« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月26日 (火)

DAIKIイリュージョンマジック

イリュージョニストDAIKI

 5313時~ウイングタウン岡崎
 
5315時~ウイングタウン岡崎
 
551030~春日井交通児童遊園
 
5512時~エアポートウォーク
 
551430~エアポートウォーク

30065

1306

1001

 

| | コメント (0)

2016年4月24日 (日)

DJタクマの熊本・大分復興トーク&マジックライブ

〇催事名:DJタクマの熊本・大分復興トーク&マジックライブ

〇会  場:東建ホール丸の内(名古屋市中区丸の内)

〇日  時:5月3日(祝)14時開演(13時30分開場)

〇料   金:¥3000(全席指定で代金は全額義援金になります。)

○申込み方法:郵便の場合、往復はがきに▽住所 ▽氏名 ▽電話番号 ▽希望

 枚数をご記入の上、27日までにご投函下さい(27日消印有効返信はがきで通 

 知をお知らせします。)

 返信はがきが入場券になり、当日お支払いいただきます。

  送り先:〒464-0006 名古屋市東区東桜2-4-9 ナゴヤビル201

 タクママジックスタジオ「復興ライブ」

  メール:takumano1@yahoo.co.jp 件名に「復興ライブ希望」と記載してください。

 通信欄に〇住所 〇氏名 〇電話番号 〇希望枚数を記載下さいませ。 入場券を

 郵送します。当日お支払い下さいませ

37015

 

| | コメント (0)

2016年4月21日 (木)

8周年記念名古屋華マジックフェスチバル

 

 さーて、さてさて・・・やってまいりました!!・・・なにが???決まってるじゃん!!かの有名な名古屋華マジカルグループのマジックフェスティバルでござんす。

 どこでやるの???名古屋市の芸術創造センターだって!!!へえ~~~あんな大きなところでやるの!!!すごい!凄い!!・・・なにせ8周年記念だからね!!!・・・

「ゲストは亜羅仁&りり杏さんでございます」ということで、マジックフェスティバル開催日4月10日(日)天候晴れ・・・がやって参りました。満員御礼になるかな~~~ちょっぴり心配でござる。

  当日は、8:50会場に集合・・・9:00に朝礼、手品道具の搬入と慌ただしい・・・9:30からは、受付準備・場ミリ・照明・音響・会場内外の確認及び設定・食事の準備等々で緊張が走る・・・10:00からは会員のリハーサル・・・12:00からはゲストのリハーサル・・・時は刻々と過ぎてまいります。

 今回は初めてメイク係なるものが設けられ、出演する前にメイクをするのである。え!え!え!である。男が化粧をするのかい???戸惑いながらも鍋の華さんのメイクが終わり、安来節のお兄さんの番である。メイク中に「よ!!お兄さん!いい男!」と呼びかけたら満更でもない顔をしていた。化粧とはこういうものか?ちょっぴり女性の心理がわかるような気がした。兎に角、マジックをやっていると思わぬ体験をさせてくれるぜ・・・・・

 

 そろそろ私の出番であるが、マジックテーブルの道具チェックをしたところ、マジックで使う布切れがない・・・朝から探しているのだがどこを探してもない・・・今日は、たまたま黒いハンカチを持ってきたので代用することにした。

 何か悪い予感がしたが、それ以外は準備OK・・・舞台の中央にセットしたテーブルを運んだ時にテーブルのコロが床に引っかかって投げテープの仕掛けが壊れてしまったのであります。仕掛けのやり直しをしたかったが、お客様を待たせるわけにはいかないので、そのまま演技に入った・・・なーんと情けないことでしょう・・・

 道具セットと道具運びの管理の必要性をつくづく感じた次第でございます・・・たった一つの救いは演技と音楽がピッタリあったことであります。・・・飽くまでも自己評価だけどね・・・

 

 私は、舞台裏をあっちこっちしていたので、皆さんの演技をまともに見させてもらう余裕がなかったのが残念でしたが、それだけにビデオを楽しみにしています。鑑賞された皆さんからは、「本当に良かった。楽しませてくれてありがとう」の声を聴き、名古屋華マジカルグループ全員の結集力と演技力のレベルアップを感じました。

 1階席、2階席ともに満員御礼とのことで大成功!!大成功!!そして、ゲストの亜羅仁&りり杏さん応援頂きありがとうございました。

 鍋の華

Dscf1060

| | コメント (0)

2016年4月20日 (水)

五月祭マジックショー

【五月祭マジックショー】
5/14(
)5/15()
東京大学本郷キャンパスで五月祭開催!

8715

| | コメント (0)

2016年4月19日 (火)

ジュニアマジシャンビデオコンテスト

  テンヨーでは、17歳までの方を対象とした「ジュニアマジシャンビデオコンテスト」を毎年開催しています。

 マジックファンなら誰でも気軽に参加ができるこのコンテスト、15年目となる今年も募集開始だそうです。

 身近な品物を使ったクロースアップマジックから、広い舞台で演じるステージマジックまで、どのようなマジックでも参加が可能です。

 春日井広報大使の田中大貴さんも、第4回でグランプリを受賞されています。

 募集要項は下記    
 http://www.tenyo.co.jp/magic/a.html

963

| | コメント (0)

2016年4月17日 (日)

マジックディナーショー

98767

| | コメント (0)

2016年4月16日 (土)

名古屋華マジカルフェスティバル2016

私の書きたい事は沢山あってすべて報告したいですが、長文は飽きられるので、フェスティバルの内容については他の人に譲って、フェスティバルの前後を主に報告したい。そんな関係上マジックの内容に興味のある方は読み続けるのはスキップしてください。

浜松からは7名の観客であった。2名欠席。まず余った2枚の結末から述べさせてもらう。

 今回はチケット欠乏症候群で「立ち見は1人たりともあいならん」。という事で整理券は全て事務局に集められ、定員オーバーしない様2次発券はなかった。その為演技者のお母さんが来られる理由でもNGだった。

 そばにいた私の助手が余った1枚を渡して大変喜ばれた。この光景を見ていた他の会員から後日電話があり「2枚必要、何とかならないか?」親戚のところまで取りに行き1枚名古屋へ急きょ郵送した次第。

 私を含めて3名はリハーサルの関係上、前日名古屋にとまった。夜はホテルで過ごすのはもったいない、前夜祭として、我がマジッククラブの会員のスナックママ「三奈」さんの店が栄町にあるという事で歩いて行った。大歓迎で迎えてくれた。

 4,5回目だがママが料理好きでおつまみに既製品は出さない。すべて手作り「わらびとタケノコの合わせもの」「煮物」「酢ものとしてナマコ、こはだ」最後は「イチゴのフルーツ添え」だった。3時間ほどだったが盛り上がった!盛り上がった!。他のお客5名計8名と、どんちゃん騒ぎ。

 他の客5名は、カラオケ殺し。本日も常時95点以上97点を数回出した人、私はマジック、安来節の友人は店にあったざるで披露、おまけにカウンターにいた若いねーちゃんも踊る始末。ママのマジック、お得意のおしぼり芸術、どすのきいたカラオケ。当日客で来ていた人とママ、ねーちゃん、97点おじさん、おなじみのおばさん4名が芸創センターまで来て見てくれた。別れぎわ前日の延長線の挨拶をした。

  次は応援者との約束。観客と演技者の一体感が重要と日頃思っている。拍手と応援ヤジでは私は満足しない。今回作戦を組んで出席願った。それは「スタンディングオベーション」をやることだ。日本では馴染みがなく勇気がいる。でも私の仲間の中に、私同様「目立ちたがり屋」がいるので喜んで了解を得た。他に2チーム作った。春日井の安来節仲間5名。それに前日スナックママグループ3組。我がボスが立ったら他のチームも立つ約束だった。

 でも当日満員の会場であったが、意外に静かな拍手で一体感に欠けた。前代未聞のスタンディングはなかった。プロ司会者だと拍手の余興練習があり始める前からテンションが上がるが、今回はまじめなシロト司会者。最後まで優等生な観客であった。

 もうあきたと思うので私の安来節演技に付いて、出来は70点?改良した生き物の入れ物の出来が中途半端で途中で生き物が出てきてしまった。でも全体的に上々の出来だったとプロの人からも言われた。千葉のコンテスト、中部奇術連合会、10月23日発表会とメインが目白押し。完成度を上げるぞ!

Dscf1061

Dscf1067

Dscf1065

 

 

 

                 馬車馬のNK

| | コメント (0)

2016年4月15日 (金)

4、.5、.6月スケジュール

例会スケジュール

★ 4月  3日(日) イーブル名古屋ホール

  午前 午後 リハーサル

  現地会員集合  9時

 ★ 4月 9日(土) 

  午前  午後 市芸創センターリハーサル

  現地会員集合   8時50分  

  駐車不可      近隣コインパーキング利用

★ 4月 10日(日)

 名古屋華マジックフェステバル2016

  名古屋市芸術創造センター13時30分開演

  現地会員集合   8時50分

  駐車限定数    近隣コインパーキング利用

★ 4月 23日(土)

  午前  マジック公開講座出演者特別指導

  午後  名古屋華マジックフェスティバルご苦労さん会

★ 5月14日(土)

  午前  マジック公開講座出演者特別指導導     大研修室

  午後  マジック公開講座 1:00~イーブルなごや 大研修室

★ 5月 28日(土)

  午前  特別指導 

  午後  例会

★ 6月 4日(土)

  午前  特別指導  

  午後  例会

★ 6月 25日(土)

    イーブルなごやフェスティバル

  午前  10:30~13:00  大研修室

  午後  13:00~14:30  大研修室

 

| | コメント (0)

2016年4月14日 (木)

マジック公開講座

マジック公開講座 初心者コース

  by  名古屋華マジカルグループ

 

日 時 2016年5月14日(土)

 

開 演 13:00~13:15オープニングショ-

 

浜松ライオンズマジックグループ

 

13:20~14:20 レクチャー  

 

14:20~14:35  休 憩

 

14:35~15:45マジックショー  

 名古屋華マジカルグループ

 

会 場  イーブルなごや大研究室                              

参加費  無 料

 

対 象  初心者対象

 

申込締切 4月末日

問合せ TEL&FAX :052-881-4758

 

Eメール  nagoyakam758@yahoo.co.jp

主 催  名古屋華マジカルグループ

 

 

 

| | コメント (0)

2016年4月13日 (水)

プロ直伝!パーラー演技の見せ方ワークショップ

2016417日(日) 13:3016:45 (開場1310

 会場 : 名古屋都市センター

 住所 : 〒460-0023 愛知県名古屋市 中区金山町1丁目1−1

 ▼テーマ:SAM企画「プロ直伝!パーラー演技の見せ方ワークショップ」  

 ▽講師:将魔

パーラーで演技をする際に気をつけたい事やショーの構成の仕方などを レクチャーの鉄人、将魔氏を迎えプロの秘伝のエッセンスを学びます。

 ワークショップ形式で希望者の演技をその場でカスタマイズしていきます。

 具体的なレッスンを見られる貴重な会となりますのでお見逃し無く!

28350_2

 

 

 

続きを読む "プロ直伝!パーラー演技の見せ方ワークショップ"

| | コメント (0)

2016年4月12日 (火)

チャリティとコンベンションとマジックショー

3084

Cimg3720

Maji

| | コメント (0)

2016年4月11日 (月)

元中日文化センター講師(故)柴田先生のノートから―④―

5、曲をバックにに演技する場合のポイント

 曲は演技の一部ですから十分に気を使った方がよいでしょう。フィギアスケートの演技を思い起こしてください。

 起承転結・緩急がついて曲と演技がぴったり合っています。プロマジシャンの演技も同様です。数百曲の中から、演じたいマジックと、自分の作り上げたいイメージにあった曲を選び出します。場合によっては曲をつないで作ります。そして、曲に合わせて演技の構成を考え、修正していきます。

6、お客さんの対応(切り抜け方)

 「あー見えた」「別の手に持ってるんじゃないの」と途中でちゃちゃが入る。別にタネのすべてが見えたわけでも、なんでもなく、あるお客がそう思っているだけです。観客全員にその種が解明できるはずもなく、気にせずにマジックを続けましょう。

 マジックの途中でちゃちゃを入れたがる人がいるとわかっている場合は、演技前にたとえば「まだ不慣れな部分がありますので、最後まで演技を見守ってくださいネ」とか軽く釘をさしておくと良いでしょう。

 「もう一回やって!」手品の三原則の話をして、「また別の機会にお見せしましょう。」といいましょう。決して2度続けて演じてはいけません。時間を置いてまたその観客が同じマジックを見た時に、もう一度感動・不思議さを味わうことができるからです。観客の楽しみを奪ってはいけません。

 でも、私は、絶対にばれない、もしくは2度演じても問題のないマジックの場合には、3原則の話をした後に「今日だけは特別に、あなたのために2度目を演じてご覧に入れましょう。ただしマジシャン仲間にばれるとマジック界から追放されるかもしれません。」といって演じたりもします。

 もう一つの方法としては、「分かりました。それではもっと面白いものをご覧に入れましょう。」といって他のマジックを演じるという手もあります。常にアンコール用のマジックを用意しておいた方が良いでしょう。

 マジックが終わった後で、「このマジックは、ここがこーなっているんじゃない?」とタネの解説を始める人もいます。その解説があっていてもあっていなくても「ご想像にお任せします。」といって、さらっと流すのがいいでしょう。

 マジシャンは別に観客をだまそうとか対決しようとかと思ってマジックをするわけではありません。あくまでも観客に楽しんでもらいたいためにタネを明かさないだけなのです。


 最後まで読んでいただきありがとうございました、・・終わり・・小澤
 

続きを読む "元中日文化センター講師(故)柴田先生のノートから―④―"

| | コメント (0)

2016年4月 9日 (土)

元中日文化センター講師(故)柴田先生のノートから―③-

4、必ず複数のマジックを組合わせる

 マジック道具を買ってくる、本で覚えるなどマジックのレパートリーが増えていきます。実際にそれらマジックを演じる場合には必ず複数のマジックを演じた方がいいでしょう。当然演じる場所や相手に応じて構成を考える必要がありますが、あるマジックを単独で演じて、それで終わってしまった場合には、観客は「あれはどうなっているんだ」などとネタの想像・推理に入って行きがちです。

 まあ、単独のマジックもありますが、拍手をもらったら、そこで目先を変えた現象の異なるマジックを続けると観客の考える余地を奪うことが出来、後には不思議さだけが残るという結果になります。そのほうが観客の印象もぐっと良くなる場合が多いです。当然「やりすぎ」は禁物で、観客が宴会などでマッジックに集中できる時間は5分から10分ぐらいですから3つから4つのマジックが適当でしょうか。

 その中で構成を組むとすれば、下記のオープニングマジック、中盤のマジックそしてエンディングマジックになります。

1)オープニングマジック
 現象のはっきりしたもので、かつ最初の現象がすぐ起きるもの。長々と前置きや説明が長いと観客の興味がそれてしまいます。
いわゆる「つかみ」というやつです。

2) 中盤のマジック
 何をやってもいいと思いますが、エンディングマジックにつながるようなマジックがなおいいです。

3)エンディングマジック
 いわゆる「トリ」というものです。ある程度観客にマジックを見ようという気が起きていますので、多少長くても構いませんが、けっこう現象が派手、もしくは超不思議に起きて、かつ連続技で決めてくるようなマジックを持ってくると良いでしょう。
・・・・続く・・・小澤

| | コメント (0)

2016年4月 7日 (木)

元中日文化センター講師(故)柴田先生のノートから―②―

 <マジックをうまく見せるポイント1~6>

1、失敗した時はどうするか!

 どんなに練習しても、失敗する時があります。予期しない失敗をすると動揺してメタメタになってしまいます。失敗を絶対にしないぐらい練習するのは当然としても、失敗を避けることは困難な場合もあります。

 そこで次のことをよく覚えておいてください。

 「何が起きるかを前もって言わないこと」

 マジックをする時に何が起きるかを前もって説明する必要はありません。説明しない方がお客の想像がかき立てられ、何が起きるのかを期待させます。そのような状況下ではお客は何が起きているのかが分からないのです。つまり失敗したとしても何を失敗したのか、そもそもその失敗自体がパフォーマンスなのかも分かりませんから、失敗しても適当に誤魔化して次のマジックをすればいいと思います。お客が何か違和感を感じたり、失敗したのではないかと思うかもしれませんが、それでも構いません。決して開き直って種を明かしたり、現象を説明したりしないようにお願いします。お客ががっかりするだけだと思います。

2、演じる場所・相手に応じた演技構成を考える!

 マジックをいっぱい覚えたら、今度は構成を考えるといいでしょう。演技の時間に合わせて、その間の起承転結を作っていきます。時間があまりないような場合には、オープニングとエンディングマジックだけでもよいと思います。お客がマジックに集中している時間には限りがあります。宴会の合間にやるのであれば、長くても10分ぐらいでしょうか。

 演じる場所も良く考えて、皆さんが酔っぱらっている席では、難解な現象のマジックはあまり受けが悪い様です。

3、マジックの3原則は守る!

○絶対にタネを明かさない

 これは当然のことです、観客を幻滅させるだけです。中にはタネを知りたくない人もいるはずです。
不用意にタネを明かすことは他のマジシャンの迷惑になり、マナー違反となります。

○2度続けて演技をしない

○現象を前もって言わない

 この2つは、ほとんど同じことを言っていますが、2度続けて同じ観客に演じると、相手は何が起きるのか前もってわかっていますから、タネがすぐばれてしまいます。・・続く・・小澤

| | コメント (0)

2016年4月 6日 (水)

丸山真一さん出演「はいふれまにあ」

 皆様、TBS「マジック世界一決定戦キングオブマジック」ご覧になりましたか~ 中部奇術連合会ワンデイコンベンション出演のウクライナのピーター・プラット(ブラッドレン)さんもエントリーされていました。 他にも有名な方々でいっぱいでした。 メイガス・ユートピア、先日JCMA関連で来日していたシン・リムは怪我で棄権で残念でした。 台湾のホレット・ウー、原大樹、ふじいあきら、ザビエ・モンディメール、ミルコ、ミス・カタリンそしてマキシム・ミネルベ。 私としては原大樹さんの映像のマジックが好きですが、皆さんはどうでしょうか・・・ なにはともあれ、ふじいあきらさん優勝おめでとうございます。

 そうそうカーディシャンといえば丸山真一さんも有名です。 本日、火曜日、東海テレビの夜中の27時51分(水曜日の朝3時51分)から「はいふれまにあ」とい番組に出演だそうです。 なんと、毎週火曜日、丸山さんと弟子の二村さんが出演するそうです。 そんな時間まで起きていられない人は、早く寝て、早く起きて見ましょうネ。小澤

8004

| | コメント (0)

2016年4月 5日 (火)

中日文化センター元講師(故)柴田先生のノートから―①―

 さて今回、南山奇術部コーチとしてレクチャーさせていただいた資料に、(故)柴田先生のノートを参照させていただきました。(故)柴田先生は中日文化センターでマジック講師として長年ご活躍されたマジシャンです。

 少し内容を紹介させていただきます。

 「マジックを上達させるためには」

 <現象を理解しましょう>

 マジックは、現象が全てですから、そのマジックのどこが不思議なのかを十分に理解する必要があります。その不思議さを理解すれば、お客に対してどのように演じたらよいかが見えてきます。

<練習はやはり大切です>

 マジックは練習がすべてです。トリックが占める部分が多いのも事実ですが、いかに簡単なマジックでも、お客とのやり取りを想定した十分な練習が必要です。学生時時代は、演技の最初から最後まで通した練習を100回やれといわれたものですが、社会人になって練習する時間も減りましたが、最低10回は練習したほうがいいでしょう。そうした通し練習を繰り返せば、良く失敗するポイントとか、効果的な見せ方が見えてきます。さらに技法を含むものは技法のみの練習も必要です。目をつむっていてもできるようになるまで練習しましょう。お客との会話のやりとりがあるマジックは、当然声に出して練習しましょう・

<人に何度も見てもらいましょう>

 練習は人に見てもらうのがベストです。実演時のお客の反応も得られますし、見せ方・話し方のタイミングをつかむことも出来ます。そして、いろいろと意見を言ってもらって自分の演技を改善していくことが出来ます。


 なかなかいませんが、協力的でかつ何でも言ってくれる人を探す必要があります。やはりマジック経験者が良いですが、そうでなければ率直な感想をもらいましょう。

 また、人の前で練習をしておけば、実際の演技の際に緊張を和らげることが出来ます。

 人に見てもらうことができない場合は、鏡の前で練習したり、ビデオに撮るのもいいでしょう。ビデオに撮ると、難しいテクニックを使うときは口があくとか、自分の知らない癖も分かったりします。

<実演が上達の近道>

 実演は練習をさらに上回る上達への道です。何度も人に見せることによって、どういった時に一番、お客の反応がいいかがわかってきます。トークマジックでは繰返すことでセリフもこなれてきます。・・・続く・・・小澤

| | コメント (0)

2016年4月 4日 (月)

ブログ投稿記者より

このブログはマジックブログとしては日本では最上級の愛読者に恵まれていると思う。一日100回以上のアクセスがあり、絶やしてはいけないと努力はしているが、最近投稿者は少なくなり5人で頑張っている。

この中でも、O氏は現役で働いているのに、投稿数は他の人を抜いて圧巻である。しかも時々勉強になる記事をアップし助かっている。投稿するのは、誰が開いているのかわからず、文面に気を使うため、ためらっている人も多いと思うが、是非参加してこのブログを盛り上げてほしい。

先月は4回もボランティアで行っているのにさぼった。少し気を抜くとすぐ日日が立ってしまって、記事の事が気になるが大きなイベントがない。

また書けなくなった理由に、マンネリ化し新鮮味がなく、写真を撮ることを忘れている。この4回の内訳は幼稚園、放課後学童児童会、介護施設訪問2回だ。

幼稚園、児童会は面白い。テレビ、他のマジシャンetcで学を付けているので言いたい放題で口が悪く、「だまれ!このガキ?」「動かないでみてろ!」的な暴言を吐くと子どもから禁止用語を使ったと反対に注意される。このやり取りが好きだ。

写真がないので、介護施設訪問時の様子がホームページにアップされたのをここを開いてください。http://wellnesssupport.hamazo.tv/

このブログの影響度はマジシャン関係ばかりでない。先日もメールで一緒だった遠州一座の記事を載せたら、偶然このブログを見つけて感謝の便りが有ったり、少年野球の監督から出演依頼が有ったり、ハワイアングループから仲間に入れてほしいと言われたり、2時間公演ボランティアも依頼されたりで、メインの4月10日発表会に向けての練習対応、応援仲間対策etc連絡不足で迷惑をかけている。

忘れない様メモを書くようしているがそのメモを忘れてどうしようもない年になった。あーいやだ!いやだ!

 

                        馬車馬のNK

| | コメント (0)

2016年4月 3日 (日)

南山奇術部でマジックゲストコーチ

今日は仕事終わりに多治見です。なんと南山奇術部春合宿にゲストコーチで呼ばれました。

 多治見は高校時代を過ごした思い出の町ですが、ずいぶん変わっていました。
時代は変化しているんですネ。

 南山奇術部といえば、いろいろな施設でイリュージョンを披露しているサークルです。

 今回はステージ系でなく、サロン系の参加型マジックを中心にレクチャー及びマジック披露させていただきました。

 私の手作りマジックを気にいっていただけたでしょうか・・・未来のマジシャンたちの少しでもお役にたてればと考えています。小澤

Cimg3741

| | コメント (0)

2016年4月 2日 (土)

世界キングオブマジック 4月3日放映

マジック世界一決定戦キングオブマジック禁断生放送で8カ国のマジック王が今夜激突

TBS 201643 () ごご 630分〜
絶対にごまかせないTVカメラの前で!

絶対に失敗できない生中継で!

世界一のマジシャンを決める、前代未聞の大会!



| | コメント (0)

2016年4月 1日 (金)

東海マジシャンズクラブマジックショー

 

 名古屋華マジカルグループのブログで「東海マジシャンズクラブマジックショー」の紹介があった。

 日 時  3月6日(日)

 会 場  とだがわこどもランド

 1 部  10:30~12:00

 2 部  13:30~15:00

  

 え~~!!「とだがわこどもランド」ってどこにあるのかな・・・・・

 公共交通機関を利用すると地下鉄高畑駅から市バス南陽支所で下車、北へ約600mとのこと・・・いや!いや!不便な所にあるな~~と心のつぶやきでござる。どうしようかな・・・行こうか、行くまいか、天候はくもりのち雨である。結局、手品に熱心なY氏とともに行くことにした。

 地下鉄御器所に8:00集合で、「とだがわこどもランド」に着いたのは9:30頃、結構時間がかかってしまった。

  開演までに1時間あるので、敷地内でロープマジックの研究というか「あ~でもない、こ~でもない」と時間潰しをしたのでござる。

  戸田川緑地は広大な敷地で3月6日(日)~4月10日(日)は「さくらまつり」で多種多様の催し物が開催されている。さくらは1100本あり想像以上に良いところだ。

  マジックショーの会場は戸田川緑地内の一角にある「とだがわこどもランド」というところで、308名収容できる立派なホール・・・これは、これはビックリポンなのでございます。

  10:30からマジックショーということで、会場に赴いたが、日曜日とあって家族連れが多く、子供さんたちが大勢見えており、会場の雰囲気も和やかでございました。

 プログラムがないので、誰が出るのか分からなかったのですが、トップバッターはなんと!!ブラザー手品同好会の講師をして頂いているK先生が登場されました。いつものように「おもちゃのチャチャチャ」の音楽にのっての演技でございました。

 1部の出演者は計10名でセイロ、シンプル、コイン、ロープ、レコード板、シルク、傘だし、皿回し、お椀からお酒を飲んでも飲んでも出てくる演技等々、趣向を凝らした演技で存分に楽しませて頂きました。

 1部出演者の皆様、ありがとうございました。2部も見たかったのですが昼から用事があり失礼いたしました。Y氏は2部も見ていくということでマジックの研究心が燃え盛っておりました。

 

鍋の華

 

 

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »