« 9月10.月例会スケジュール | トップページ | クロアチアの旅 ⑤ »

2017年8月22日 (火)

クロアチアの旅 ④

 ドブロクニクからボスニア・へルッツエゴビナ一へ日帰り旅行で行ってきた。明日一日の滞在でクロアチアの旅は終わりです。有意義な一日にしたいとあれこれ二人で話し合った。ホテルのすぐ前はプライベートビーチ。海岸沿いに延々と続くビーチで老いも若きもビキニスタイルが刺激的です。 

 

 4~5年前にバリへ行ったときに新調したワンピースの水着を持って行っていたが、ワンピースの水着姿はどこにも見当たりません。しかし、このまま海に入らないで帰るにはもったいないと一大決心、パラソルとデッキチエアーノセットをレンタルし、浜辺の砂浜を恐る恐る歩く。そして海に入った。

 

 

 もともと泳ぎは苦手、海水に浮く程度でもアドリア海に入って童心に帰って海水と戯れた。周囲を見渡せば若いカップルなどは、とても開放的にバカンスを楽しんでいた。娘もビキニスタイルで泳いでいた。アドリア海の海水はしょっぱかった。一時間ほどでホテルに帰った。

 

 

 今日のディナーは、クロアチア最後の夜なので、眼前にボカール要塞、アドリア海が広がる世界の絶景レストランにも選ばれている著名なレストランを予約していたのだ。眼下に海を見下ろすオーシャンビューのテラスで食事です。気品あふれる紳士淑女達が、おしゃれして静かに語らいながら食事を楽しんでいるのです。私たちもその雰囲気に酔いしれながら、ディナータイムを楽しんだ。

 

 

 どこのホテルでもレストランでも、ボーイさんをまじめ働く人たちは皆「こんにちは、有難う、どうも、さようなら」日本人としてとても親切に優しく対応して頂いた。帰りには、チーフが特別にレストラン内のワイナリーへご案内して下さった。食事中に彼女とチーフがワイン談義をしていたので意気投合したのですね。

 

 

 さて、夢の世界に酔いしれてばかりでは、いられません。ホテルに帰って明日午後は、ドイツに向けてドブロクニクを出発です。手荷物の整理と午前はお土産のチエックと買い物に出かけるつもりです。季節がらチョコはちょっと・・・。店頭の多くはラベンダーのポプリと石鹸が殆どです。とても心地よい香りを放っています。

 

 

 クロアチアの首都ザグレブに3泊、ドブロクニク3泊これからドイツです。クロアチアの旅では、「戦争と平和」を常に意識せざるを得ない旅であった。そして、「これから私たちは生きるためには」多くを学びました。

 

                         M・O

20170731_185926_3

20170801_120352_4

|

« 9月10.月例会スケジュール | トップページ | クロアチアの旅 ⑤ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月10.月例会スケジュール | トップページ | クロアチアの旅 ⑤ »