« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

マジックで右脳を鍛えよう

  昔、脳トレとかが流行ってゲームボーイでソフトを購入して実践した方も多いでしょう。

 世の中のブームに弱い私もそのひとりですが、実際、脳トレにはならなかったようです。

 脳トレは右脳を鍛えるトレーニングです。右脳はイメージ脳と呼ばれ、記憶力・思考力・ひらめきや直観力をつかさどっているそうです。

 逆に、左脳は計算や論理的思考をする脳といわれています。右脳は左脳と違い無限ともいえる許容量をもっていて、普通の人は脳の潜在能力を10%ぐらいしか使っていないという説もあります。

 そのため右脳は瞬間的に大量の情報をイメージとして記憶したり、フラッシュ暗算など超高速で情報を処理するといった超人的な脳力(能力)を秘めています。この考え方からすると、子供にマジックを見せてあげると右脳を鍛えることが出来ます。

 カップ&ボールではどこにボールがあるのかを覚える必要があり、マジックを見た子供たちはマジックのタネをなんとか見破ってやろうと躍起になったりします。
こうした行動がひらめきや直観力を養うことになります。

 科学マジックも同様に、「どうして風船に針を刺したのにわれないの~」とか、起こった現象について考えることで思考力が鍛えられます。

 ぜひお子様にマジックを見せてあげる機会を作ってあげてください。当名古屋華MGではボランティアでマジックを披露させていただいています。右脳を鍛えたい方、是非マジックを見たり、一緒にマジック体験をしましょう!匿名希望

Cimg2517_2

| | コメント (0)

2015年11月28日 (土)

緑区のデイサービスさんでオザちゃんショー

勤労感謝の日です。我が家では全員が働いていますので今さら誰がだれに感謝みたいですが、今日は緑区のデイサービスさんでオザちゃんショーを依頼されました。

 日本のために働いてきた皆さんに感謝を込めてマジックをさせていただきました。なんと天井には入所者さんの、歓迎の手作り万国旗がいっぱいです。なんと一旗一旗,折り紙をちぎって貼って作られています。皆さんのリハビリを兼ねてでしょうが大変な根気ですね。

 結構感激していましたら先週の室内運動会の名残だそうでした。歓迎の小旗と勘違いでした~。

 100歳以上のおば様が2名いました。元気でハキハキです。私の場合は勢いのマジックなのでついつい大きな声が出てしまい、驚かせていしまいました。でも「楽しかった」と言っていただけて嬉しかったです。小澤

Cimg1667

| | コメント (0)

明倫コミュニティ30周年記念と一宮フェスティバル

11月22日(日)に東海市の明倫小学校にて明倫コミュニティ30周年記念が開催されました。

 

ブラザーみずほ会(OB会員800名)の会員から半年前にマジックの要請があり、手品同好会2名にて参加させていただきました。

 

芸能発表会ということで午前の部のプログラムは、

 

1.9:45~10:05  オープニング 東海市消防音楽隊

 

2.10:05~10:20 明倫小学生

 

3.10:20~10:30 明倫保育園児

 

4.10:30~10:40 みどり保育園児

 

5.10:40~11:00 マジックショー(ブラザーみずほ会)

 

6.11:00~11:15 フラダンス

 

7.11:15~11:35 津軽三味線

 

8.11:35~11:55 よさこい鳴子連

 

9.11:55~12:25 ジャンケンポン大会

 

 さて、さてオープニングの消防音楽隊には名古屋華マジカルグループの特別会員であるIさんが音楽隊の指揮をとっておられました。

 

あら!あら!ビックリポンでございます。

 

 今日は朝5時に起床し、当日でしか出来ないマジックの準備をして、会場には9時に到着・・・早速、道具の準備に取り掛かりました。

 

 私の演目は皆さんご存知の「うどん」でございますが、これは名古屋華マジカルグループの特別講習で教えて頂いたもので大事にしているものです。

 

 「うどん」のルーティンの中に、個人的に①水が投げテープに変化②3枚のカードを使って卵⇒ヒヨコ⇒ニワトリと繰り返して最後に生卵が出現③袋を使って生卵の消失⇒出現の3つを組み入れたものをしております。

 

 そんなことで、準備万端あとは出番を待つだけでございます。

 

 ところがでございます。・・・・・プログラムの進行が遅れて我々の持ち時間20分が10分に短縮してしまい、私の出番が無くなってしまったのです。

 

 なーんと悲しいことか!!!顔では笑って心では悲しみの涙がでておりましたよ。セッティングした道具を片付けるときの寂しさ・・・いやいや寂しかったね!!このハプニングは初めての経験ですが、違った意味で勉強させられました。どこで何が起こるか分からないのがマジックショーだね・・・パターンは違っても皆さんも経験があると思うよ!

 

 いずれにしても、要請いただいたYさんそしてイベント関係者の皆様ありがとうございました。心からお礼申し上げます。

 

  マジック終了後、抹茶をいただいて一宮マジックフェスティバルの会場に趣いた。顔見知りの方々が大勢見えて会場の雰囲気は熱気に溢れていました。

 

 名古屋華マジカルグループからも会長夫妻はじめ会員の皆さんが大勢見えておりました。

 

 一宮マジックの皆さんの演技を楽しく拝見させて頂きました。色々と勉強させられるところが多くあり、日頃の練習の成果が伝わってきました。

 

 ありがとうございました。次回のフェスティバルを楽しみにしております。

 

 

 

鍋の華

Cci20151126

| | コメント (0)

2015年11月27日 (金)

電卓を使ったマジック

 電卓を使ったマジックを紹介します。

  まず電卓を持って来てください。大きい方が見やすいです。

  まず電卓で12345679と入力します。よく見てください8がないです。入力時8を入れない様注意してください。

  お客様に好きな数字を言ってもらいます(1から9の中から)。
その間に、演者はひそかに×(かける)ボタンを押しておきます。

  お客様の好きな数字(たとえば7)に9をかけた数字を入力します。
(たとえば7×9=63です。入力は63です)

  すると電卓に表示される数字は7777777とすべてがお客様の好きな数字になります。
いろいろと応用を考えてみてください。小澤

 

| | コメント (0)

2015年11月26日 (木)

マギー審司ゲリラライブ

9894

| | コメント (0)

2015年11月25日 (水)

11.12.1月例会スケジュール

例会スケジュール

★ 11月  7日(土) 

    午前  特別指導

    午後  例会  レクチャー

★ 11月28日(土)

     午前  特別指導

    午後  例会 レクチャー

★ 12月12日(土)

    午前 特別指導

    午後 例会 レクチャー講師 神藤宏明氏(大阪)

12月26日(土)

    午前 特別指導

   午後 例会 レクチャー講師 澤田孝之氏(東京)

★ 1月  9日(土)

    午前  特別指導

    午後  新年会 視聴覚室

★ 1月 16日(土)

     午前  特別指導

    午後  例会 レクチャー  

| | コメント (0)

2015年11月24日 (火)

一宮マジックフェスチバル見聞録

11月22日(日)一宮に於いて、56年の伝統あるマジックフェスティバルを、来年我々の発表会の参考にと浜松より友人2人と見させてもらった。他クラブの見学は1年半ぶりで期待いっぱいである。

会員は26名と羨ましい会員数で、出演者は16名。1クラブで開催できるのが羨ましい。会場は、駅ビルの新しいシビックホール7階で行われ、会場ほぼいっぱいの200名で、各方面から名だたるマジシャンが見受けられた。

 

発表内容はさすが伝統クラブ、見ごたえのあった内容だった。各人創作演技を交えて、ディーラーショーまがいにならなかったのが良かった。今では懐かしいたばこの消失は年季の入った演技で見入ってしまった。又不思議さではシルクとリングとのシンプルな素材であったが、リングが入ったり出たり又エレベーターの如く移動したり、他では見られないマジックと感心した。会長小川慶子さんの鳩出しは見事で、プロ並みで何度見ても飽きない演技であった。

 

友情出演でプロマジシャンMr.Zauberが出場されたが、人間浮揚をいとも簡単に裏にも観客を置き360オープンの状態で上下させた。リングで証明はいらない見事な浮揚であった。

 

今回の発表会で残念なのは出演で女性が少ないことだ。これは一般的で今後も対策案を考えていかなければと私の会も頭が痛い。女性は演技に華を添え明るくなるメリットを沢山持っている。女性の進出を望みたい。

もう一つの悩みは観客動員である。マジックにかかわらずエンターテインメントに対する観客集めに苦労する。

これに関してびっくりしたのが翌日浜松で開催されたチンドンヤフェスティバルである。我々の発表会での協力要請の関係上義理で行ってみた。今で言う「びっくりぽん」である。会場120%ぐらいの立ち見席で、終わるまで帰る人は見られず開始より増えた感じ。自分もあっけに取られて、なぜなぜの疑問符だらけ!来年正月招待されているので舞台裏をとくと聞いてきたいと思っている。

 

一宮の皆さん大変ありがとうございました。発表会の参考になりました

 

 

 

            馬車馬のNK

Dscn0424

Dscn0436

続きを読む "一宮マジックフェスチバル見聞録"

| | コメント (0)

2015年11月23日 (月)

一宮マジックフェステバル

 今日は一宮マジッククラブの発表会に行ってきた。少し早目に出掛けて、ランチを食べてから会場にはいった。一人で出掛ける予定で外出の用意をしていたら、主人も一緒に出掛けるとのことで二人で出掛けた。

 開演寸前会場に到着した時は、知り合いの皆さんが大勢入口付近にいた。最近はテーブルマジックにサロンマジックの発表会が多かったが、今日はステージマジックオンリーと聞いていたので、これもまた良しと楽しみにして会場入りした。

  今回は会長の鳩のデザインボードのシルクの色変わりが、新鮮に映った。輸入ものでしょうか、初めてみた。鳩だしのプロダクションは、会長のお得意芸でもありいつみても良い。

 最後は友情出演のMr.Zauberでした。イリュウジョンの人体交換など数種演技されました。やはり、プロの演技は、スピード感あふれ表現力も豊かで観客を魅了していた。

  他の会員さんはベテラン勢が多くて、長年のマジック歴から余裕の演技であった。会長は女性であったが、ここずーと女性の会員が殆どいなくて寂しいとのご紹介があった。他のマジッククラブでは、どちらかと云えば女性が比較的多いのが現状と聞いているのだが。

 あっという間に16のプログラムは難なく進行して、フェナーレを迎えた。やはり日頃の努力の成果が出て会員達は充実感が溢れていた。其々の会員達の顔は緊張から解放されてやり遂げた素晴らしい笑顔に変わっていた。

  名古屋華グループからは、約10人の会員が行っていた。一部は帰ったが、恒例のティータイムのマジック談義が盛り上がってとても有意義で楽しい一日であった。

                                  M・O

| | コメント (0)

2015年11月21日 (土)

特別講習について

  名古屋華マジカルグループでは発表会に向けて例会日の午前中、受講希望者に応じて特別演技指導を行っている。主にマジック歴豊富な演技指導の先生が担当しておられる。

 

 特別講習に参加することによって、演技方法・仕草のあり方・衣装・道具の使い方・使用するテーブル・音楽等々指導者の考え方、そして新しいアイディアの発想の在り方が習得できるような気がする。

 

 話はそれるが、どんなに尊敬される人でも身近に接して指導受けていると、その有り難さが薄れるてしまう事があるので要注意である。

 

 マジックをやっている者であれば、皆より上手く演じたい・・・他の人よりちょっと個性的なマジックを演じたい・・・と思っているのではないだろううか?

 

 誰もが少なからずオリジナル性豊かな(新しいアイディアの発想)マジックを演じたい考えていると思う。

 

 皆さんもご存知のように、新しいアイディアの発想を手助けするものとして「オズボーンのチェックリスト」がある。

 

 簡略して説明すると(インターネットで検索すると詳細が分かるよ。興味のある方はどうぞ!)

 

1.転用 2.応用 3.変更 4.拡大 5.縮小 6.代用 7.置換 8.逆転. 9.結合  と説明されているがよ~く分からんバイ?

 

  表現を変えてみると 応用したら? 修正したら? 代用したら? アレンジしたら?

  マジックを拡大したら? マジックを縮小したら? 組み合わせたら? 目的を換え

  たら? 置き換えたら? 誰かの真似をしたら? 分割したら?  形を変えたら?

  入れ替えたら? 整理したら? それをやめたら?  古典マジックとの結合は?

 

 こんなことを思いながら何度も何度も試行錯誤を繰り返し、徐々に形になっていくと思い     ますが如何なものだろうか?

 

 マジックを目指す者・・・プロをも驚愕させるようなオリジナルが欲しいよね!

 

 上記のことを頭に置いて練習を重ねているうちに、オリジナル的なマジックが生まれてくると思うよ。

 

 さて・・・さて・・・発表会に向けて皆でがんばろうぜ!!・・・それではバイバイ・・・

 

                     鍋の華

| | コメント (0)

2015年11月20日 (金)

ワンデイコンベンションIN中部に参加して

 11月15日中部奇術連合会ワンデイコンベンションが長良川国際会議場であった。岐阜県長良川には、プライベートでは行く機会がなかったので、乗り換えなどが気になっていた。会員同士誘いあって早めに出かけた。

 名古屋華グループからも十数人チケットの予約してあった。前日夜に数人当日券の購入の追加希望者があり心配したが、難なく入場出来た。予想していたよりも、入場者が多くて会場は、この季節にしては蒸し暑い感じでした。

 デーラーショップが大変多くて、その分お買い物を楽しむことが出来た。都合により参加できなかった会員から依頼されたマジック用品の他プライベートでも買った。会場にはお馴染の方々が多く、会場はマジック界の交流の場として華やいでいた。

 コンテストショーは、いつも楽しみの一つである。彼らのステージは創意工夫と努力、熱意が漲っていた。中部奇術連合会第一回のコンテスト経験者としては、彼らの演技のあれこれが新鮮に感じた。程よい緊張感に包まれた雰囲気に、時々胸の鼓動が聞こえてくるようなそんな一体感を覚えた。「頑張れ」と手に汗を握る瞬間もあった。

 さて、ゲストショーは、やはり女性の演技的な魅力を興味深く拝見した。プロとしての彼らには、お客を魅了する質の高い演技、演出、選曲、照明等、素晴らしかった。先ずライブでマジックショーを観て学び、見てマジックを知る事が大切と痛感した一日でもあった。

                             M・O

| | コメント (0)

2015年11月19日 (木)

「生涯健康脳」という本を読んで―⑦―

女性の脳と男性の脳には違いがあるという。外見にも動作や態度にも違いがあるのだから脳に違いがあるのは当然ではあるが。

  男性と女性の脳を調べてみると、形や機能にも違いがあることが分かったというのだ。「前頭葉」や「側頭葉」にある「言語野」の体積が一般に女性の方が大きいという。そのためか「言語能力」も男性より女性の方が高いことがわかっているという。(P.38)

  「女が3人よれば姦しい」と昔から言い、中国の古代に作られた漢字もその通りになっている。経験的にも女性は本当におしゃべりである。それに比べて男性は控えめである。話すことだけでなく、文字を書いたり理解したりする働きも言語野にあるので、その面でも女性がすぐれているという。

  「一方、男性は空間を認知したり論理的思考力をつかさどる「頭頂葉」の体積が大きく、この部分の能力が高いと言われている」という。(P.39)

  古来哲学者とか思索をする学者や宗教家、政治家などは男性が多いのはその表れかもしれない。軍隊の指揮官なども男性である。女性には方向音痴だという人が多いが、男性には少ないようだ。

  こういう違いができてしまったのは、男性は原始時代よりはるか昔から狩猟に出かけていた時間が長いからだというのだ。地形見分けたりや狩りの能力を高めてきた、つまり空間認知力が発達したという。

  女性は男性が狩猟に出かけている間、子育てをしたり、家事をしたり、隣人と助け合えるコミュニティを築く必要から社会性や言語能力が発達したという。

  先日「ためしてガッテン」でこのホルモンは内臓脂肪から出るもので、内臓脂肪が多すぎても少なすぎてもホルモンの出方がよくないという。女性は男性よりも長生きのホルモンである「アディポネクチン」というのが多いと言っていた。

  ところでこの本によると、男性の脳と女性の脳を比べると、女性の脳の方が加齢に強いという。それは女性ホルモンの「エストロゲン」が関係しているというのだ。このホルモンは、女性の体を作るだけでなく、骨や血管を丈夫にし、コレステロールのバランスを取るなどの働きをしている。それだけでなく脳を守ることにも関係しているそうだ。

  脳画像を調べると、脳の体積は男性は20歳ぐらいから減っていくが、女性は50歳ぐらいまでは減り方が緩やかなことがわかっているという。閉経期の50歳ぐらいから男性と同じスピードで体積がへるのだそうだ。エストロゲンが脳を保護する働きをしているからだという。(P.37)

  こうしてみると、男性はアディポネクチンとエストロゲンの二つのホルモンで女性より不利に生まれてきているのだ。平均寿命が女性が勝るのも当然ということである。100歳以上の長寿者も女性が圧倒的に多い。

 女性は年を取っても髪の毛が多いのもホルモンのお蔭なのだろう。

                    H.S

| | コメント (0)

2015年11月18日 (水)

SHIN LIM レクチャー

Photo

| | コメント (0)

2015年11月16日 (月)

Mr.マリック超魔術Live in Guam

Mk

| | コメント (0)

世界チャンピオン Shin Lim

9387

| | コメント (0)

2015年11月13日 (金)

ヴィクター&シュリオ マジックショーイベント

1143

| | コメント (0)

2015年11月12日 (木)

「生涯健康脳」という本を読んで―⑥―

  東北大学の加齢医学研究所では、アンチエイジングではなく「スマートエイジング」を提唱している。私もその考え方に賛成である。

  英語のスマートは賢いという意味である。だから「賢く年を取ろうよ」ということになろう。アンチは抗するということで、アンチエイジングは「年を取ることに抗する」ということになる。

  世の中には、アンチエイジング食品、サプリメント、美容など商品が溢れている。エイジングは加齢だから、加齢したくないということで、歳をとりたくない、老人になりたくないという気持ちがあり、ひいては年齢を重ねてきた人生を否定するニュアンスも感じられるという。(P.31)

  加齢により、外見の美しさや運動能力、認知力などいろいろな能力が衰えていくことを認めたくない気持ちは分かるとしながら、若さに拘ると加齢は辛いこと、むなしいこと、不幸なことになっていまうという。

  加齢は、長年の知識や教養や人脈の積み重ねによってもたらされる豊かさが増していくことでもあるといい、アンチエイジングのネガティブな捉え方でなく、加齢を「知的に成熟する人生の発展」としてポジティブに捉えようと言っている。

  加齢を否定するのではなく、人生の豊かな実りの果実を楽しもうという提案にはうなずける。ただ脳の衰えによる認知症とか脳血管障害による言語や身体能力の障害とかを避けなければスマートエイジングも叶わない。

 だから著者が言うように生活習慣に気を付けて健康な脳を保つように心がけることが大事である。

 釈迦が四苦として指摘したように、「生・老・病・死」はどうしようもないものである。ただ病だけは心がけである程度は左右できる可能性がある。老・死は避けられないが心の対処次第で、つまりどう受け止めるかで変わってくる。だからスマートエイジングは良い提案であると思う。

                      H.S.

| | コメント (0)

2015年11月11日 (水)

「生涯健康脳」という本を読んでー⑤―

  認知症を予防すること、認知症予備軍の対策をすることが大事でその実現の役割を担うのが「予防医学」だという。一次予防~三次予防まで三段階ある。

 ◎一次予防 病気にならないよう未然に防ぐ。

 ◎二次予防 早期発見早期治療で認知予防軍の人を改善する。

 ◎三次予防 認知症を発症している人の治療。

  これからの超高齢社会に対応するには、「一次予防」が大変重要だという。

  その「一時予防」はこれまで困難とされてきたが、実現できる可能性を秘めているのが瀧教授らの東北大学加齢医学研究所などの疫学研究だという。(P.29)

  東北大学のグループは、「受精卵から一生涯」という長い期間を研究対象としており、世界で例をみないと言っている。そこから見えてきたのは、「日々の生活習慣」の大切さだというのだ。

  生活習慣といえば、「生活習慣病」とか「メタボ検診」が有名だが、こちらは高血圧とか糖尿病とか高脂血症などの予防や改善のために成人検診などが実施されている。

  瀧教授たちは、脳を生涯健康に保つという視点から研究をし、次のように言っている。

  「認知力が落ちてから何かを始めるのではなく、子どものときは子どもなりに、成人は成人なりに、中年の方は中年で、高齢の方は高齢で、その時々にやれることがたくさんあるのです。『日々の生活習慣を大切にすること』が生涯健康脳の原点です」(P.30)

  ここでも日ごろの生活習慣が大事だと指摘されているのだ。私は、若いころは別として、中年になってからは健康を意識するようになり、ジョギングを始めたり、それをウオーキングに変えたりしてきたし、趣味を増やし、人と交わる機会を増やすようにしてきた。また食生活にも気を使ってきた。唯一やれないのが飲酒である。本当は酒量を減らせばよいのだが、これまでのところやれていない。

 生活習慣をただすことは生活習慣病だけでなく、脳の健康のためにも必須で重要だということは「ガッテン」である。

                     H.S.

| | コメント (0)

「生涯健康脳」という本を読んで―④―

年を取ると怖い認知症だが、その65歳以上の高齢者の推定人数は、

◎2015年  517万人(人口比16%)

◎2025年  730万人

◎2040年  953万人

◎2060年  1154万人

 急激に増えていくと予想されているという。(P.25)長寿者が増え、それにともない認知症も増えると厚生労働省は推計しているのだ。

 また2015年現在の認知症予備軍が約400万人いると言われているそうだ。予備軍(軍ではなく群を使いたいが著者は軍を使っている)とは、軽度認知障害(MIC- Mild Cognitive Impairment)健常者と認知症患者の中間の段階をいうそうだ。

 認知機能である「記憶する・決定をする・理由付けをする・実行する」などのうち、一つの機能に障害があるが日常生活には支障がない状態である。しかし、放置すると認知機能の低下がつづき、50%の人が認知症へと進行するという。

 現在4人にひとり、920万人が該当すると言われている。(P.26)さらに老夫婦だけの世帯と一人暮らしの高齢者をあわせて1000万所帯を超えていて、夫婦での「老老介護」や認知症同士の「認認介護」の社会が来ると予測されているそうだ。(P.27)

 まったく他人ごとではないといえる。日本では介護施設が大きく不足し、50万人が待機状態である。それには施設の不足だけでなく、介護をする人手が圧倒的に足りない。また施設で働く介護職員も安い賃金で過酷な労働を強いられている。

 安倍政権は在宅介護を推進しようとしているが、そのために必要な医者や看護婦などの医療関係の人材不足も甚だしい。

 もし自分が要介護になったら?妻が要介護になったら?と思うと、気が気ではない。安倍政権は防衛関係の予算を増やしているが、福祉関係の予算こそ増やしてほしい。しかし現実は福祉関係予算は減らされているのだ。

                  H.S.

| | コメント (0)

2015年11月 9日 (月)

2015ワールドマジックin Nagoya

11月3日(火)、北文化小劇場で、第1回名古屋ワールドマジックショーが開催されました。 話しがそれますが、私がビックリしたのは、出演者のバイタリティーであります。

  11月1日(日)マジックコンベンション in TOKYO ・ 11月2日(月)ワールドマジック in MISIMA ・ 11月3日(火)ワールドマジック in NAGOYAでマジックショーが立て続けに開催されました。そのマジックショーに全て出演されたのが、アガック・キャラメルマシーン・渋谷慶太&マジックファンタジア・Ji Hye Jun・Avery Chin・Mike Chaoのマジシャン達です。

 舞台挨拶では、名古屋に到着したのが朝3:30で、朝8:00から打ち合わせがあったと言うことで「へ~~、大変なんだなあ~~」と感心させられました。

  アガックさんの司会と共に2015ワールドマジックショーがスタートしました。 オープニングは一宮会長のKeikoさんで、鳩出しと鳩の消滅、2番手は聖一輝さんで、火のついたシンプルでの演技。

 3番手はTUBASAさんで椅子と等身大の箱を使っての演技(箱の中に椅子をいれて、箱を取ると椅子が逆さまになっている。逆も然り)、正方形の箱6個に1~6の数字が書かれているものが2セット、1から順番に積み上げて左右に置き片方に筒を被せて取ると片方の数字が逆になっている。(これ、面白かったよ」)

 それから、フラフープをアシスタントの頭から通し暫くするとアシスタントが宙に浮く演技でした。三人三様で素晴らしい演技で楽しませて頂きました。

  ジ・ヘジュン *韓国インターナショナル大会優勝者。 取り出し動作が全くなく気が付けば鳩が出ている感じでとても素晴らしく、 堪能しました。カードの手さばきもすごいものでした。   

 パピヨン大西 *ダイス日本一!ヨーヨーチャンピオン!ステージマジシャン・クロースアップも 超一流 。ステッキ演技から始まり、ロープ・レコード色変わり・6本リング・ファンカードの演技で笑顔、仕草も勉強になりました。

 キャラメルマシーン *2002年に結成。コメディーマジックコンビ 。舞台狭しと動き回るコメディタッチが素晴らしい。 画用紙にボーリングの絵を書くと本物のボウリングが出てくる。  ロープで人体貫通・カードの予言マジック等々のマジックが愉快でした。

  アガック *プロ心理カウンセラー・プロゴスペルマジシャン。鳩出し、カードの演技素晴らしいものでした。

 アベリーチン *マレーシアを代表する超豪華なステージマジシャン。先日までのラスベガス公演を終えて日本に到着。 衣装替え一本のステージマジックで瞬時のうちに10回以上は衣装替しているのではないか・・・数えておけば良かった。

  マイクチャオ *2010年フランス大会マニピュレーション部門で優勝。おや!と思ったのはステージにはテーブルもなく演者一人でスッキリした中での状態でカードと4つ玉の演技を披露しましたが、それは、それは魅了されるものでした。

 渋谷 慶太 *現代和妻などオリジナリティ豊かで幅広いレパートリーをもつ。  国立演芸場、サンリオピューロランドなど様々なテーマパーク、ホテル、イベントで活躍中。マジックファンタジアのオーナー。 演技はお面・セイロ・和風イリュージョンの剣刺し等々で堪能しました。

  関係者の皆様、楽しいひと時をありがとうございました。 鍋の華

続きを読む "2015ワールドマジックin Nagoya"

| | コメント (0)

2015年11月 8日 (日)

Birdie Koyama Lecture

  Birdie Koyamaさんの20人限定特別講習が、11月2日(月)にガスト久屋大通店で開催されるということで、参加の申し込みをしたのであります。

  申し込みをしたあとで「いや?待てよ?20人限定ということはよ・・・相当レベルが高いんじゃないのかな・・・俺の居場所があるのかな・・・」と思いつつも・・・参加OKということなので、満更でもないかと自問自答の慰めをしたのでございます。ここで種明かしというか、内緒の話だけど申し込めば誰でもOKだからね。・・・本当に内緒だよ!!

  でもね!!人間の心理なんて不思議なもんで、人数限定の特別講習なんて言われると、なんか優越感を感じるもんだね。マジックじゃないけど・・・不思議だね~~~~

 

 案の定、参加者はパピヨン大西さん、ふしぎ良さん、田中大貴さん、加納顧問他各教室関係のベテランさんばかりで・・・「おい!おい!俺の居場所が無いぜ」という感じで講習が始まりました。講習時間は18:00~21:00の3時間・・・3時間の講習かよ・・・どんな講習をするのかな?

  チラシには「先日9月に行なわれました、日本奇術協会主催MOM大好評でした2枚のシルクの出現、そして2枚のシルクの浮揚現象へ、さらに紙玉の浮揚現象へとつながる演技の手順をすべて詳しく解説いたします。彼のセンス抜群のアイディアを是非この機会に習得してください」と記載されていました。

  講習内容は

    ① 紙玉の浮揚現象・・・セットの仕方・道具の説明・演技方法

    ② 指輪に浮揚現象・・・指輪を使っての浮揚方法

    ③ シルクの浮揚現象・・・シルクを使っての浮揚方法

    ④ 不思議な紙風船・・・セットの仕方・演技方法

    ⑤ カップ&カラーボール・・・煩雑なハンドリングを使用しないカップ&ボール

    ⑥ ハンドリングについて・・・カード・コイン等

  其々に、取り扱い方法・道具の使い方・演技方法など細かな説明があり、非常に参考になりました。その他に衣装の基礎知識の話し、音楽の話し(バーディーさんは昔トランペット奏者で音楽に関しては詳しいそうです。

 今までは、それほど気にしていませんでしたがどのような音楽を使われているのか楽しみです)、ステージでの道具は出来るだけシンプルに収めるお話しがあり、3時間のレクチャーはあっという間に過ぎてしまいました。  お陰さまで、充実したひと時を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。

                鍋の華

 

 

| | コメント (0)

2015年11月 7日 (土)

東京コンベンション参加レポート

 11月1日は板橋文化ホールにて、名古屋華マジカルグループ数名が出演する東京コンベンションが開催された。名古屋華マジカルグループからは、ゲスト1名コンテスタント2名計3名の出演者であった。応援部隊申し込みは、浜松組も含めて21名で計23名の参加者であった。

 ゲストは前日夕方にリハーサルがあった。車でコンテスタントの荷物運搬の依頼も受けていたので車内いっぱいの荷物を積んで朝九時ごろ名古屋の自宅を出発した。

 東京出演の折には、ここ数年来車で出かけているが、カーナビがあっても東京都内の通行に神経を使うので、少々余裕を見て早めに出掛ることにしていた。

 今年8月公演には、首都高速で難儀したが今回は驚く程スムースに劇場につきほっとした。出演ゲストは海外からが3組、日本勢もベテランプロマジシャンばかり10名ほどで、とても緊張の連続であった。

 私は、新しい作品で、演目「鹿鳴館物語」は初披露だった。いわば新作デビューの機会でもあった。 電飾も取り入れていたので、通しのリハーサルで照明関係の相談に乗っていただいた。何とか無事終了、明日の本番を待つばかりとなった。

 本番当日は、午前コンテスト9名の中で学生がほとんどで、熟年参加者は3名全員入賞できなかった。大変厳しい結果となった。

 さて、出演のガラショーでは、セットの都合上、私はトップバッターでお願いした。そして何とか大きなミスもなく、日頃稽古しているような出来栄えで終え、やれやれ肩の力が抜ける思いであった。課題も見つかったので来年4月発表会に向けて、稽古を重ねて完成度を高めていきたいと考えている。

 応援部隊の皆様、東京迄足を運んで応援して下さったことに心から感謝申し上げます。私はこうして本番翌日の夕方帰宅した。関係者の皆様、お疲れ様でした。

 

                                                       M・O

| | コメント (0)

2015年11月 6日 (金)

マジックレクチャーのご案内

*========*Takahiro ★ The Session   ~戦略としてのSTYLE~ *=======*

■日時:2015年11月08日(日)13:30開始~16:45(入場受付は13:15より)

■会場:ウインクあいち(1309号室)

■参加費:2,500円(学生1,500円、中学生以下1,000円) ※JCMA会員は1,000円off  

◆内容 カード:エースの消失、コレクター、フライングクイーン コイン:スリーコイン、スリーフライ、スペルバウンド (時間があれば上記の応用編も解説されます。) レクチャーノートの販売も行います。カード編、コイン編共に、1,500円です。

◆TAKAHIRO/プロフィール 若手クロースアップ・マジシャンから絶大な支持を集めており、アンダー・グラウンドでクリエーターとして活躍。マジックムーブメント社からDVD『e xplanation(透明なカードで行うコイン・マトリックス)』、『basement(ワン・カード・スルー・ザ・テーブル)』をリリース。透明なカードで行うマトリックスは、セロがテレビでも演じ話題になった。

9001

| | コメント (0)

2015年11月 4日 (水)

知立手品愛好会創立10周年 記念マジックショー

 11月1日(日)はマジックコンベンション IN TOKYOが板橋区文化会館で開催されました。Am9:30~Pm8:30のマジックコンベンションなので、さぞかし豪華なマジック三昧なであったことでしょう。名古屋華マジカルグループからは会長の出演とコンテスト参加者2名ということで、応援部隊が数十名駆けつけました。

  私は、知立手品愛好会のマジックショーに出かけたが、IN TOKYOが気になる。

  会長はどのような演技をされるのであろうか?コンテスト参加者2名の出来栄えはどうであろうか?等々気になりながら、名古屋から無言の応援をしておりました。

  知立手品愛好会のマジックショーは同日の11月1日(日)に知立リリオ・コンサートホールで行なわれました。

  会場の収容人員は280名で早く行かないと座れないかも知れないと思ったが、会場の到着は開場12:30の10分前であった。案の定、行列が出来ていました。

  頭をよぎるのは席取りをすることで、席に物を置く下品な行動が始まるのであります。さて、さてどこの席を取ろうか???並んでいる皆さんは誰もがそのように思っているのではなかろうか・・・我々のマジックショーは席取りから始まるのです・・・な~んてね・・・受付近くに行くと、会場に飛び込む人はいなくて整然としているのです。「あれ!な~んで?」 受付時に「何名ですか?ハイ!今、席が空いているのは・・・」と言って席の見取り図を見せて「この席でよろしいでしょうか?」と言うことで座席指定券を渡されたのであります。「へ~、へ~」でございます。私にとっては初めての経験でありました。その手間の割には、スムーズな流れで感心させられました。

  開演は13:00からで、ゲストはバーディ 小山さん・ふしぎ 良さんです。

 第一部はフレッシュステージ

     ① タンバリンのリズムに乗って・・・小学生・中学生 3名

     ② ステッキなアート・・・中学生 1名(手品歴4年) 

     ③ スルー・ザ・ブロック・・・中学生 1名

     ④ ハスラーズドリーム・・・高校生 1名(手品歴8年)

     ⑤ ア・ラ・カ・ル・ト(箱出し)・・・小学2年 2名

  いやいや、これは参りましたよ。皆さん一生懸命で新鮮!新鮮!良かった!良かった!です。

 第二部は友情出演

     ① ハッピーマジック可児 出演者 2名・・・シルク色々

     ② 関マジッククラブ    出演者 2名・・・コミックマジック(カップ&ボール)

     ③ マジックマニアーズ瀬戸 出演者 1名・・・夢フワリ!

     ④ 安城マジッククラブ    出演者 2名・・・傘だし、ステッキ、リンク等

  以上7名の方が友情出演されました。皆さんの練習の成果が伺え楽しく見させてもらいました。特に、コミックマジックはカップがバケツ(装飾有り)・ボールがヒヨコ(玩具)で最後にバケツ一杯のヒヨコがドーン!!そして、大きな!大きな!ニワトリのぬいぐるみ2羽がドーン!ドーン!と出てきてびっくり仰天でございました。

 第三部は10週年アニバーサリーマジック

     ① シルクロードの夢 会長挨拶&会長のシルクを扱った演技

     ② トークアラカルト(ギロチン) 専任講師(国鉄職員)

     ③ シンフォー二―の響 学校の先生

     ④ シルク印象派(筒使用の花だし) 名鉄職員(専任講師の子供)

     ⑤ ワインバーにて 1冊の本からワインが6本

     ⑥ 夕陽のガンマン カードマジック  手品歴 1年半

  ベテラン会員さんのマジックショーでした。夕陽のガンマンの方は手品歴1年半とのことですが、大きなカードを自分で作成したものを使用し、ストーリーも自分で考えたそうです。非常に面白いストーリーで楽しませて頂きました。

 第四部はスペシャルステージ!!

     ① 専任講師  ドリームファンタジー(鳩出し)

     ② バーディー コヤマ  スライハンドマジック

     ③ ふしぎ 良・CHIEMI  お面・シルク・お面ゾンビ・羽織ぬけ・大型花鉢

  終了は16:00を少し過ぎましたが、とても楽しいひと時を過ごさせて頂きました。関係者の皆さん、ありがとうございました。

  あー、そうそう安城マジッククラブの皆さんが休憩時間を利用してロビーでクローズアップマジックとバルーンアートを実演しておりました。良かったです。

 鍋の華

| | コメント (0)

2015年11月 3日 (火)

「生涯健康脳」という本を読んで―③―

 瀧教授は、平均寿命と健康寿命の差をできる限り縮める。脳の立場からいえば、平均寿命と健康寿命をイコールにし、いつまでも脳を健康に保つことが「人間として幸せに暮らす」ことだと考えていると述べている。(P.24)

  ちなみに、日本人の平均寿命と健康寿命は、

 ◎平均寿命   男性 80.2歳      女性 86.5歳

 ◎健康寿命   男性 70.4歳      女性 73.6歳

  その差はいずれも10年余りある。

  健康寿命というのは、「人の手を借りないで、ひとりで自立した生活を送ることができる期間の寿命」である。(P.23)

  健康寿命を終えて平均寿命までの10年は何らかの病気を抱えたり、介護が必要になったり、寝たきりの状態になったりしているということになる。

  私は健康寿命を日々延ばしているので有難いと思っている。できれば平均寿命を超えてさらに健康寿命を延ばせたらいいと願っている。もちろん身体に何も問題がないわけではない。ときどき腰痛を起こすとか耳鳴りがいつもしているとか緑内症という持病があるなどのことはある。

 でも自立していて自由にどこへでも出かけられるので健康寿命だと思っているのだ。この本によると、脳血管障害や認知症が高齢者の障害の40%を占めているという。私の心配することもそこにある。脳梗塞や脳溢血と認知症が一番怖い。

                    H.S.

 

| | コメント (0)

「生涯健康脳」を読んで―②―

 著者の瀧教授は、第1章の「見た目と脳は一致している!」で次のように書いている。

 「私は人に会うと長い間の研究のせいで、その方の脳が見えてしまいます」と言っている。「例えば70歳の男性が撮影のために、MRI室に入ってこられたとしましょう。身なりがきちんと整い、お洒落のセンスもところどころに感じられます。機器まで案内した短い時間にも、その言葉遣いはとても丁寧で、しかも声が若々しい響きを持っています。

 実は、ここまでで、もう私の頭の中には、この男性の脳の画像がはっきりと映しだされています。脳の中枢である「前頭葉」はじめ周囲にもほとんど萎縮がなく、しっかりした脳のがそうです」(P.16)  MRIの画像解析という仕事で16万人の脳の画像を見て来て気づいたことがあるという。それは「身なりと脳の画像は多くの場合一致する」ということだという。先の例と逆に身なりが老け込んでいる人は脳も老け込んでいるそうだ。(P.17)

 「『名は体を表す』という言葉がありますが、まさに『体は脳を表す』という言葉が実にぴったりと当てはまります。脳がしっかりしているから、きちんとした服装をしていることも考えられます。身なりや言葉遣いに頭や心を働かせているから、脳が健全であるということも考えられます。

 逆に脳が老け込んだ方は脳の委縮が進むことで認知力が落ち、外見を整えるところまで気がまわらなくなったということもあるでしょう。」(P.18)

 このように言われると少し頭が痛い気がしないでもない。年を取ってもお洒落な男性がいるが、私はお洒落にはあまり気を使わない、というかセンスがないと言った方がよいかも知れない。でも、だらしない恰好は家の中だけで、外に行くときは気を付けているつもりである。

 言葉遣いは丁寧にするように心掛けている。声は若々しいと言われることがあり嬉しく思っている。これはコーラスで発声の指導を受けてきたから効果が出ているのだと思う。

 しかし、最近のMRI画像では年相応の萎縮が見られるそうだから脳の衰えは進んでいるのであろう。でも、それを遅らせることは今からでも遅くないそうだから有難い。

                       H.S.

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »