« 手品屋レクチャー | トップページ | 長野マジッククラブ会報 »

2019年10月 1日 (火)

浜松祝寿会

名古屋華マジカルグループの会員の中には、県外の会員もあり、その中に浜松から4名月2回例会に参加している。会員の中に「浜松東ライオンズマジッククラブ」の代表がメンバーに入っており、この度この会が浜松中区自治会敬老祝賀会で余興として演じてほしいとのお誘いがあり、浜松の会員共々外国公演でも評判なみずほの「浮世絵」をトリとして引き受けた。演ずるホールは、浜松NO1ホール「アクトタワー中ホール」700名収容の所、観客1200名の為、2部制で行った。大舞台での演技指導と舞台進行として鈴木元先生にお願いした。皆さん緊張するのが当然だが、全体的に練習も重ねたせいか楽しんでできたようだ。結果は大成功で、これも裏方さんが、道具の出し入れに東奔西走して頂き、時間通り出来感謝しています。名古屋から他に司会、演出etc応援して頂いたおかげと思っています。いろいろの関係者の賜物と思っています。ありがとうございました。  中山 憲司


アヒル演技の武藤さん

Photo_20191001181901


ロープの小栗さん。(拍手が結構多かった)

Photo_20191001182101  


練習の成果が十分出た森脇さん

Photo_20191001182301


場慣れした藤井さんの我妻

Photo_20191001182401


マジックではなくてはならないイリュージョン、中山コンビ

Photo_20191001182501


名古屋から駆けつけてくれた我々の師匠「みずほ」

Photo_20191001182502


場面場面をよくつないでくれた司会の丹下さん

Photo_20191001182601


こんな大きなエベントに呼んでいただいた自治会役員


Photo_20191001182701

|

« 手品屋レクチャー | トップページ | 長野マジッククラブ会報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手品屋レクチャー | トップページ | 長野マジッククラブ会報 »