« 横浜マジカルグループ発表会参加レポート | トップページ | メリケンハット »

2016年2月26日 (金)

浜松東ライオンズマジッククラブ会員募集

私は、暇なので趣味でいろんなサークルに入っている。安来節、マジッククラブ、社交ダンス、英会話、まだまだ暇でカレンダーを埋めるのが大変である。

各クラブ共通の悩みは会員減少である。マジッククラブに関して浜松の現状を述べてみると危機的状態である。

昨年は、浜松奇術連合会と称して、加入していたクラブは10クラブ会員数約30名。今年は2クラブ消滅して、8グループになり、中にはメンバーが1人(自分のみ)、2人で頑張っているクラブもあり、将来どうなるか連合会で話し合うが、メンバー増員方法は空論ばかりで、会合が盛り上がらない。原因は全て高齢化と若者が入ってこない事である。

それでもマジック発表会は毎年開催し、今年は22回目を迎える。6月18日開催予定。

これとは反対に少子化の日本ではあるが、名古屋華グループは特殊で増員の一途をたどっており、この手本となる会にも私は属している。メンバーが増える理由は多々あるが、イベントの多さと、指導する先生の技と情熱でひっぱっていると思っている。

 のクラブ、浜松東ライオンズ・マジッククラブは会員8名、3年目に入っている。今年10月23日第2回目の発表会を予定している。この会員数では開催できなので、友情出演の形でまた名古屋華マジカルグループに応援を依頼している。その節は、プロも交えて盛大に開催しようと計画している。皆さんの出席を期待している。

 

 今回の目的の一つは開催だけでない。認知度を上げて、会員増強の集大成の意味もある。集客600名以上、私の目標は将来会員30名以上を目指している。

それには個人に頼っては、今までの延長で効率が悪い。組織を作って活用する方法でと役員協力の下で体制を作った。結果が楽しみである。

まずはポスターを各地区協働センターに置かせてもらった。早速1名見学者があった。又顧問を3名引き受けてもらい、今後の思いを理解してもらおうと思って活動協力を願っている。

先日役員3名で静岡県下会員3000名余名のライオンズクラブトップに当たる人に顧問になってもらい、まず浜松350名に問いかける応援受託を頂いた。

まだまだアイディアがあるが名古屋華マジカルグループを手本に、共に発展していきたいと思っている。テレビを見ている時ではない。明日の準備をしなくては。でも毎回抜けている。

                     馬車馬のNK

20160223

|

« 横浜マジカルグループ発表会参加レポート | トップページ | メリケンハット »

マジック・雑感」カテゴリの記事

コメント

初めまして。浜松ほどの大都会でも、クラブ加入者が少ないのにはびっくりしました。私、湖西ですが、母介護の関係で鹿児島県の離島に張り付き状態。時間だけはあるので、1年半前、当地のボランティア芸能グループに昭和歌謡ギターでも、と思って参加を申し込んだのはいいのですが人前でやったことがないので、初参加は散々。そういう事もありうる思って、準備していた小ネタの手品でその場は切り抜けました。そしたら又参加依頼を受け、自分から申し出た手前、逃げるわけにはいかず2回目は全て手品で通しました。これが意外と受けたのですよ。正式メンバーになってくれと言われるし、腹をくくって手品担当を引き受けました(それまで人前でやったことはおろか、殆どネタ無し)。月に1回は慰問があるので、メンバーも観客と思い、ネタができるだけ被らないようにとそれからは、かなり真面目にネタのストックに努めた次第。思うに手品は、正直受けます。入所者にも、施設タッフにも。私のグループは唄、踊りがメインで構成されていました。しかし、いくら芸達者とはいえ、やはり単調さは拭えません。いろんなジャンルの芸が披露されると観客の興味を引きます。手品は驚きが入っています。でも、手品だけで慰問すると、これまた単調になるんでしょうね。私のグループに依頼が多いのは、つまるところジャンルが比較的多様な処ではないか、とも思えます。手品会員の減少をお嘆きのコメント拝見して思いました。ボランティア活動活動をしたい、という方は多いはず。又、自己表現をしたい、という方も多いはず。他の分野との混成チームをできるだけ多く組まれる事で、出演機会を増やし、その事を売りに新参者を確保していくことはいかがでしょうか。手品の出来る人、興味のある人を待っていてもなかなか集まらないような気もしています。でも、歌や踊りと違って”すぐ舞台に出れる=すぐボランティア出来る”となれば、又、違うのではないでしょうか。手品の場合は、稚拙な演技も許されます。喜んでもらえます。私が、いい例です。敷居が低く喜んでもらえます。ボランティアしたい人を手品師にしていく、というのも有力な方法ではないか、と思った次第です。頑張ってください。

投稿: トニー | 2017年6月10日 (土) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜マジカルグループ発表会参加レポート | トップページ | メリケンハット »