« 1.2.3月例会スケジュール | トップページ | 島田晴夫師特別講演 »

2016年1月14日 (木)

新感覚マジックショー  ―②―

 新感覚マジックショーと言うだけあって、舞台装置・音響・照明は一風変わったもので親子で楽しめる装置のように思える。

 例えて云えば、お化け屋敷の中に妖怪ちゃんがいっぱい居るという感じだろうか・・・(ちょっと例えが悪いかな?)・・・

 舞台セットの代わりに、動きのある映像で演出することにより、迫力ある臨場感が会場に伝わり、さまざまなシーンをスムーズに場面展開できるので、演出の幅も広がると謳われている~~~

 それで、このような装置を考えているのは誰だろうかと思いチラシを見ると「やとみ またはち」・・・作家・作曲家・演出家・劇団アルクシアター主宰「Masaki」・・・マジシャン・マジックプロデユース・特殊効果演出と紹介されている。

  さて、さて新感覚マジックショーの始まりであります。出演者は[Masaki]⇒ドクター・カイ役 [中友 真矢]⇒声優(ワンマタ役)[角 真里奈]⇒MC(マリナ役)の3名でございます。

 ヒュードロ、ヒュードロ、ヒュードロロで妖怪ちゃんが登場でございます。 「あーでもない」「こうでもない」というやり取りがあり、妖怪ちゃんが「ヨレヤクッジマクヤハ!」と妖怪言葉で言いました。(逆に読むと解かるよ・・・へへへ)

  最初はイリュージョンで、大きなBOXの中に火を入れた瞬間、美しい女性が出現でございます。会場内にどよめきが伝わりました。

  PIZZAと書かれた長方形の箱に中央に穴が開けてある。中にはピザがあり左右に移動する・・・右に移動、左に移動・・・どっちにあるかのやり取りで子供さん達が大きな声で右だ!!左だ!!と大騒ぎ・・・最終的にはピザは箱から消えてマジシャンの背中に・・・アレ!アレ!なんと不思議なことでしょう。

 次に、紙コップとペットボトルの水(これを人間界の水という)と言えば、皆さんご存知のマジックで客席から1名指名されて、壇上に・・・紙コップに人間界の水を入れてお客さんにオマジナイを言わせるのですが、これが難しい。「マーギマギマギイベリキチベリ」となかなか言えないので会場内は爆笑!爆笑!なのです。このオマジナイのお蔭で紙コップの水が消えてしまいました。

 いつの間にか、スクリーンの中にマジシャンが入り込みました。スクリーンを使ってのコインマジック(コップからコインの貫通)、妖怪トランプを使っての妖怪ジャンケン。そしてスクリーンショップでマジック道具の宣伝も面白おかしく、楽しく進行したよ。

  スケッチブックから本物のボーリングのボールが出現、ここでオマジナイ(皆さん!目をつぶって云ってごらん・・・言えるかな?)をかけると、会場の後ろから大きな妖怪風船が3コ(妖怪は何と数えるのかな・・・?)漂う・・・・触るといいことがあるということで子供も、大人も、じいちゃん、ばあちゃんも万歳の格好で触ろうとする・・・鍋の華さんも触ったぜ・・・

 これで会場内は熱気むんむんであります。結局、会場内のお客さん全員触ったよ~~~ 最後は、切断イリュージョンと瞬間移動(この瞬間移動は今まで見たことのない速さでありました)

  次回、5/27(金)、28(土)、29(日)に今池ガスビル9階で開催されるようです。 鍋の華

|

« 1.2.3月例会スケジュール | トップページ | 島田晴夫師特別講演 »

マジック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1.2.3月例会スケジュール | トップページ | 島田晴夫師特別講演 »