« クロアチアの旅 ④ | トップページ | 東海テレビ子供祭り »

2017年8月23日 (水)

クロアチアの旅 ⑤

旅行も終盤となり、クロアチア・ドブロクニクからドイツのミュンヘンへつきました。親子二人旅は、お任せコースで安心。楽しい有意義な旅となったことに感謝です。思えばこれから何回の海外旅行かなとつい考えてしまう。

今回の旅は、プレミアムエコノミーの席で楽々、、高齢者は、ビジネスクラスは経済的にちょっと痛いが、サービスはビジネス待遇です。新聞何誌か選択できる、洗面道具やスリッパ、各種アメニティ付き、ビジネスで提供されるデザートや飲み物が提供される。何よりも空港では、ビジネスラウンジで麺類や寿司、海鮮料理、洋食、デザート、果物等好きな食べ物が一杯。

WIFIやパソコンも完備。チエックインでは、優先カウンターで受付をしてくれた。預けた荷物は、プライオリティで先に出てくるので、長く待たなくても良かった。そしてプレミアムシートで、ゆったりの旅ができた。ANAのコマーシャルになったかしら?

これなら80歳過ぎても健康ならば行ける、ひょっとしたら飛行機嫌いの夫だが、揃って行けるかも。まだまだ年を忘れて夢広がる旅でもあった。ミュンヘンに着いたらマジックショップによって、珍しいマジック用品を購入するようにと鈴木先生からの依頼を思い出したが、時間が限られていたので出来なかった。残念。

ミュンヘンのホテルは、ヨーロッパらしいエレガントな部屋で大好きなフルーツが毎日(2泊)テーブルの上にあった。甘くて美味しい!今回の旅では一番素敵なホテルだった。内装や調度品が時代を感じさせる。素敵!又、位置的には、ミュンヘンのど真ん中、カールス広場に面しており観光客が一番集中する目抜き通りを目の前にして一望。迷子になってもすぐ分かる、そんな立地条件に位置していた。

ミュンヘン新市庁舎のからくり時計は、10分を超えてのオルゴールの音色に乗馬騎士の戦う勇士の動きと民族舞踊団の舞に、見上げる広場一杯の観光客から盛んに送られた拍手喝采だった。又、かっての長い歴史と栄華を思わせる豪華絢爛のお城の数々を駆け足でまわり、疲れも忘れて精力的に動いた。

そして、わが故郷日本へと帰路に就く。旅行中もホテルのテレビで流れるNHKワールドで常にニュースはチエッくしていたので、季節外れの大型台風が気になった。羽田に着いたら、やはり国内線は運航休止となった。急遽、新幹線に乗り換えて無事帰名帰宅。先ずはプレミアムエコノミーで快適な旅だったことを夫に報告した。あんなに飛行機嫌いになった夫だが、「次回はプレミアムエコノミーで一緒に行こう」だった。

                         M・O

20170805_104738

                             ドイツ新庁舎・からくり時計広場前

 

|

« クロアチアの旅 ④ | トップページ | 東海テレビ子供祭り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クロアチアの旅 ④ | トップページ | 東海テレビ子供祭り »