« Birdie Koyama Lecture | トップページ | 「生涯健康脳」という本を読んで―④― »

2015年11月 9日 (月)

2015ワールドマジックin Nagoya

11月3日(火)、北文化小劇場で、第1回名古屋ワールドマジックショーが開催されました。 話しがそれますが、私がビックリしたのは、出演者のバイタリティーであります。

  11月1日(日)マジックコンベンション in TOKYO ・ 11月2日(月)ワールドマジック in MISIMA ・ 11月3日(火)ワールドマジック in NAGOYAでマジックショーが立て続けに開催されました。そのマジックショーに全て出演されたのが、アガック・キャラメルマシーン・渋谷慶太&マジックファンタジア・Ji Hye Jun・Avery Chin・Mike Chaoのマジシャン達です。

 舞台挨拶では、名古屋に到着したのが朝3:30で、朝8:00から打ち合わせがあったと言うことで「へ~~、大変なんだなあ~~」と感心させられました。

  アガックさんの司会と共に2015ワールドマジックショーがスタートしました。 オープニングは一宮会長のKeikoさんで、鳩出しと鳩の消滅、2番手は聖一輝さんで、火のついたシンプルでの演技。

 3番手はTUBASAさんで椅子と等身大の箱を使っての演技(箱の中に椅子をいれて、箱を取ると椅子が逆さまになっている。逆も然り)、正方形の箱6個に1~6の数字が書かれているものが2セット、1から順番に積み上げて左右に置き片方に筒を被せて取ると片方の数字が逆になっている。(これ、面白かったよ」)

 それから、フラフープをアシスタントの頭から通し暫くするとアシスタントが宙に浮く演技でした。三人三様で素晴らしい演技で楽しませて頂きました。

  ジ・ヘジュン *韓国インターナショナル大会優勝者。 取り出し動作が全くなく気が付けば鳩が出ている感じでとても素晴らしく、 堪能しました。カードの手さばきもすごいものでした。   

 パピヨン大西 *ダイス日本一!ヨーヨーチャンピオン!ステージマジシャン・クロースアップも 超一流 。ステッキ演技から始まり、ロープ・レコード色変わり・6本リング・ファンカードの演技で笑顔、仕草も勉強になりました。

 キャラメルマシーン *2002年に結成。コメディーマジックコンビ 。舞台狭しと動き回るコメディタッチが素晴らしい。 画用紙にボーリングの絵を書くと本物のボウリングが出てくる。  ロープで人体貫通・カードの予言マジック等々のマジックが愉快でした。

  アガック *プロ心理カウンセラー・プロゴスペルマジシャン。鳩出し、カードの演技素晴らしいものでした。

 アベリーチン *マレーシアを代表する超豪華なステージマジシャン。先日までのラスベガス公演を終えて日本に到着。 衣装替え一本のステージマジックで瞬時のうちに10回以上は衣装替しているのではないか・・・数えておけば良かった。

  マイクチャオ *2010年フランス大会マニピュレーション部門で優勝。おや!と思ったのはステージにはテーブルもなく演者一人でスッキリした中での状態でカードと4つ玉の演技を披露しましたが、それは、それは魅了されるものでした。

 渋谷 慶太 *現代和妻などオリジナリティ豊かで幅広いレパートリーをもつ。  国立演芸場、サンリオピューロランドなど様々なテーマパーク、ホテル、イベントで活躍中。マジックファンタジアのオーナー。 演技はお面・セイロ・和風イリュージョンの剣刺し等々で堪能しました。

  関係者の皆様、楽しいひと時をありがとうございました。 鍋の華

ru

|

« Birdie Koyama Lecture | トップページ | 「生涯健康脳」という本を読んで―④― »

イベント参加レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Birdie Koyama Lecture | トップページ | 「生涯健康脳」という本を読んで―④― »