« 田中大貴マジックショー② | トップページ | 大阪工大、千葉工大、バレーボール定期戦懇親会で »

2015年12月14日 (月)

カレンダーを使ったマジック

 2015年も残り数日になってきました。そろそろカレンダーも更新される季節ですね。いろんな会社、電気屋さんとかからカレンダーをたくさんいただくと思います。

   来年は余ったカレンダーは捨てないでカレンダーマジックなどに利用してはいかがでしょか。予言のマジックです。

 ①お客様にカレンダーの縦横4つの数字が囲めるようにどこでも一か所を囲ってもらいます。

   ちゃんと囲まれているかを確認した後、マジシャンは後ろを向きます(カレンダーを見ません)。

  そして、予言の数字を紙に書いて書いた数字が見えないように折り、お客様が見えるところに置いておきます。

 ②囲った枠の中で好きな数字に丸をしてもらいます。そしてその丸を付けた数字の上下左右の数字を横線で消します。

 ③まだ消してない数字の中で好きな数字に丸をして、その丸の数字の上下左右の数字を横線で消します。これを丸が付けられる数字がなくなるまで繰り返します。 4個の数字に丸が付いていると思います。

 ④さー、なんということでしょうか!丸の付いた数字を全部足すとマジシャンが予言した数字と一致するのです。

 画像をよく見ていただくとわかりますが、お客様が選んだ数字の上下左右を次々に消していくと絶対に2個の数字が並ばないようになります。

これがこのマジックの数学トリックです。わかりましたでしょうか?わからない時は、機会をみて解説をさせていただきます。小澤

 

Cimg1968

 

 

|

« 田中大貴マジックショー② | トップページ | 大阪工大、千葉工大、バレーボール定期戦懇親会で »

マジック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 田中大貴マジックショー② | トップページ | 大阪工大、千葉工大、バレーボール定期戦懇親会で »