« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

見事な「変面」「変身」の動画

 「変面」と「変身」とパラソルの色チェンジを次々に行うという見事なものです。台湾の動画だと思うのですが、スマホで見るときれいです。

 下記のは台湾の中国語です。「顔を変える」「衣服も一緒に変える」「最後は助手の衣服がなくなる」という意味のようです。

這才叫變臉,連身上衣服一起變,最後連女助理衣服都不見 http://www.geimian.com/wx/30633.html

| | コメント (0)

2016年1月29日 (金)

遠州一座公演へ友情出演

 遠州一座は浜松地区ではボランティア団体ではNO1である。出場回数が半端でない。 去年500回記念を行い地方新聞で大々的に取り上げられた。

 公演内容は、日本古典芸で獅子舞、傘芸でのマス、まり回しetc面白おかしく年寄りを飽きさせない芸で頑張っている。 衣装、メイクにも相当こだわっており芸をカバーしている。

 座長のF氏と私はボランティア、発表会etcでお互い交流をしている関係上今回の出演依頼があった。

 1月23日市内雄踏地区で、小山会館新築祝いと雄踏地区の老人の新春お祝いの行事をかね、盛大に行いたいとの趣旨で、友情出演する機会を得た。

 新館だけ有って舞台、音響装置、観客席も素晴らしく、環境として申し分なかった。

 当日約100名の観客で得意な演技を披露した。演技時間15分という事でいつも手伝っていただくM氏と二人で頑張った。

 M氏の公演はゴミ箱の玉の貫通マジック。お得意の一つで完璧な演技。観客からは「舞台マジックで後席まで不思議さが伝わり、素晴らしかった」。中には「ゴミ箱に穴が開いていると」確かめに来たお客もあったと言う。

 私に要求される演技は決まっている。安来節マジックである。これを観たいと愛してくれる人がだんだん増え、「楽しみにしているよ!」と言ってくれる人が多くなり、幸せ者である。

 今回でも3回目という人もあったが、「以前と違って毎回進歩している」今の自信作であるので必ず見て楽しむようお願いした。

 思った通り、見ている人100%近い人から割れんばかりの拍手を頂いた。前日も磐田のホテルで披露しており自信はあった。やんや、やんやの歓声付で宴会芸そのものである。一般人を喜ばせるには自信をもっていい芸になった

 これも日頃あそこを直せ、それはやめろと指導して下さった先生のご指導の賜物と思って感謝している。とは言っても自分の出来はまだまだで、歩き方が曲に乗っておらず余裕がない。改良点はまだまだ有り芸の深さを感じる。

 名古屋華の4月の発表会ではスタンディングオベーションをと期待している。まだまだ研究しなくては!                    

                   馬車馬のNK

1

Photo

| | コメント (0)

2016年1月26日 (火)

関西奇術連合会の新年会

 1月23日(土)24日(日)の両日、例年のように関西奇術連合会の新年会があったので、名古屋華マジカルグループからは10人ほど出掛けた。

 季節がら寒波到来で大変寒かった。しかし、ホテルについてからは、寒さ知らず早くも春到来の雰囲気、全国各地から参加されたマジック愛好家たちの熱気であふれていた。

 大津プリンスホテルは、4年前に建築された新しいホテルで、内部の設備等は新しく、宿泊する部屋も広く、2人部屋が用意してあった。通常何処でもコンベンションは4~5人雑魚寝が主流で、時にはいびき等の問題を抱えていた。

 当日は、ゲストショーはカラクリドールさん他、そしてコンテストショーがあった。しかしあっというまに終わった感有り。コンテストはコミカルなものでは、マジック的でないものも幾つか含まれていたが、会場の笑いを誘っていた。

 交流の深い長野マジックの会長のお孫さん(4年生)が演技賞となって人気を集めた。その素質を認められて、子供ながら素晴らしい演技であった。会長賞は、該当者がいなかった。

 各地コンベンションで審査員をしておられる名古屋華マジカルグループの鈴木元先生も例年審査員として参加しておられるが今年もご紹介があった。

 夜のパーテイーでは知り合いのマジシャンが多勢おられて、久し振りにマジシャン達の交流の場となって、華やいだ雰囲気に酔いしれていた。

 2日間の日程の中でも毎度のお楽しみは、名古屋華グループ会員達が夜一室に集合してのマジック談義が良かった。マジック人生のミーテングもこういう機会ならではの数時間で大変盛り上がり、夜が更けるのも忘れて語り合った。

  翌日のゲストショーでは、魔法の愛華や、MRアガック、長野マジック会長の孫で野町隆文君(昨日のコンテスタントの兄)等お馴染の出演に見応えを感じた。

 例年のお土産マジックだが、今年は折たたみテーブルであった。とても便利でデザイン的に見た目も美しく優れたものであった。

 スケジュール終了後は、各々お土産マジックのテーブルを肩にぶら下げて、別れを惜しみながら帰路に就いた。

 参加者の皆様お疲れ様でした。

                    M・O

| | コメント (0)

2016年1月24日 (日)

天白福祉マジック同好会のマジックショー

 天白福祉マジック同好会は天白福祉会館の館長と有志3名で昨年6月に立ち上げた同好会であります。

 

 同年の8月28日には天白文化小劇場で12月3日には緑福祉会館でマジックを披露させていただきました。各施設からも要請が入っており結構忙しく活動しております。(正直なところ、あまり要請は無いだろうと思っておりましたが幸か不幸か多忙になりつつあります。・・・まさに想定外なのであります)

 

さて、さて、1月16日(土)は天白福祉会館で13:00からマジックショーであります。事前に看板・チラシ・案内状等の作成をしなくっちゃ~~と思っておりましたが、すでに館長の方で作成済みで、これにはびっくり仰天のオッペケぺ~~でございます。

  早くから、演者名・演目内容の要請がありましたので・・・そんなに慌てなくてもな~~と思っておりましたが、裏の裏で応援してくれておりましたのです・・・感謝!感謝!でございます。

 当日は着替え室の確保・駐車場の確保と気をつかっていただきました。前日の1月15日に出演者全員集合で福祉会館の舞台をお借りしてのリハーサル・・・司会内容・段取り・音楽等々の確認をしながらバタバタやりました・・・ヨッシャ!!!明日は皆で頑張ろうぜ!!

 

演者は小学校6年生を筆頭に計6名で「ウオータープロダクション」「ステッキ&フラワー」「コケコッコー」「はてな???」「羽織抜け」「胡蝶の舞」「ロープ&リング」「人体浮揚」の演目を1時間かけてやりましたよ。

 

会場の収容人員は50名でほぼ満員状態・・・皆さんの反応も良くたのしく演技をさせて頂きました。館長さんからもお褒めのお言葉をいただき大成功でございました。 関係者の皆さん、観客の皆さん・・・お陰様で楽しいひと時を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。

 

  鍋の華

| | コメント (0)

2016年1月22日 (金)

スマホのデータ預かりアプリ

 iphone6sを買ったときや初期化をしたとき、連絡帳のデータの移し替えが一番先にしたいことである。

 今回初期化をしたのだが、すぐにパソコンのituneに保存したデータをiphoneに戻せなかった。昨日も書いたように初期化の状態でバッテリーの状況を見るためであった。

 最初初期化をしたときに、連絡帳が入っていたので安心していたのだが、友人から電話が掛かったとき、名前を表示しなかったので変だと気が付いた。調べてみたら古い連絡帳であった。

 Appleのサポートに相談したら、私のキャリヤーのauにデータが残っているかもしれないと言った。そしてauの担当者に電話をつないでくれた。auの人が言ったのはicloudに保存されていたものが入ったのだろうということだった。

 そしてauの「データお預かり」という無料アプリのダウンロードを勧められた。APP Storeから検索してそのアプリを見つけインストールした。

 係りの人の指示に従って操作をしていった。そしてauのデータにつながりショートメールでアクセスのURLが送られてきた。

 そのURLから連絡帳がiphoneに入った。中を調べるように言われたので調べたら現行の連絡帳であった。

 auの係りの人は、今後のために、連絡帳のデータを「データお預かり」で保存するように設定しておくとよいと勧めてくれ、そのようにしてくれた。

 説明によるとicloudと連携してデータの保存をするようであったが、私には理解できなかった。でも今後機種を変えたり、初期化したりしたときに楽になるだろうと思った。

 嬉しかったのは、AppleのスペシャリストのKさんが、後で確認の電話をくれたことであった。大変行き届いた対応でAppleに信頼が増した。

               H.S

| | コメント (0)

2016年1月20日 (水)

メールの削除について

 先日来、iphoneの初期化をしてバッテリーの減り具合を確かめている。このことについては書いた。

  初期化をした後、メールをiphoneですべてチェックできるようにした。ところがパソコンで使っているcommufaのメールとGmailがサーバーに残っていてそれがどさっとダウンロードされたのだ。

  500件とか700件とかあって、削除しても削除しても次々に出てくるのだ。それでもGmailの方は割合こまめに削除していたので何とか片付いたが、commufaのメールはどうにもならないい感じであった。

  仕方ががないのでcommufaのサポートに電話をして相談した。結局サーバーに残っている限りiphoneに降りてくるということで、サーバーで削除しなければならないという話であった。

  そこでリモートコントロールをお願いしてサーバーのメール受信箱に入って調べたら、4400件も残っていた。年でいうと2012年のメール以降が残っているのだ。

  まず、私が使っているOUTLOOKのメールの方のツールから入って、受信したメールの処理の仕方を変えた。それまでは「サーバーに残す」となっていたのだ。それを「outlookで完全に削除したらサーバーに残さない」に変更した。

  それからサーバーに戻ってメールの削除をしたが、100件ずつになっていて100件を全部選択して削除することを繰り返した。

 面倒であったがサーバーのメールはほとんど削除した。それでもiphoneに入ってしまったメールは手動で削除しなければならなかった。

 今回のことで分かったのは、サーバーにもメールが残っていてそれが残っている限りスマホにダウンロードされるということ。メールの受信後の設定でサーバーから削除する設定をしておくことがだいじであること。サーバーで削除ができること。こうしたことである。

             H.S

| | コメント (0)

2016年1月17日 (日)

知らなかった、顔ダニがいることを

 Yahooニュース「IT」の中に「ヒトの顔に生息するダニは『人類の歴史』を紐解く秘密を知っている」という記事があった。何だろうと思って読んでみたら、人間の顔にはダニが住んでいるというものであった。しかもダニは人類が出現した時からずっとくっついてきたというのである。

 「小さなクモのようなこの生き物は、人間の皮膚を好み、毛穴にそのチューブ状の体を潜ませて油脂や皮膚細胞、バクテリアを食べて生きている」と書いてあった。

 でも人間には害は与えないというのだ。  「『米国科学アカデミー紀要(PNAS)』で発表された新しい研究によると、世界のさまざまな地域のニキビダニ(顔ダニ)を調べたところ、世界で「4つの異なる系統」が存在することがわかった。アフリカ人の顔にはアフリカのダニ、アジア人はアジアのダニが存在しているという。そして、ヨーロッパ人もラテンアメリカ人も特有のダニの種類があるのだ。あなたの祖先がずっと前に別の大陸に移動したとしても、彼らが子どもに自分のダニを引き継ぎ、それらを代々伝えてきたのだ」という。

 この研究はカリフォルニア科学アカデミーの科学者ミシェル・トラウトワインのチームで行われた。人々の顔を擦って採取した顔ダニのDNAを分析したのだ。  「人類がアフリカに発生し、環境に合わせて進化してきたように、顔ダニの進化も同様だ。初期の人類に付着した顔ダニからDNAを取得することはもはや不可能だが、科学者たちは彼らの遺伝子を調べることによって、「進化論的にどう変化してきたか」を明らかにすることができる。

 進化の原動力は、遺伝子の突然変異にある。遺伝子を変異させることによって、種を保存し子孫に残すべき特徴をもった生物を誕生させる(環境に対応できるようわずかに遺伝子を変化させていくのだ)。これらの突然変異は、種が繁殖するとき一定の割合で起こる。」 トラウトワインによると「長い時間をかけてどのようにDNAが変異してきたか、そしてその間変異が何回発生したのか分かる」いう。そして年代を決定できるのだそうだ。

 「顔ダニのグループ間のDNAを比較することで、研究グループは4系統それぞれが240万年から380万年前の間に、系統が分岐し始めたことを突き止めた。まさにこれは、わたしたちホモサピエンスがこの地球上に出現してきたのと同じ頃にあたる。人類が最初にアフリカからアジアへ移動したとすれば、4系統間ではアフリカとアジアが最古の系統なのだろう。」 「『過去1万年の間に、わたしたちは家畜などからこれらのダニを獲得したわけではないのです。顔ダニは実に古い時代に多様化して、それは人類のすべての歴史とともに生き続けてきたことを意味しています』とトラウトワインは言っている。」

 我々人間の顔にダニが住み着いているのは全く知らなかったから「びっくりぽん」であった。私は毎朝石鹸で丁寧に顔を洗い、カミソリで顔を剃っている。その間ダニは毛穴にひっそりと隠れているのであろうか。

 人類の歴史と共に存在するというのだから凄いとしか言いようがない。ネットで画像を調べたら驚いたことにいっぱいでて来た。中には可愛いものさえある。  また顔ダニについても詳しい解説がしてあるサイトがあった。顔ダニが原因でニキビになったりすることもあるようだが、一般的には害はないようだ。それどころか人間の老廃物を食べてくれるので有益だという。

 巷に見かけるきれいな女性の顔にもダニがいるらしいから面白い。キッスや頬寄せで移るというからそんなに行動的なのかと思った。

 人間の体には腸内細菌だけで300種類、100兆個、身体全体には60兆個の細胞の10倍(600兆個)の細菌がいるというから、ダニがいてもおかしくはない。

               H.S

 

続きを読む "知らなかった、顔ダニがいることを"

| | コメント (0)

2016年1月15日 (金)

島田晴夫師特別講演

 島田晴夫師 特別講演のお知らせです。

 海外生活50周年を迎えテンヨーからデビューして60周年を迎えた伝説のマジシャン島田晴夫師が来日します。

 昨年11月にロサンゼルスのマジックキャッスルで45分のワンマンショー傘、マニュピレーション、鳩のフル手順を1日3回行うなど奇跡のようなパワーと精神力は健在‼

更にマジックを芸術として深め人々を感動させてくれました。

 今回も講演とマニュピレーションの実技及びレクチャーをして頂きます。

懇親会、軽食付き
 
 海外進出50周年記念講演DVD付き

日時  2月27日土曜日
       2時半開場

 
       3時開演
 
       5時より懇親会

 料金 10,000
 
     限定25

会場  東京都北区滝野川7-32-12
        セレッソマサキ
101
                     ケン正木スタジオ

 埼京線 板橋駅 東口より徒歩5分

 

 

| | コメント (0)

2016年1月14日 (木)

新感覚マジックショー  ―②―

 新感覚マジックショーと言うだけあって、舞台装置・音響・照明は一風変わったもので親子で楽しめる装置のように思える。

 例えて云えば、お化け屋敷の中に妖怪ちゃんがいっぱい居るという感じだろうか・・・(ちょっと例えが悪いかな?)・・・

 舞台セットの代わりに、動きのある映像で演出することにより、迫力ある臨場感が会場に伝わり、さまざまなシーンをスムーズに場面展開できるので、演出の幅も広がると謳われている~~~

 それで、このような装置を考えているのは誰だろうかと思いチラシを見ると「やとみ またはち」・・・作家・作曲家・演出家・劇団アルクシアター主宰「Masaki」・・・マジシャン・マジックプロデユース・特殊効果演出と紹介されている。

  さて、さて新感覚マジックショーの始まりであります。出演者は[Masaki]⇒ドクター・カイ役 [中友 真矢]⇒声優(ワンマタ役)[角 真里奈]⇒MC(マリナ役)の3名でございます。

 ヒュードロ、ヒュードロ、ヒュードロロで妖怪ちゃんが登場でございます。 「あーでもない」「こうでもない」というやり取りがあり、妖怪ちゃんが「ヨレヤクッジマクヤハ!」と妖怪言葉で言いました。(逆に読むと解かるよ・・・へへへ)

  最初はイリュージョンで、大きなBOXの中に火を入れた瞬間、美しい女性が出現でございます。会場内にどよめきが伝わりました。

  PIZZAと書かれた長方形の箱に中央に穴が開けてある。中にはピザがあり左右に移動する・・・右に移動、左に移動・・・どっちにあるかのやり取りで子供さん達が大きな声で右だ!!左だ!!と大騒ぎ・・・最終的にはピザは箱から消えてマジシャンの背中に・・・アレ!アレ!なんと不思議なことでしょう。

 次に、紙コップとペットボトルの水(これを人間界の水という)と言えば、皆さんご存知のマジックで客席から1名指名されて、壇上に・・・紙コップに人間界の水を入れてお客さんにオマジナイを言わせるのですが、これが難しい。「マーギマギマギイベリキチベリ」となかなか言えないので会場内は爆笑!爆笑!なのです。このオマジナイのお蔭で紙コップの水が消えてしまいました。

 いつの間にか、スクリーンの中にマジシャンが入り込みました。スクリーンを使ってのコインマジック(コップからコインの貫通)、妖怪トランプを使っての妖怪ジャンケン。そしてスクリーンショップでマジック道具の宣伝も面白おかしく、楽しく進行したよ。

  スケッチブックから本物のボーリングのボールが出現、ここでオマジナイ(皆さん!目をつぶって云ってごらん・・・言えるかな?)をかけると、会場の後ろから大きな妖怪風船が3コ(妖怪は何と数えるのかな・・・?)漂う・・・・触るといいことがあるということで子供も、大人も、じいちゃん、ばあちゃんも万歳の格好で触ろうとする・・・鍋の華さんも触ったぜ・・・

 これで会場内は熱気むんむんであります。結局、会場内のお客さん全員触ったよ~~~ 最後は、切断イリュージョンと瞬間移動(この瞬間移動は今まで見たことのない速さでありました)

  次回、5/27(金)、28(土)、29(日)に今池ガスビル9階で開催されるようです。 鍋の華

続きを読む "新感覚マジックショー  ―②―"

| | コメント (0)

2016年1月13日 (水)

1.2.3月例会スケジュール

スケジュール

★ 1月  9日(土)

  午前  特別指導

  午後 bellsnow新年会 snowbell (全員参加) 視聴覚室 12時~

 ★ 1月 16日(土) 例会は午後1時から

      午前  特別指導

 午後  例会 レクチャー  演技指導

 ★  2月  6日(土)  例会は午後1時から

 午前  特別指導

   午後  例会 レクチャー 演技指導

 ★2月13日(土)   例会は午後1時から

 午前  特別指導

 午後  例会 レクチャー 演技指導

 ★ 3月12日(土)

 午前 特別指導

  午後 リハーサル

 ★3月26日(土)

 午前 特別指導

 午後 リハーサル

 

| | コメント (0)

2016年1月12日 (火)

新感覚マジックショー    ―①―

 1月11日(祝日)は成人式で、徳重にある緑文化小劇場に晴れ着姿のお嬢様が吸い込まれていく。もちろん背広姿の男性達も・・・希望にあふれた成人の姿はすがすがしいものである。成人の皆さんおめでとう!!

 このめでたい日に、今池ガスビルの9階ホールにて妖怪マジックショーがあるとの連絡があり見に行った。マジックショーのチラシを見ると1/9(土)⇒2回 1/10(日)⇒3回 1/11(祝日)⇒2回と3日連続で計7回のマジックショーである。これには、びっくり仰天でございます。

妖怪マジックのあらすじは・・・街外れにある古い館・・・そこでは、とある研究が行われていた。それは、妖怪の住む世界“常世(とこよ)”から、妖怪を“この世”に呼び寄せ、妖怪の特技を活かしたマジックを開発する「妖怪マジック」の研究・・・

 この妖怪マジック研究所では、マジシャン「ドクター・カイ」と妖怪派遣怪社「ヒュードロ株式怪社」で働く妖怪たちが協力し合い、人間を驚かせるためのマジックを日々、研究しているのであった・・・と説明されている。

 この設定、妖怪とマジックのコラボで、とてもユニークで面白いですよね。マジック狂の皆さんもこのような発想が必要かもね・・・

 舞台の中央に大きなスクリーン・左右にもスクリーンそのスクリーンには数々の妖怪たちが登場するのであります。

 妖怪さんを呼び出すには「ヒュードロ、ヒュードロ、ヒュードロロ」と呼ぶのだそうです。観客全員で「ヒュードロ、ヒュードロ、ヒュードロロ」見事妖怪ちゃんが機嫌よく出てきたのでありますよ。面白いね・・ホント!面白いんだから・・

 では皆さん!おまじないは何というのでしょうか?・・・マーギマギマギイベリキチベリ」と言うそうですが、このオマジナイ見ずに言えるかな、難しいよね。

 ここで、妖怪言葉を紹介しようね。例えば「こんにちは」を妖怪言葉でいいますと「ハチ二ンコ」といいます。これが解かれば、あなたも妖怪さんたちと素晴らしいお友達になれるぜ~~~なに!!!解かんない・・・では、もう一つ妖怪言葉を紹介するよ・・・「すし」を「シス」というのであります。

 つづく

  鍋の華

| | コメント (0)

2016年1月10日 (日)

iphoneのから写真を印刷

 iphone6Sを買って、それまでの5sよりきれいな写真が撮れるようになった。それに64Gになったので、写真をiphoneに溜めている。5Sからの写真と合わせて680枚ほどになった。

  先日日本舞踊を観に行ったとき、舞台の写真を撮ったのだが、初めの内ピントがぼけていた。照明の関係かとおもっていたが、途中で液晶の画面に触れてみたらピントが合うことを発見した。1~2秒の間だがその間にシャッターを押せば鮮明に撮れるのだ。

  いつもデジカメをベルトにつけて持ち歩いているが、最近はiphoneで撮ることが多くなった。iphoneで撮った写真はそのままパソコンに送ることができて便利なのだ。デジカメの場合はパソコンのUSBに接続しなければならないので手間がかかる。

  ところでiphoneで撮った写真だが、印刷機でプリントするには、一旦パソコンに取り込んでからでないと印刷できないと思いこんでいた。また先日八事のエディオンに行ったとき印刷機を見て、店員にスマホから写真を印刷できないか尋ねたら、Andoroidはできるが、iphoneはできないという答えであった。Andoroidにできてどうしてiphoneはできないのかと不思議であった。

  次の日、たまたま「iphone6s完璧使いこなしブック」を見ていて、「印刷するのにPCを立ち上げたくない・・・・」という記事を見つけた。それによると「パソコンを介さなくてもiphoneからの直接印刷が可能」と書いてあった。

  ただ不親切なことにブラザーの印刷機を例にしており、CANONやエプソンの印刷機のは出ていなかった。でも、アプリをダウンロードしてやればよいことは分かったので、Canonのアプリを検索した。

  そして見つけたのが、「Canon Print Inkjet」というアプリであった。それは無料アプリでAPPストアからダウンロードできた。

  早速試してみたらいとも簡単にiphoneにある写真を印刷できた。WiFiを共有して印刷機に写真を送り、印刷機が受け取ったら印刷できるのだ。

  これまで調べようともしなかったことを残念に思うと共に、エディオンの店員でさえ知らないのは情けないと思った。

  私は写真をプリントアウトすることは少ないが、それでもこれからは活用できるので有難い。ますますiphoneの利用価値が高まった。

 私の印刷機はCANONだがエプソンの印刷機でもiphone対応のアプリをダウンロードすればできる。もちろんAndoroidのスマホからも印刷が可能である。

       H.S

| | コメント (0)

2016年1月 8日 (金)

携帯に2度も入った詐欺メール

 携帯に、12月14日に、つぎのようなメールが入った。放っておいたら数日後にまた全く同じメールが入った。

  「この度は1等当せんおめでとうございます。」という見出しで、本文は下記のようである。

  この当せん通知について

  この度、貴方様がご契約の携帯電話の固定識別番号が1等当せん致しました事をお知らせさせていただきます。

  端末設定アドレス (私のメールアドレス)の個体識別番号である

  ■貴方様の携帯アドレス

  (私のメールアドレス)

 ■貴方様の個体識別番号

 123-456-789-123

 この抽選は全国の携帯電話ご契約者様の中から個体識別番号による抽選とさせていただいております。

貴方様は見事「1等」にご当せんしておりまして下記の振込準備を整えさせて頂いております。

■当選金額

[200.000.000円]

当せん金付証票法によりまずは、貴方様の受取意思の確認をさせて頂きますので下記により当選金の受取申込を行って頂きますようお願い致します。

 http://

申請期限:2015年12月14日迄

※高額当選者には無料で「その日から読む本」を差し上げております。突然、自分の元に舞いこんだ多額の金でこの先の人生が壊れてしまわないように『法律的・心理的・計画的」にこれからの人生を歩む方法を記載しておりますので必ず全てをお読み頂きますようお願い致します。 

※今日から貴方様の人生は180度変わります。金銭面が豊かになる事により素晴らしい人生設計が可能になります。まずは落ち着いて当せん金をお受け取り頂き、これからの自分のいきかたについてお考え頂くことをお勧め致します。貴方様は既に2億円の所有資格を手にしたのです。

当せん金の受取はコチラ

http://

※通知専用の為、上記フォームよりご返答下さい。直接返信しても届きませんので予めご了承頂きますようお願い致します。

 提携銀行

   当せん金振込担当 岡島 

携帯キャリアーに問い合わせたら、個体識別番号などというものは存在しないそうだ。まるで動物の個体識別みたいな16ケタの番号だが、いかにも大事な番号だと思わせるために作ったのであろう。

 

 提携銀行と書いてあって銀行名がないのもあり得ないことだ。他にもいろいろおかしなところがある。騙されないようにしよう。

     H.S

| | コメント (1)

2016年1月 7日 (木)

携帯電話の詐欺メールを防ぐ方法

 携帯電話のメールアドレスに2度も詐欺メールが送られてきた。それに関して携帯キャリヤーに電話をして尋ねたら、以下のような防止法を教えてくれた。

 私の携帯の場合、ガラケイを買った時から、次の3つの防止法は設定してあったことがわかった。

①インターネットメール規制

②迷惑メールお任せ規制

③なりすまし規制

この3つである。その内容については知らないが、一応対策はしてあったのだ。それにもかかわらず、今回詐欺メールが入ってきたのである。

そこで携帯キャリヤーは、さらに3点の防止の設定を勧めてくれた。

①URLリンク規制

②httmlメール規制

③ウイルスメール規制

である。私の場合、携帯のメールは送受信にはほとんど使わないので不便を感じることはない。パソコンに入ってくるメールのチェックはこれまで通りできるので安心である。

 これらの設定は電話で直ぐにやってくれ、料金はかからない。それにすぐに効力を発揮するので有難い。

 この対策をしてしばらく様子をみることにした。

      H.S

| | コメント (0)

2016年1月 6日 (水)

そば打ち

自称、馬車馬のNKです。新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 昨年末は、「手打ちそば」を打ちまして、北海道から名古屋まで発送いたしました。その中でマジックとは関係ないですが、ブログへのリクエストがありましたので軽くアップします。

実はわたくしはそば打ちの免許を持っています。全国麺類――――協議会、初段です。マジックよりキャリアは永く15年以上たちました。3年掛けて初段を頂きました。落選1回の劣等生です。

個人で師匠について習っていましたが「教室を」という事で「遠州手打ちそば愛好会」を立ち上げ、事務局を務めた経緯があります。立ち上げるまでと解散までいろいろ話がありますが紙面上無理です。

今までのトピックとして、友人に「店を開いたので一回/一週間」やってくれないかとの話もありました。

自慢はこのくらいにして現在は年1回の年越しそばのみになりました。下手になりました。でも味、口から胃までの特殊感はゆで方次第で、店では味わえない美味しさだと自信を持っています。

その為地元の友達はお返しを毎年用意しており、今年の最高品は遠州特産のメロン、スイカの少し小さめ店でも売ってない?1万円前後。大変な実績、期待と想像してください。

遠方からはメール,電話を頂きますが、美味しさの表現2分以上の褒め言葉がないと翌年送りません。

クラブでチャンスがあればごちそうしたいですが、いただく条件が難しいので、ついでにとはいかない点と、蕎麦のうんちくが言える人でないと「猫にーーーーー」。

ラーメンはテレビでいろいろ放映されていますが、そばはラーメン程パンチ力がなく「わびさび」の世界で、俗にいう「通」でないと、ただ食べて納得のいくものではない。

 とは言ってもマジックの発表会の如く、まだまだ満足した蕎麦を打ったことがない。美味しさは粉が勝負なので北海道さんの粉を冷凍庫に保存して使うが、今年は香りが今一。来年を期待。

手打ちそばに興味のある方があったら数回に渡ってアップしたい。それには交通事故のハインリッヒの法則をあてはめたい。ハーバート・ウィリアム・ハインリッヒが導きだした法則ですが、1件の重大な事故や災害の背後には、29件の軽い事故・災害、そして300件のヒヤリ・ハットがあるとする法則です。

 興味のある方はコメントにメッセージをのせてもらいたい。1件あれば30人の期待3件以上あれば100人の応援だ。3件以上あったら続編を書きたい。

 今年も言いたい放題でよろしく!

     馬車馬のNK

120160105

220160105_2

| | コメント (1)

2016年1月 3日 (日)

感動の初日の出

 元日の朝、いつものウオーキングに出かけようとして、ふと今日は晴れているから初日の出が見られると思った。念のためスマホのアプリで調べたら、快晴だと分かった。

 それでどこに行くとよいか考えたら、八事の塩釜神社がよいだろうと思った。理由は、娘が生まれる前に妻と塩釜神社にお参りし、安産の祈願をしたときに、高いところにある神社から東の方が望めたのを思い出したのだ。

 グーグルマップで調べたら塩釜神社まで徒歩で46分と分かった。それでグーグルマップのナビで歩くことにした。5時40分ぐらいに自宅を出発した。

 以前にナビを使ったとき、とんでもない方に案内されたので、慎重に見て歩いたが、曲がるところや横断歩道を渡るという指示は分かり難かった。それでも塩釜神社の方向は分かっているので何とか歩くことができた。

 南山中学の前の道を通って隼人池を過ぎまっすぐに道を辿った。途中で八事イオンの所に出ることが分かった。イオンの前を通って塩釜へ行く脇道に入った。昔車で塩釜神社に行ったのだがその記憶は薄れていた。ナビに従って歩いたのだが、塩釜神社は高いところにあると思ったのに下りの道が指示され迷った。

 曲がり角に塩釜神社の→があったので助かった。→は2回あった。それがなければナビでも迷うところであった。塩釜神社の近くで急な下り坂があり、その辺りに若い子たちがたむろしていたので尋ねたら、少し下ったところにあると言った。  着いたのは35分ごろで、間に合ったと思ったが、神社の近くには数人の人がいるだけであった。神社の境内に入って行ったら、神主さんがいたので日の出の方角を尋ねた。「あっちの方」と指さして教えてくれたが分かり難かった。

 6時45分が日の出だと思っていたのでもうすぐだと思った。道路の方に戻ってよさそうな場所に立った。

 そのうちに人が増え始めた。念のために日の出の時間を調べたら7時であった。東の方はかなり明るくなったが、まだ15分以上あった。7時近くなり坂の道にたくさんの人が並んだ。若い人が多かったので意外であった。

 7時1分ごろ山の端にほんの少し金色の光が見えた。誰かが「出た」と言った。日の出だと思ったら、見えなくなってしまった。また少したって、さっきより右の方に金色の光が見えた。今度こそ出ると思ったらまた見えなくなった。

 7時3分過ぎに金色の強い光が見え、見る見るうちに陽が上がってきた。やがて金を溶かしたような金色のたぎるようなもの凄い強い丸い球となった。カメラ液晶で見ると大丈夫だが、肉眼で見ると眩しすぎて直ぐに目をそらしてしまった。  

 私の長い人生で見た最も強く輝く金の太陽であった。以前乗鞍の頂上に日の出を見に行ったときも日の出は金色であったが、それより強かった。空がきれいに晴れていたので強い光になったのだと思った。

 人々は帰り始めた。私も眩しい太陽をいつまでも見ていると、目を傷めるといけないと思い帰ることにした。

 塩釜神社付近は初日の出を見るベストスポットだと思った。それに意外だったのは神社の駐車場がたくさん空いていたことだ。来年見に来るとしたら車で来ても大丈夫だと思った。

 歩いた時間は、私のウオーキングの速さで46分で、グーグルマップの計算と同じであった。思い切って初日の出を見に来て感動を得られてよかったと思った。帰りは地下鉄八事駅まで歩いて川名駅で降りて15分ほど歩いて帰宅した。

            H.S

Img_1128

Img_1132

 

続きを読む "感動の初日の出"

| | コメント (0)

2016年1月 1日 (金)

新年のご挨拶と名古屋華マジックフェスチバル2016のご案内

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

昨年中は大変お世話になりました。

昨年同様、今年もよろしくお願い申し上げます。

今年は、会員一同発表会「名古屋華マジックフェスティバル2016」

の準備を下記のように進めております。

新年のご挨拶と共に、イベント開催のご案内を申し上げます。

皆様のお申し込みを心よりお待ちしています。

 平成28年元旦         

 

              記

名古屋華マジックフェスティバル 2016  

 会 場  :名古屋市芸術創造センター 

      :(要)無料入場整理券 

      :2月1日より受付・定員になり次第締め切

 日 時 :2016年4月10日 13時30分

 ゲスト :亜羅仁 & りり杏

 事務局 :T E L      052-881-4758 

       : Eメール nagoyakam758@yahoo.co.jp

 

主催       : 名古屋華マジカルグループ

 

 

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »