« イーブルなごや・フェステバル2015・オープングループ活動ディ  | トップページ | 長野マジック発表会に参加して »

2015年7月 2日 (木)

浜松奇術連合会22回発表会

去る6月28日浜松南部協働センターホールにて奇術発表会が開かれた。

 

今回の発表に当たって新役員は、今迄と異なり発表のレベルを上げ、見に来て頂く人に感激してもらい、来年も盛大にやりたいと目標を掲げた。その為には来て頂くマジッククラブの人を対象に、努力している姿を感じてもらう様、頑張った。

 

 具体的には、

 

1. 混合チームの為今までリハーサルを行ってこなかったが3回も行った。

 

2. 我チームは、名古屋華マジカルグループのG先生に指導を受ける為、名古屋まで行って指導を乞うた。

 

3. 他のマジック発表会をできるだけ観て学ぶ。etc

 

会の高齢化でクラブの存続が危うい中、皆さん危機感を持って臨んだ。又来て頂けるお客さんに「感激した!マジックを習いたい」と思って貰える様広報の方も努力した。

 

 

 当日を迎えたが用意した椅子がすぐ満席になり補助席を用意する羽目になりうれしい悲鳴。150名収容が200名近くになりドアーも開かなくなる始末。

 

 

 内容は皆さん本番に強い。高齢化の強みと思う。上がるよりファイトが湧いて練習以上の出来だと思った。反応として観客とステージの一体感があり拍手の多さにびっくりした。アンケートも用意したので結果集計が楽しみだ。

 我がクラブは私を含めて7名参加したが、1年足らずの練習にも関わらず10年選手と引けを取らずできたと思っている。クラブの皆さんも今後の練習に熱が入る事を希望する。

 

 

 残念なのは今回の発表者で女性は1名。何ともちぐはぐ。女性会員を募らなくてはならない。反省点も多々あると思うが、皆さんの努力で近年にない充実感を得た。今回の発表会が飛躍元年の年だったと思える様、来年に向けて練習に励みたい。

 

 

 

                   馬車馬のNK

Photo

2

|

« イーブルなごや・フェステバル2015・オープングループ活動ディ  | トップページ | 長野マジック発表会に参加して »

例会・講座・発表会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イーブルなごや・フェステバル2015・オープングループ活動ディ  | トップページ | 長野マジック発表会に参加して »