« なんだってー!?浮気のはなし | トップページ | 親子で楽しめる体験型マジックショー »

2017年5月 1日 (月)

卵になるハンカチを上手に演じるには?

  「卵になるハンカチ」というマジックをご存知でしょうか?
とてもクラッシックなマジックですが、多くのプロマジシャンに愛されているマジックで見たことのある人やいつもやってる人も多いと思います。
国内では1963年ごろ「アラカザンの魔法」という番組でマーク・ウイルソン師が演じたことで認知度がアップしたそうです。
 
  このマジックを簡単とみるか難しいとみるかは、経験によって意見が分かれるかも知れません。
本当に上手に演じることはなかなか難しいです。
二弾構成のサッカートリックなのですが、第一弾は、ハンカチを手の中に押し込むと卵に変わってしまいます。
ここでマジックを終わっても十分不思議なんですが、このマジックの核心はこの後の第二弾 の種明かし部分ですね。
マジシャンは、ハンカチが卵になるマジックの種明かしを始めるのですが、最後には、いつの間にか本物の卵に変わってしまっています。
不思議ですね。
 
  上手に演じるためには技量はもちろんの事、話術やテンポ、演技力といった総合的な技術が要求されるようです。
私も時々演じますが、卵が本物と見せるために割ると、いつも手がべとべとになってしまいます。            小澤
(一部テンヨーFBより引用)

Tamagohank1_2

|

« なんだってー!?浮気のはなし | トップページ | 親子で楽しめる体験型マジックショー »

マジック・雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんだってー!?浮気のはなし | トップページ | 親子で楽しめる体験型マジックショー »