« よく聞かれる話 | トップページ | 人気番組第4弾 »

2017年2月26日 (日)

カードマジックのレパートリー

先日も名古屋華MGにて、テーブルマジック的なことをさせていただきましたが、カードマジックなんて星の数ほど存在します。
そんな中レパートリーはいったいいくつぐらいを用意しておけばいいのでしょうか。
あるプロマジシャンによれば、レパートリーの数より、確実に演じられるものが3つあればいいと言ってました。
ど素人のマジシャンのように、お客さんがウケてもウケなくても知っている限りのネタをいくつも立て続けに演じて周りの雰囲気はおかまいなしというのはダメだそうです。
まー当たり前といえばそうですが、引き際が本当に大切なんでしょうね。
すべてのお客様が不思議な現象やマジックが好きだとは限りませんし、演技時間が長すぎるのも考え物 です。

それはマジックでもスピーチでも同じではないでしょうか。
よく結婚式とか会合とかで長々と一人でお話をされる方がいますが、勘弁してほしいものです。
マジックもイントロがやたら長いとか変化が単純なのとかは考え物でしょうか・・・
いろいろと考えさせられる問題です。小澤

Ie

|

« よく聞かれる話 | トップページ | 人気番組第4弾 »

マジック・雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よく聞かれる話 | トップページ | 人気番組第4弾 »