« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月28日 (月)

第2回 南極マジックショー

 南極観測船ふじの展示30周年記念・建造50周年の記念イベントが7月25日(土)~10月25日(日)の期間で行なわれている。

 南極関連イベントは、

①「南極教室」・・・南極観測隊員によるお話、エンペラーペンギンのお話、昭和基地とのテレビ交信(8/22終了)

②「南極のお宝展」・・・これまでに南極に行った観測隊員や乗組員のお宝を展示(話によると展示品の中には超高価なものがあり保険をかけているようだ。どの展示品かは分からない。残念!!)

③「ふじの時代」・・・記念講演会&パネルディスカッション(10/18

④「南極トーク」・・・私のお宝を語る&南極マジックの会 等 豊富な企画内容になっております。

 お宝展の中には、王 貞治さんから南極隊員に向けての激励の電報がありました。又、南極から持ち帰った石に宝石のガーネット(1月の誕生石で赤色・・・真実、友愛、勝利ということらしい)が入っていると聞きビックリ仰天でございます。

 第1回の南極マジックショーは8月16日(日)に行われ、第2回のマジックショーは9月16日(土)・・・今日・・・開催しました。第1回の演技者は6名、今回2回目の演技者は7名で日頃の成果を披露しました。

 私は、教室の講習内容を取り入れたものを含めてロープ&リンクを披露したのでありますよ・・・・・教室の皆さんは上達が早く、習得するのに時間がかかると言われている6本リンク、3本リンク、ゾンビ等々それぞれの個性をもって元気よく演じておられました。感心!感心!でございます。

 演技終了後、先生のレクチャーで「①輪ゴムの移動②一万円札の福沢諭吉がひっくり返る(ご心配なく!一万円札は玩具銀行だよ)③2つのクリップが一瞬にして繋がる」3つの手品をやりました。

 超満員のなかで観客の皆さん、真剣そのもので「え~、どうやってやるの!」「あー、できた・・・出来た!」等々、悲喜こもごもでしたが教室会員の応援もあり喜びと満足の中で、無事終了しました。

 参加頂いた観客の皆さん、有難うございました。お陰さまで成功裏に終えることができました。そして、今回演技をされた皆さん、司会・道具だし・音楽担当の皆さんお疲れ様でした。

 次回は10月11日(日)に南極マジックショーがあります。当日演技をされる方、私を含め裏方の方一緒に頑張りましょうね・・・・・

それでは、皆さんお元気で・・・・・・

                      鍋の華

Img_1455

Img_1458

Img_1459

Img_1466

| | コメント (0)

2015年9月27日 (日)

シャボン玉イリュージョンショー

 9月19日(土)に10:30から平針ハウジングセンターでシャボン玉イリュージョンがあるので見に行きませんか・・・の誘いがあった。

  シャボン玉かよ!!一瞬、子供の世界に飛び込んだが、好奇心の強い奴もいるものだと思いながら一緒に見に行った・・・それはひょっとしたら、手品に使えるヒントがあるかも知れないという期待感があったからであります。

 イベント広場の会場であるが、親子連れで超満員・・・へ~シャボン玉って結構人気あるんだ・・・びっくり仰天でございます。

  最初は、小さなワッパ(フラッパー)から小さなシャボン玉が無数に宙に飛び交う、四角いフラッパー、ハート型のフラッパー、ジャンボなフラッパー等々を使って其々の形のシャボン玉が作られ風に乗って宙に舞うシャボン玉は夢を運んでいるようでしたよ。

 その中で、フラッパーの代わりに鎖2本を使ってのシャボン玉作りでこれは見事でありました。・・・「おい!おい!」これ手品で使えるかも知れないね・・・てなことで、どうなるか分からないけど考える価値はあるかもしれないね・・・

  シャボン玉液の作り方は台所用洗剤(チャーミーV・ジョイなど)+せんたくのり(クラノール)+水で配合は1:5:6.5で混ぜ合わせ、砂糖かグリセリンを少量くわえるといらしい。

  レインボーボール・・・風に向かってゆっくり振ると長~いシャボン玉が次から次へとこんにちは!!

  マスカットボール・・・フラッパーの膜の真ん中を吹くと、小さなこどもシャボン玉がたくさん飛び出すんだって。

  パイナップルドリーム・・・シャボン玉をフラッパーで上からつかまえて真んきかけると

 シャボン玉の中にシャボン玉が出来るんだって。

  フラッパーは針金で輪を作り4色のモールを巻いて作るんだって・・・

  シャボン玉ショーは通常であれば見にいかないが、好奇心が強く手品に真剣に取り組んでいる○○さん、誘ってくれてありがとう勉強になりました。

 鍋の華

Img_1434

| | コメント (0)

2015年9月25日 (金)

イスラム圏でマジックショーの体験

 一年以上も前の事であるが昨年4月、私は中近東のアラブ首長国連(UAE)を10年ぶりに訪れた。ここにはアブダビ日本人学校があり、三年間在職していた。

 アブダビはUAEの首都であり、隣にかの有名なドバイの街がある。国土の殆どが砂漠である。日本人学校の児童生徒は小学1年~中学3年及び幼稚園児である。子供たちの保護者の職業は、殆どが石油関係の仕事か商社勤務である。

 私は折角訪問するので、事前に学校長(三重県出身)に訪問の日時を知らせ、子供たちにマジックを見せて良いかの確認を取ったところ快諾を得た。

 今はセントレア~北京経由出アブダビの直行便がある。便利になったものだ。早朝、アブダビに着くと4月というのに長袖では暑い。(7~8月は気温が50度になる。)街中は、以前に比べ車が増え、横断歩道の信号が短く一苦労。

 初日金曜日は、イスラムの安息日で学校は休みの為、場所の確認にとどめた。学校が手狭になった為、町の中心部に移転していた。

 翌日、9時半に学校に到着、学校長の出迎えを受ける。校長先生より学校経営の様子を聞きながら、14年前の苦労を思い出していた。

 私が在籍していたときと違うのは、現地の子供(イスラム教徒ームスリムの子)が日本人学校に入学してくるという事だった。この原因は、日本の教育の素晴らしさがUAE社会に浸透してきたためだと考えた。私が在職中はこんなことはなかった。

 そうこうするうちに、教頭先生の「準備ができました」というう声でホールへ。ホールへ行くと約60名の全校児童生徒が静かに待っていてくれた。私は子供の顔を見ながら、自己紹介をした。全体を見渡すとなるほど、明らかに日本人ではないという子供たちがいるではないか。

 音楽が流れ出すと、それに合わせ私はマジックを始めた。子供たちの反応を見ていると何が始まるだろうというわくわくした顔をしていた。あまり道具の要らないシルク系のマジックを中心に披露したところ、食い入るようなまなざしで、シーンと見入っていた。

 一つ一つの演技が終わるたびに、大きな拍手がくるではないか。現地の学校では、多分音楽に合わせて何かをするということはないので、ムスリムの子にとっては、きっと珍しいな、不思議だなと思ったのではないか。先生たちも、きっと同じ感覚で見ていたことだろう。

 終わると更に大きな拍手が起き、生徒会会長のお礼の言葉で終わった。「先生もう一度アブダビに来て下さい。もう一度マジックが見たいのです。」会長のあいさつの言葉だった。

 たった25分ぐらいの時間であったが、私にとっては貴重な体験であった。UAEでは、「日本週間」という日本の文化を紹介する催しが文化センターであり、茶道・華道・剣道等が紹介されたことがある。

 今後「名古屋華マジカルグループ」がこういう行事に参加出来れば素晴らしい文化交流が出来るのではないかと考えた。UAE大使館に働きかけて、実現したいと考えた次第です。

                    (I・N)

| | コメント (0)

2015年9月24日 (木)

敬老会でマジック

 今日は敬老の日だそうです。
 本来の年寄りとは知識と経験の豊富な人のことであったようです。いつからあまりいい意味で使われなくなったのだろうか・・

 江戸時代は、御年寄(おとしより)は、江戸城大奥女中の役職名で、老女に包含される役職の一つであったそうです。

 将軍や御台所(将軍正室)への謁見が許される「御目見以上」の身分の高い役職です。
本来、相撲の世界でも、年寄は調整役で知識と経験の豊富な経験者・指導者のことですよね。

 年寄を示す言葉を調べてみると沢山あります。昔人、老い、老君、故老、古老、年寄り、長老、老体、年より、老骨、高齢者、年老い、昔人、眉雪、年老、年寄、尊老、老者、老輩、年老い、老、お年寄り、ご老体、爺さん婆さん、ジジババ、老いぼれ、ご年配、シニア、シルバー、最近ではプラチナ世代、サードエイジとか呼ばれているらしい。

 皆さんはどの様に呼ばれたいでしょうか??

 シルバーは国鉄のシルバーシートから来た説が有力ですが、最近はシルバーシートとは言わずに優先座席といっていますね。特にお年寄りだけでなく体の不自由な人とか妊婦さんも対象のシートです。たまたま優先席を他の席と区別する時にシルバーの生地が余っていた為シルバーシートになったと聞いたことがあります。

 そんなことで今日は敬老の日のボランティアマジックです。守山のデイサービスで敬老会によばれました。

 新しい施設で敬老会というよりもハロウインの飾りでしたよー。いっぱい拍手してくださりありがとうございました。

 また、来ますので元気でいてくださいといい残してきましたが大丈夫でしょうか・・

 そうそう法律上で65歳以上は高齢者と定義されているとの事です。
情報ありがとうございました。

                          小澤

Cimg0745

Cimg0792

| | コメント (1)

2015年9月23日 (水)

CUBEに挑戦

 名古屋華マジカルグループでは毎年、合宿セミナーを開催している。どなたでも参加自由で、晩餐会・ゲストショー・ゲストによるレクチャー・皆のマジックショー(参加自由)と内容充実のセミナーでございます。

 今年のゲストは手品屋の将魔さんとCUBEで有名なUSUIさんでした。USUIさんのCUBEは、CUBEで手品を行なうのですが色をバラバラにしたCUBEを袋の中にいれてオマジナイをすると一瞬のうちに其々の色が揃ってしまうのです。「あれ!!なんで?」・・・不思議さのある講習でした。

 帰宅後、早速CUBEを3個購入して基本技法なるものをやってみたが、中々上手く出来ないのであります。

 先ず、右手に持って人差し指で中段を回す⇒左の段を薬指で回す⇒上の段を人差し指で回す⇒縦中段を中指で回す⇒反対側にして同じことを繰り返す(省略して記載しておりますのでこのままやらないようにね)・・・・

 この動作をするのですが、すぐに間違ってしまい色がバラバラになってしまうのです。一度、バラバラになったら修復ができませんのであります。

 まだ2個あるので、挑戦ですが2個ともバラバラになってしまいました。

「クッソたれ!!・・・クッソたれ!!」でございます。

  なんとか基本技法だけでも覚えなくては名古屋華マジカルグループに申し訳ないと言うことで・・・インターネットで調べてCUBEそのものを分解して元に戻すことにしましたが、これもまた手間取って大変でした。

 分解⇒組立を10回程度やりましたので、今や5分~7分で組立が出来るようになりましたよ。初歩の基本技法は出来るようになりましたが袋の中に入れてCUBEを見ずにするのは中々厄介でございます。

 他に、バニッシュ・チエンジ・プリディクション・ミラーがあるようなので暇を見つけて挑戦しようかと思っております。

まさか!まさか!CUBEまでするとは思っても見なかったわ・・・・・

鍋の華

Img_1424

| | コメント (0)

2015年9月20日 (日)

11月1日東京コンベンションコンテストに向けて

9月に入りコンテストまで2か月となった。9月は演技練習に格好の舞台。老人の日に向けて依頼が5つ、6つ予定している。介護施設が通常はメインだが9月の老人相手はお祭り、反応が大きく遣り甲斐がある。

 発表の場も老人自治会が主催するため観客も多く、アルコールが入っているので、メインの場になると歓声、悲鳴?で会場大騒ぎ。演技冥利に尽きる。

 私の安来節マジックは6分30秒ルーティンを決めて行ったが、最後が盛り上がらなくルーティンの変更をしなくてはと、1時間散歩での中で構想した。

 結論はルーティンの入れ替えでやったら受けるではないか?半面いろいろなしぐさの変更、盛り上がりが今まで通り得られるか心配もある。

 狙いはコンテストでの「優勝」の2文字。お客さんの反応、自分の演技etcビデオに撮っての研究真剣そのもの。3年以上同じマジックをやっているが創作マジックのやり甲斐とむずかしさをひしひしと感じる。

 今の課題は笑顔、若さ表現、演技、エンディングetcここ数日会員、先生に相談させてもらっているが、真剣にアドバイスを頂き非常に参考になる。

「自分が楽しい演技を心がけ笑顔を多く入れる」「エンディングの演技を逆にしたら?」「その演技やめたら?」「歌舞伎の見栄を張る場面を入れて拍手をもらう場面を作ったら」すべて真剣にアドバイスを下さりありがたい。

 今後できるだけ皆さんのアドバイスを取り入れ「生きた演技」を心がけたい。

 19日は例会での指導演技がある。それまでにルーティンを決めてよい評価を得る様、車いっぱい道具と生き物を大事に運び「頑張るぞ!」

仲間は熱心さにあきれている。コンテストでは結果はどうであれ100%以上の演技ができる様、自信を付けて臨みたい。

 

 

 

               馬車馬のNK

Photo_2

Photo

| | コメント (2)

2015年9月18日 (金)

「初めてのボランティア」     小学3年 重松 ひびき

 sun 初めてのボランティアだったので緊張しました。(^u^)
 

 club 見ているお年寄りが、一生懸命に見てくれたのでうれしかったです。
 

 scissors 施設の人からたくさんの「ありがとう」を言ってもらえてうれしかったです。

 note 最初はジュースにお菓子、終わってから僕の大好きなお抹茶をいただきました。

 happy01 また、ボランテアやってみたいです。(^u^)
                                                 重松 
  ひびき

一口コメント

 小学3年生の重松響君は、幼稚園児のころから名古屋華グループの例会に参加しています。マジック教室・名古屋華グループのアイドル的存在です。(^u^)
 イベントがある時は、いつも張り切ってたくさんのお手伝いをしてくれます。

小学校の教室の中で、マジッククラブを作って、お友達にマジックを教えているそうですよ。すごーいでしょ! 又、ボランテア一緒に行きましょうね!(^u^)
 

 来年4月10日、芸術創造センターで、名古屋華マジックフェステバル2016を開催致します。出演する会員と共に響君の成長ぶりをお楽しみに
                

                        大曽根みずほ

Cimg9256

| | コメント (1)

2015年9月17日 (木)

手品同好会と刈谷マジックとJUNPEIパフォーマンスショー

 9月13日は( ´△`)アァ-忙しい、( ´△`)アァ-忙しいの日であったのであります・・・

  ブラザー手品同好会の例会の日で、家を7:40に出て、地下鉄新瑞橋から山崎川に沿って教室(ブラザーの会議室)まで歩いてゆくのであるが、これが実に清々しいのです。野鳥の寛ぐ姿(実際にはどうなのかな?くつろいでなんかいないよね)、魚の飛び跳ねる音・・・何かのんびり出来るひと時なのです・・・その間20分のひと時でありんす。

  手品同好会の発表会が9月27日にある為、例会兼リハーサルを9:00~11:00までの2時間「ああでもない・・・こうでもない・・・」と喚きながら行なったのでありますよ。

  次回のリハーサルは20日に行なって、本番に突入って言うことでございます。

  手品同好会の皆さんは、手品歴30年~40年選手ばかりですので心配はしておりませんが、「もう少し練習をせいよ・・・」と心の中では思っておりますのですよ。

  何故かと申しますと・・・手品は年数じゃ無いんだよ・・・中身が肝心と思っているからであります。・・・なーんちゃってね!!・・・私も練習の鬼になるぞ!!~~~~~・・・

 と言っても中々上手くいきませんけどね・・・

  そうこうしているうちに、手品仲間から「リン・・・リン・・・リン」と電話が入った・・・モシモーシ>(´▽`[]ゝ・・・何ですか?「今日13:00から刈谷マジックの発表会があるんだけど一緒に行きませんか」・・・よし!行こうかと言うことで見に行ったのであります。

  私は初めて見させてもらいましたが、サロン&テーブルマジックの発表会で、1部7名、2部4名の方が今までの練習の成果を披露されました。色々と参考になる点があり良かったと思っております。出演された皆様有難うございました。

  16:00からは徳重にあるヒルズウオークで「魅惑のマジシャンJUNPEI」のマジックショーがあるということで刈谷マジックショーの会場から徳重へとすっ飛んで行ったのであります。「JYUNPEIさん」は大道芸・コメディ・ダンス・バレエでの多彩な経験を生かし、今までになかったパフォーマンス性の高いマジックショーを披露すると言うことで以前から楽しみにしておりました。

  通常、開演時間ちょっきりに始まるのですが、5分前から「カードの色変わり・ロープを使った手品」等々、集まったお客様を退屈させない配慮からか、いつの間にかマジックショーがスタートしたのであります。JUNPEIさん!!なかなかやるね~~~~~

  約40分の演技であったが、その中に我々マジック研究会が取り組んでいるのチェアーサスペンションが、JUNPEIさんのチラシにその写真が掲載されていたのでその演技に期待したのであります。さすが・・・さすが・・・であります。大いに参考になったのですよ・・・仕草・・・間の取り方・・・喋り方等々無茶苦茶勉強になったのであります。その他、風船割りの演技・3本リングの演技内容も非常に勉強になりました。

  てなことで、9月13日はアアアァァ( °∀°)ァァアアア忙しいの一日でした。

                       鍋の華

 

Img_1414

| | コメント (0)

2015年9月16日 (水)

新平さんのイベント

0496_2
                        小澤

| | コメント (0)

2015年9月15日 (火)

柏マジッククラブ発表会参加レポート

 9月13日(日)「いきいき県民プラザ」へ柏マジッククラブ発表会のご案内を頂いていたので行ってきました。柏マジッククラブと云えば、東京圏に於いて60余名の会員を抱える、マジック界でも有数の大御所であります。

  約500人と思われる会場は、名古屋、長野方面や関東近辺より来られた観客で満席でした。マジックイベントでお会いする常連のマジシャンが大勢来場しておられ、暫しのマジック情報交換が出来ました。

  さて、発表会の内容的には、とても見応えがありました。指導者の渋谷剛一顧問はマジック界に於いてその活躍ぶりは顕著であり、彼のマジックに取り組む姿勢や考え方が随所に垣間見えました。

  プログラムは17の演目がありました。服部会長の手袋の色変わりや仮面の変化は、自分も演目として取り組んでいるので興味深く拝見しました。大変良かったです。大トリの、依岡ご夫妻のマジックは、さすがゲスト級だけあって手袋してのカードさばきはお見事、感動的でした。

  今回印象的だったのは、若い学生や社会人の会員さんが多かったこと、ステージの出演者の演技もエネルギッシュで若さが溢れてことでした。マジッククラブの運営側としては、若い層の会員不在はどこでも同様の問題を抱えていますが、羨ましい限りでした。

 私としては立場上、来年の名古屋華マジカルグループの[名古屋華マジックフェステバル2016」を意識しながら見させていただきました。照明や演出面はとても洗練されていました。実りの秋にふさわしく、マジックの勉強の収穫は大であったとご報告致します。

                  大曽根 みずほ

 

2015フライヤー

| | コメント (0)

2015年9月10日 (木)

ミスディレクション

 マジシャンでもマジックになじみの無い方でも、ミスディレクションという言葉を聞けば、おおよその意味が想像できるかと思います。
 

 ミスディレクションとは、ディレクション(方向性)をミスさせる、つまり、お客さんの注意を間違った方向に向けて、秘密の動作や真実から目をそむけさせるテクニックのことを言います。

 これはクロースアップマジックなどのカードマジックやコインマジックだけでなく、ステージでも問わず、あらゆるマジックにおいて重要な技術です。

 ミスディレクションには大きく分けてフィジカルミスディレクション(物理的ミスディレクション)と、サイコロジカルミスディレクション(心理学的ミスディレクション)があります。
 

 フィジカルミスディレクションとは物理的な手法によって、主にお客さんの視覚をだますテクニックです。

 サイコロジカルミスディレクションは、お客さんの思い込みや常識を逆手に取って、真実とは異なる内容を信じ込ませるテクニックです。

 フィジカルミスディレクションとは、お客さんの意識を秘密の動作からそらすテクニックで、極端なことを言えば「あ!UFOだ!」と叫んで左手で頭上を指さし、お客さんがそちらを見ているすきに右手で秘密動作をするみたいなことです。

 ジョン・ラムゼイさんがミスディレクションの達人としてよく知られていますが、彼の言葉には説得力があります。是非、試してみてください(下記)。

 「もし観客に何かを見てもらいたいと思ったら、あなた自身がそれを見なさい。」
「もし観客にあなた自身を見てもらいたいときは、あなたが彼らを見なさい。」

 また、もう一つの真理として、「お客さんは動くものに視線を集中させる」そうです。いろいろと応用できそうですね。

 さて、サイコロジカルミスディレクションはフィジカルに比べ少し理解しにくいかも知れません。

 たとえばコインを投げたふりをしてマグカップに“チャリン”と音が聞こえ、マジシャン手のコインが消えていたら、本当にコインが投げ込まれたと信じてしまいます。

 さらにサイコロジカルミスディレクションが強烈だと音を聞いただけでなく、後から「確かに見た!」とまで思い込んでしまうそうです。

 自分の中の常識が、間違った内容を真実の記憶としてインプットしてしまうのでしょうか。なかなか、そこまで強烈な効果をお客さんに与えることは困難ですが、いろんなミスディレクションを考えるのもマジックの面白さのひとつだと思います。

            小澤

293169791

| | コメント (0)

2015年9月 8日 (火)

マジックテレビ放送案内

BS日テレで9月10日、19時に放映されます。

119

| | コメント (0)

2015年9月 6日 (日)

9.10.11月 例会スケジュール

例会スケジュール

★ 9月 12日(土)

    午前  特別指導

    午後  例会  レクチャー

★ 9月19日(土)

     午前  特別指導

    午後  例会 レクチャー

★ 10月 3日(土)

    午前  特別指導

    午後  例会  レクチャー

★ 10月24日(土)

     午前  特別指導

    午後  例会 レクチャー

★ 11月  7日(土)

    午前  特別指導

    午後  例会  レクチャー

★ 11月28日(土)

     午前  特別指導

    午後  例会 レクチャー

| | コメント (0)

2015年9月 5日 (土)

訃報 「前川勝さん」逝去される

 お馴染の前川勝さんは かねてより病気療養中でしたが、8月11日88歳の天寿を全うされました。

 なお、ご本人のご希望により家族葬として、既にお見送りされたそうです。奥様の前川香様より、ご挨拶状が届きました。

 前川さんと云えばその風貌は長身でダンティで,どなたにも優しいお人柄で周囲から大変な信頼を集めておられました。

 前回の発表会の折には、マジッシャンの大先輩として演技指導も担当して下さいました。又、カメラマンも務められた前川さんのあの笑顔が、今は懐かしく思い出されます。

 心からご冥福をお祈り申し上げます。

                              名古屋華マジカルクループ

                               会長  大曽根 みずほ

| | コメント (0)

2015年9月 3日 (木)

志段味地区会館でマジックショー

 志段味地区会館のイベントで名古屋華MGがマジックショーを担当しました。 当日は人形劇とマジックショーという異色のコラボで子供達の夏休み最後の思いで作りに貢献しました。

 人形劇は3匹の子ブタとこぶとり爺さんなんですが、人形を3体、4体動かしていたのが一人の女性でした。 これもマジックでしょうか・・

名古屋華MGからはベテラン女性マジシャン2人とマジックショーです。 女性マジシャンは小さな子供さんにはウケがいいですね。 「なんでー」「すごいー」の声があちこちから聞こえてきます。 シルクのマジックも優雅で見とれてしまいます。

  名古屋のケーブルTVが取材に来ていましたので、9月のCステーションではその雄姿が見られるかもしれませんネ。

 私の方はいつものおしゃべりをしながらのマジックで楽しんでいただきました。もっとお見せしたかったのですが子供達がどんどん集まってきてしまって、収集が困難になるくらいでしたので30分ぐらいで終了させていただきました。

  終了後は「テレビで見たマジックが目の前で見えてよかった」とか、「だいたい分かっちゃったよー」とかお声がけいただきました。 有り難いことです。 今回は志段味にも名古屋華旋風を巻き起超すことが出来ました。

                小澤

Cimg0511

Cimg0521

Cimg0552

 

| | コメント (0)

2015年9月 1日 (火)

天白小劇場にて演芸大会

天白福祉会館が主催として、天白小劇場にて演芸大会が8月28日に行なわれた。今年で4年目の演芸大会らしい・・・・・

天白福祉会館の趣味講座で学ばれている60歳以上の皆さんが、年とは思えないほどの元気さで楽しい舞台を披露するのであります。 趣味を持つことは良いことですね!皆さん、元気ハツラツでございます。好奇心は年を取らないのであります。

 

出演内容は、民謡・フラダンス・歌謡舞踊・詩吟・民謡・合唱コーラス・ハーモニカ演奏・カラオケ・太鼓・英会話そしてマジック等々色とりどりなのですよ。

 

手品のスペシャルゲストというとプロマジシャンの演技でお決まりであるが、演芸大会のスペシャルゲストは・・・児童劇「ももたろう」・独唱○○先生・・・で、我々にとってはスペシャルゲストのイメージががらっと変わるので、そこに面白さと期待感がある。

 

スペシャルコーナーというものもあって、それは「青春の歌声喫茶」で青い山脈・リンゴの唄・長崎の鐘・忘れな草をあなたに・見上げてごらん夜の星を・・・・等々思い出の歌を一緒にうたいましょうというコーナーなのです。本当に・・・本当に・・・古い歌ばかりでありますが・・・思い出を共有することは良いことですね。

 

 

ピンクの豪華なドレスで着飾って出番を待っているお嬢さんたち、それは・・・それは華やかなものであります。その中に腰が曲がっていて松葉杖をついて出番を待っている人がいる。年齢は80歳後半ぐらいのお嬢様であろうか・・・・・私は「凄い!すごい!頑張れ!」と思ったのです。何故か?・・・それは・・・「わたしゃ・・・倒れるまでやるぞ~~」という気迫が伝わってきたからです。年齢に関係なく頑張ることが大事だね・・・・・

 

 

 館長の依頼により当会館にてマジック同好会なるものを今年6月に設立した関係で今回の出演となりました。3人トリオでのスタートでございます。さて、どうなることやら?・・・・・「鳴くまで待とうホトトギス」の心境かな・・・・・

 

いよいよマジックショーの始まりでございます。一人は6本リング、もうひとりは小さなコップから順番に大きなコップへとミルクを注ぐが・・・なんと不思議!!・・・小さなコップの量で大きなコップにミルクが一杯になるのでございます・・・なんでだろう!なんでだろう!だよね・・・私は「お面とすだれと傘だし」の演技をしたのであるよ・・・・・

 

 3人トリオの中の一人が館長と懇意にしているので、彼が館長に感想を聞いたところ非常に良かった!!・・・次回も頼みます・・・とお褒めの言葉を頂いたことを私に連絡が入り・・・おお!!良かった、良かった!・・・次回も頑張るか!!という事になったのであります。(内緒の話だよ、文書ではいかにも凄いように思えるけど個人的にはイマイチだったのですよ、他の二人はOKなのです・・・へへへのへ)

 

 いずれにしても、館長さん、実行委員・出演者の皆さん、そしてご来場頂いた皆さん

 

有難うございました。お陰さまで楽しいひと時を過ごさせて頂きました。・・・マジック同好会一同より・・・

 

鍋の華

Img_1407

Img_1408

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »