れの品物を書いた。

 私たちの前の人の差し入れの品物を「ちらっ」と見たら、「えのきたけ一箱」「プリンひと箱」「ビール1ケース」「酒2本」等々、差し入れはその人の[志]の差し入れでもあるのだと思った。

 その後は、黒いまわしの若い力士たちの朝稽古を見た。途中から誉富士、宝富士、安美錦、照ノ富士は各々白っぽいまわしで出てきた。

  しこを踏むなど基本的な練習をしていたが、「ぶつかり稽古」はもうすぐで見たかったが、急いでいたので帰ることにした。

 どの力士も真剣そのものだった。怪我の無いように祈るばかりだ。千秋楽のアトラクションでは、照ノ富士大関昇進祝等の祝のシリーズで演じるつもりである。

                        M・O

|

« 春日井のデイサービスでマジック | トップページ | 誕生日当てマジック »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春日井のデイサービスでマジック | トップページ | 誕生日当てマジック »