« PONTA THE SMITH & BEN DACCERS | トップページ | ポルトガル&イギリス旅行記 (2) »

2018年9月 6日 (木)

ポルトガル&イギリス旅行記 (1)

昨年はクロアチア、ボスニア、セルビアの旅でしたが、今年も娘のプランでポルトガル&イギリスの友人宅を訪ねるといううことで、久しぶりに7月末から8月にかけて主人と娘と旅行した。

 

連日の猛暑日に、庭木や鉢植えの植物が心配であったので近所の友人たち2人にお願いして出かけた。年齢的にも今のうちにチャンスがあったら海外旅行へ行こうと思っていた。

 

ベルギーのブリュッセルで乗り継いで11時間と2時間半、年齢ではちょっと長すぎかなとも思った。高齢の気使いからプレミアムエコノミーでやれやれ、時差8時間のポルトガルに到着。ヨーロッパはやはり遠かった。

ポルトガルの気候は、日本の5月前後の天候と聞いていたがポルトガルも暑かった。日本も暑いと思ったが、何と43~45度、木陰に入ると湿度が低いので涼しく感じたが、電車もバスも冷房が思うように効かないのです。参った!参った!。

 

ポルトガルといえば南蛮船到来、その時代にたくさんのポルトガル文化が日本に入って現在の生活に根付いている。現地の大陸発見のモニュメントの像を見るにつけ、日本との繋がりの深さを感じた。

 

私達が日常的に食べているカステーラ、天ぷら、ポートワイン、金平糖等の食文化がその時代に日本に流入されたのだそうです。今日の市民生活の中にしっかり溶け込んでいたのです。

 

ポルトガルはヨーロッパでは、大西洋に面しており隣国ではスペインに接しているのです。ある日プライベートツアーで、ヨーロッパ最西端「ロカ岬」まで案内して頂き広い大西洋を眼下に見下ろした。 改めて想像を越える地球の広さを痛感した。

                                                    M・O

 

|

« PONTA THE SMITH & BEN DACCERS | トップページ | ポルトガル&イギリス旅行記 (2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PONTA THE SMITH & BEN DACCERS | トップページ | ポルトガル&イギリス旅行記 (2) »